すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

新しい人生を生きるオネシモ



テーマは「 新しい人生を生きるオネシモ 」です


◎基調聖句 ピレモンへの手紙 10~18節

獄中で生んだわが子オネシモのことを、あなたにお願いしたいのです。 彼は、前にはあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにとっても私にとっても、 役に立つ者となっています。 そのオネシモを、あなたのもとに送り返します。彼は私の心そのものです。 私は、彼を私のところにとどめておき、福音のために獄中にいる間、あなたに代わって私のために仕えてもらいたいとも考えましたが、 あなたの同意なしには何一つすまいと思いました。それは、あなたがしてくれる親切は強制されてではなく、自発的でなければいけないからです。(ピレモン10~14)

【 要 旨 】

ピレモンの奴隷であったオネシモは、獄中にいた時にパウロに会った。

そこで、パウロは神の思いで、オネシモを心から悔い改めさせ、魂を救った。

それは、私たちも救い出してくれたのと同じ、羊飼いの心であった。


パウロは相手のことを考える人であったから、オネシモを送り返したことを、ピレモンはとても喜んだ。

神も新しい人生を送っているオネシモをこよなく愛し、喜んだ。


神の求める働き人は心が成長する。

そして、神にも教会にも役立つ。


悪いことをしていたオネシモが、キリストを信じて、新しく生きる者となった。

このことは、我々も見習って、証しすべきである。


神に役立つ者に変えられることを、最大の喜びとしたい。


獄中のオネシモでさえ、見違えるように変えられたのであるから。

2016.8.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利のエルサレム入城



テーマは「 勝利のエルサレム入城 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 12章12~19節

◎関連聖句 ヨハネの福音書 12章24~29節

その翌日、祭りに来ていた大ぜいの人の群れは、イエスがエルサレムに来ようとしておられると聞いて、 しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。そして大声で叫んだ。「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。」 イエスは、ろばの子を見つけて、それに乗られた。それは次のように書かれているとおりであった。 「恐れるな。シオンの娘。見よ。あなたの王が来られる。ろばの子に乗って。」(ヨハネ12:12~15)

【 要 旨 】

神は恵みと愛であるが、ないがしろにすると、いつまでも続くと思っているのは間違いです。

神の前に行く日には必ず行かなければなりません。


その日はイエスの最後のエルサレム入城でした。

イエスは死ぬために来られた方ですから、十字架の死は勝利なのです。


ヨハネ12:28に、神はもう一度栄光を現わそうと言われたと記されています。

ということは、イエスはこの世の生涯において、神の御心に向かって真直ぐに歩み、勝利したと言うことです。


父なる神が約束した旧約の預言が、いまここに成就したからです。


基調聖句には、しゅろの木の枝で出迎えたとありますが、これは美しい勝利を意味します。


また、ロバの子に乗ってこられるのは、平和の王、謙遜の王、救い主のことであります。

更に、イチジクの木に実がなってなかったので、切り倒された話でありますが、これは律法ばかりにとらわれ実の結ばないパリサイ人のことを目に見えるようにしたのです。


心のかたくなな人は何を見ても悟りがないということで、恵みは耳からと言いますが、教えを乞う何も知らない人の方が良く理解できるでしょう。


恵みを知れば心は成長します。

イエスの勝利ということは、真理を正しく知っていなくてはなりません。

真理というのはみことばです。
ということは、イエスは私たちの魂を救うために来られたのですから、正しく習い、また導かれて、目が開かれなければ、勝利の入城の意味がありません。

2016.3.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

偶像を造ってはならない・十戒(2)



テーマは「 偶像を造ってはならない・十戒(2) 」です


◎基調聖句 出エジプト記 20章4~6節

◎関連聖句 コロサイ3:5、詩篇115:4~8、イザヤ46:5~7、
エレミヤ10:3~5、エレミヤ10:8~10、エレミヤ1:16

あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、 どんな形をも造ってはならない。(エレミヤ20:4)

【 要 旨 】

偶像はアイドルである。
アイドルには熱烈なファンが多い。アイドルもファンも神の愛を知らない者であり、自分の魂を悪魔に売る者である。


しかし、自分のまことの命を損じたら何にもならない。

偶像は世界中どこにでもある。
そして、それを拝むために持っている人は多い。

キリスト教でもカトリックはマリア像などの偶像を礼拝している。まさしく偶像礼拝である。


詩篇115:4~7は

彼らの偶像は銀や金で人の手のわざである。口があっても語れず、目があっても見えない。耳があっても聞こえず、 鼻があってもかげない。手があってもさわれず、足があっても歩けない。
と書かれている。


アブラハムはそのひとり子イサクを、神の呼びかけに応じて、いけにえとして私に捧げなさいとの要請を、一言の反論もしないで捧げた。

これは神のアブラハムへのテストであり、神よりも愛するものがあってはならないということを確認したものである。


それによりアブラハムは無条件で神を恐れていることを認めてもらった。

いつも「主よ、主よ」と言っていてもアブラハムのように従えるのか、私たちは反省しなければならない。


では、偶像は何が悪いのであろうか。


神は世界中唯一の創造主である。
その神に愛を交換できるのは人間に与えられた特権である。

にもかかわらず、偶像は真理からほど遠く、間抜けで偽りが多いからである。


神を飼い犬よりも粗末にする女は悪女と言ってよい。
神だけが礼拝の対象である。


自分の中に神以上のものがあるかどうか点検しよう。

2015.3.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ロイスとユニケの家族



テーマは「 ロイスとユニケの家族 」です


◎基調聖句 テモテへの手紙第二 1章5節

私はあなたの純粋な信仰を思い起こしています。そのような信仰は、最初あなたの祖母ロイスと、あなたの母ユニケのうちに宿ったものですが、 それがあなたのうちにも宿っていることを、私は確信しています。(Ⅱテモテ1:5)

【 要 旨 】

家族の中で救われれば、次々と教え導いてゆくのが信仰の家庭である。

ロイスは立派な信仰を持っていたので、子供のユニケとさらにその子のテモテに次々と霊的信仰を教えて行った。


テモテの父は早くなくなったので、妻のユニケの教育により、テモテは立派な信仰を持つようになった。

テモテはパウロを助けて大きい働きをした。


口うるさいだけの親は、立派な信仰を教えていない。

言葉だけでなく、行動が伴っていなくてはならない。
それを見て子供は育つ。

家で教育する者も敬虔な所を見せるべきである。


誰にでも憎しみを見せれば、子供の信仰は良くならない。

真理の言葉による信仰生活を見せ続ければ、子供の人格は良くなるものである。

ユダヤ人は聖書の言葉を子供に教える。
これが良い家庭教育である。


ゆるがない信仰とは、自分が何者かを知ることである。

人間は何処から来て、何処へ行くのか、しっかりした神の言葉で悟らせなければならない。


テモテの純粋な偽りのない信仰は、ロイスとユニケから受け継いだもので、お金では買えないものであり、聖霊の実を結ぶ。

本当の神を知って、神を認めている。


生活そのものを、良い実として子孫に残すのは、大いなる遺産となり、子孫は次々と祝福される。

私達も自分自身を変えて、立派な信仰を子供に示す時である。

世の教育よりも、魂を清め、知恵を与えたい。

2014.11.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ