すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

高慢

神に使われる器



テーマは「 神に使われる器 」です


◎基調聖句 テモテの手紙第二 2章21~22節

◎関連聖句 マタイの福音書 23章25~26節

ですから、だれでも自分自身をきよめて、これらのことを離れるなら、その人は尊いことに使われる器となります。すなわち、聖められたもの、主人にとって有益なもの、あらゆる良いわざに間に合うものとなるのです。(Ⅱテモテ2:21)

【 要 旨 】

韓国では、子供に何になりたいかを問うと、大統領になりたいという子が多い。

それは金銭と地位を強く望むからである。


牧師の中にも、それらを求める人が沢山いることは情けない。


私(ヘス牧師)は、かつてはチョウヨンギ先生に教えを受けていたが、先生が有名になり、裕福になり自慢するようになったので、宗主替えをした。

これではリバイバルに燃えても希望がない。


聖書は教会員の多少を論じている所はないではないか。

にもかかわらず、若い人も裕福になった人も大教会を目指すのはどういうことか。


家の教会のような小さい教会の方が、高慢にならないので、神の尊い器となって、清められている。


マタイ23:25には

忌まわしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは、杯や皿の外側は清めるが、その中は強奪と放縦でいっぱいです。
とイエスは嘆いている。


神が求めるのは、身を低くして他人に仕える清い器である。

自分を捨てても、しもべとなって働く、へりくだった人であり、自分の器に沢山のものを沢山入れて、喜んでいる人ではない。


神が喜ばれるのは、5人しかいない島の開拓に燃えているとか、孤児の世話とか、小さいものに忠実な、人の行かない所へ行くような伝道者である。


自分で自分を評価するのは間違いである。


自分を犠牲にしてでも人に仕える。

このような人を神は祝福して下さる。

2017.9.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

三人の働き人



テーマは「 三人の働き人 」です


◎基調聖句 ヨハネの手紙第三 1~15節

長老から、愛するガイオへ。私はあなたをほんとうに愛しています。 愛する者よ。あなたが、たましいに幸いを得ているようにすべての点でも幸いを得、また健康であるように祈ります。 兄弟たちがやって来ては、あなたが真理に歩んでいるその真実を証言してくれるので、私は非常に喜んでいます。(Ⅲヨハネ1~3)

【 要 旨 】

三人の働き人のうち、デメテリオは、愛と真理を秘めていて、人を喜ばせる本物の働き人です。

そして、二人は喜んで伝道の働きをしました。


悔い改めて、高慢にならないで、神の命令を忠実に守りました。



これに反してデオテレペスは、自分で仕切ろうとして、権力を貯めようとしている悪い働き人です。


長老と言われる人たちは、えてして、このようなタイプの人が多いです。

このような人を神は喜びません。


現在のシャローム松山教会には、このような人がいないのは幸いです。



良い働き人は真理に従って、神様に役立つ話をするように努めます。

そして、人々にも益をもたらしているか、愛をもって接しているかを大切にします。


イエス様から常に学んで成長して、よくやった。良いしもべだ。と褒められたいものです。


教会で不義をなす人は、神様は受け入れてくれません。


ヨハネのように愛の人と呼ばれ、本物の働きをするように普段から心がけましょう。

2017.4.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主への陰謀と愛



テーマは「 主への陰謀と愛 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章1~13節

◎関連聖句 マタイ23:25~26、マタイ22:37

イエスは、これらの話をすべて終えると、弟子たちに言われた。 「あなたがたの知っているとおり、二日たつと過越の祭りになります。人の子は十字架につけられるために引き渡されます。」 そのころ、祭司長、民の長老たちは、カヤパという大祭司の家の庭に集まり、 イエスをだまして捕らえ、殺そうと相談した。(マタイ26:1~4)

【 要 旨 】

祭司長と長老は人々に尊敬されていた。

そして本人たちも義人と自負していた。


しかし、彼らはイエスに罪人と言われ、イエスに対する憎しみが増していた。


彼らは権力を愛し、高慢であったので、一般の人々や神を利用し、ラビに対して反抗しようとする者には死刑など残酷な処置をすることもあった。


マタイ23章5節には

忌まわしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは、杯や皿の外側は清めるが、その中は強奪と放縦でいっぱいです。
と書かれている。


今も一番の悪人は、宗教を利用して、仮面を被って、人民を支配しようとするが、自らの犯した罪は刈り取らなければならない。


それに対して、上記のマタイ26:7~10に記されているように、高価な香油をイエスの頭に注いだ女に対しては、わたしに対しては埋葬の準備をしてくれたのであるから、神の御心に適った立派な、愛に満ちた行動をしてくれたとイエスは言われ、彼女は天国に入れると評価された。


マタイ22:37~38で

心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。これが大切な第一の戒めです。
とイエスは言われている。


神は良いことも悪いこともすべてを明らかにして下さり、いつも私たちを愛して下さる。

2017.4.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主が弟子の足を洗う



テーマは「 主が弟子の足を洗う 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 13章1~11節

◎関連聖句 ピリピ2:5~11、エペソ4:32~5:2、へブル10:22

夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。 それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、腰にまとっておられる手ぬぐいで、ふき始められた。 こうして、イエスはシモン・ペテロのところに来られた。ペテロはイエスに言った。「主よ。あなたが、私の足を洗ってくださるのですか。」 イエスは答えて言われた。「わたしがしていることは、今はあなたにはわからないが、あとでわかるようになります。」(ヨハネ13:4~7)

【 要 旨 】

イエスは弟子たち一人ひとりの足を洗われた。

何故、そのようなことをされたかというと、わたしは仕えられるためではなく、仕えるために来たのであり、わたしは、しもべであるからと言われた。


私たちはプライドがある。
その思いは愛がなくて、高慢である。


イエスは、私たちにその思いをなくすために、私たちの足を洗って、罪人への愛を見習いなさいと、示されたのである。

何故、私たちはイエスのように出来ないか。
イエスのような愛がないからである。


神に敵対した我々を赦して下さったのは、イエス様である。

赦されたことは、素晴らしい祝福である。


足を洗ってくれたのは、イエス様が十字架で血を流して下さったことと同じに尊いことである。

イエス様は十字架で勝利を宣言されたが、それは我々には想像もできない過酷な時間であった。


「完了した」という言葉は、父が喜ぶように、最後まで仕えたイエス様の我々に対する赦しの言葉と言える。

誰一人として滅ぼさせないという思いが、イエス様の心であります。


私たちは互いに赦し合って、愛し合って、イエス様を心に刻み、イエス様の姿が消えることがないようにして下さい。


イエス様がされたことを私たちも、同じようにできるようにして下さい。


2016.3.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

従順の祝福



テーマは「 従順の祝福 」です


◎基調聖句 列王記第二 5章9~14節

◎関連聖句 申命記 28章1~2節

そのとき、彼のしもべたちが近づいて彼に言った。「わが父よ。あの預言者が、もしも、むずかしいことをあなたに命じたとしたら、あなたはきっとそれをなさったのではありませんか。ただ、彼はあなたに『身を洗って、きよくなりなさい』と言っただけではありませんか。」 そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。(Ⅱ列王5:13~14)

【 要 旨 】

奇跡は、神は何処ででも使ったのではない。

神は従順する人を求めておられる。

神に従順すれば、あなたは祝福がわかる。


神の御心と力とは、信仰生活の決算であり、大切なことは、神に従順した後の奇跡が証明してくれる。


基調聖句「Ⅱ列王記」はナアマンの奇跡の物語である。

彼は王様に信頼されており、権力も富も得ていたが、らい病を持っていた。

その病気をイスラエルの王に治してもらおうとした時、神の人エリシャ(預言者)はヨルダン川で、七度身を洗いなさいと、言ったが、はじめは、神の人の手で鄭重に治して欲しかったので拒否したが、しもべの取りなしで言われた通りにすると、病気は治ったという、従順の勝利を強調している。


この時、普通の人は高慢であるからこのようにならない。


人間は、善悪の木の実を食べて以来、罪人となり神に従順しなくなったが、私たちは神に対しては、反抗してもどうにもならないのである。


ただ「ハイ」と「アーメン」しか神に返す言葉はない。

その二つの言葉がすなわち信仰である。


従順こそ信仰の姿である。


神よ。私たちを信仰ある者として、救い出して下さい。

従順の祝福を学んだので、私たちに力を与え助けて下さい。

2015.10.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ