すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

霊的戦い

一緒に礼拝をささげる



テーマは「 一緒に礼拝をささげる 」です


【ヘブル10章22-25節】

そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。

約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。

また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。

ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。

今、私たちは今までとは違う時代の中で生活しています。

日々の生活が大きく変わりました。


自由に人と会って食事や会話、旅行や買い物、職場や教会に行くという当たり前の生活がコロナウイルスで一変しました。


どんどん制限がきつくなって何か月も自宅から外出が出来ない人々が世界中にたくさんいます。

また職場が休業になり、職を失った人も増えています。


経済活動も少なくなりました。



教会の様子も変わりました。

2人以上集まることが禁止された国も多く、違反すると罰金を払わないといけないので、ほとんどの教会はオンライン礼拝に切り替えました。


戦争でも、迫害の時代でもないのに教会で礼拝が出来ないのは前代未聞です。

幸い私たちは教会で礼拝をしているので本当に感謝です。


いまオンラインで礼拝を守っている教会では、信徒たちに変化が起こっていると思います。


教会でみんなと礼拝をささげたくてたまらない人と、このままでも良いと思って、家でオンライン礼拝を続ける人もこれから出て来ると思います。

礼拝危機の時代になります。



サタンは私たちの肉の思いの中で働きます。

わざわざ教会に行って礼拝しなくて良いという思いを与えます。


神様との距離、信徒との距離が出来るように巧妙に働くので、それに騙されてはいけないです。


サタンは教会をつぶしたくて礼拝の危機をもたらすので、霊的戦いが必要です。






模範的な礼拝の姿は初代教会から学ぶことが多いです。

初代教会の信徒たちは家の教会や宮に集まって礼拝しました。


【使徒の働き2章46-47節】

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、

神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。

聖徒の交わりも礼拝であることがよく分かります。



顔と顔を合わせて、一緒に集まることは特別な理由(空間や時間的な制限)以外はやめたらいけないです。

ただ集まるのが目的ではなく、キリスト者らしくなるのが目的です。


信じる者ならば神に礼拝をささげることは義務と言っても過言ではないです。



そして全き信仰をもって神に近づき、どんな時でも動揺しないで、御国や主の再臨への希望を告白し、互いに励まし合い、また互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合うようにと言われています。


そのようにして福音と教会と自分たちの信仰を守っていかなければなりません。


一緒に礼拝が出来ることは大きな恵みです。

神に感謝します。


2020.5.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

悲しい人の話



テーマは「 悲しい人の話 」です


【マルコの福音書14章64-71節】

あなたがたは、神をけがすこのことばを聞いたのです。どう考えますか。」すると、彼らは全員で、イエスには死刑に当たる罪があると決めた。

そうして、ある人々は、イエスにつばきをかけ、御顔をおおい、こぶしでなぐりつけ。「言い当ててみろ」などと言ったりし始めた。また、役人たちは、イエスを受け取って、平手で打った。

ペテロが下の庭にいると、大祭司の女中のひとりが来て、

ペテロが火にあたっているのを見かけ、彼をじっと見つめて、言った。「あなたも、あのナザレ人、あのイエスといっしょにいましたね。」

しかし、ペテロはそれを打ち消して、「何を言っているのか、わからない。見当もつかない」と言って、出口のほうへと出て行った。

すると女中は、ペテロを見て、そばに立っていた人たちに、また、「この人はあの仲間です」と言いだした。

しかし、ペテロは再び打ち消した。しばらくすると、そばに立っていたその人たちが、またペテロに言った。「確かに、あなたはあの仲間だ。ガリラヤ人なのだから。」

しかし、彼はのろいをかけて誓い始め、「私は、あなたがたの話しているその人を知りません」と言った。


イエス・キリストが私たち罪人のために受けた苦しみは相当な苦しみです。


霊的、精神的、肉体的苦しみをすべて受けました。

人間的な目で見ると、イエス様の一生はとても悲しい人生でした。


神が人となって汚れた地に生まれた瞬間から 苦しく悲しい人生が始まりました。


公の場に出てくるまでの30年間も苦労だらけの人生でしたし、公での活動を始めてからはさらに苦しいこと、悲しいこと、霊的戦いが増えました。



救い主として罪人たちを救うために来られましたが、人々はそれに関心がなく、自分たちの個人的な問題だけを解決してもらうために主の所に集まって来ました。


彼らを見る主の心には悲しみ、苦しみ、あわれみがいっぱいあったと思います。


主の心を知る者がいないことも主の悲しみでした。

誰が果たして主の心を知っていたでしょうか。



悲しみの主の姿がこのように預言されてありました。


【イザヤ書53章2-3節】

彼は主の前に若枝のように芽ばえ、砂漠の地から出る根のように育った。彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。

彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

イエス様の姿はその通りの姿でした。


うわべを見る人の目はイエス様に満足しませんでした。

ですから慕うことも尊ぶこともなく、さげすみ、のけ者にしました。

イエス様に対する人々の冷たい仕打ちは ますますひどくなっていきました。



それを煽る者は宗教指導者たちでした。

これがさらに主の悲しみになりました。


悪が正義に勝つ世界、罪人が義人を裁く世界、人間が神を踏みにじり裁く世界を見る主の心は悲しみにあふれていたと思います。



無罪なのに死刑にされ、汚れた悪人たちからつばきをかけられ、なぐられ、平手で打たれ、愛する弟子たちは自分のことをのろいながら「知らない」と言い切る姿を見て、主の悲しい心はつぶれそうになったと思います。


怒りが頂点に達すると頭が爆発しそうになりますが、悲しみが頂点に達すると心がつぶれそうになります。


主は怒りではなく、悲しみで心がつぶれそうになったと思います。

ですから主の事を悲しみの人と言われました。


主はご自身の事よりは、人間の罪深い姿が一番悲しかったと思います。


【エペソ4章30節】

神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです。

2020.4.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

自分との戦い



テーマは「 自分との戦い 」です


【第1ヨハネ2章15-17節】

世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。

すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。

世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行う者は、いつまでもながらえます。

自分の心を守り、罪に勝ち、誘惑に勝つ人が一番強い人です。


【ヤコブ1章14-15節】

人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。

欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。

誘惑されるのも 罪を生むのも 死を招くのも、原因は自分の中にある欲に勝てなかったことにあります。


霊的戦いは、まず自分との戦いから始まります。



自分に勝てない人が この世、他人、悪魔に勝つことが出来るでしょうか?

本文では勝つためには どうすべきかを教えています。


世をも、世にあるもの(肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢など)を愛してはいけないです。



“世と世にあるもの” とは何でしょうか。


私たちの肉を喜ばせるもの、私たちの目を喜ばせるもの、私たちの人生で自慢できるものなどです。


それらは生き方にも現れます。


世のやり方を愛します。

世のものを愛します。

世のものに関心があります。



そして真理に従って歩むことを喜ばず、自分の欲のまま、自分の思いのまま、そして偉そうな生き方をします。


その結果、世を愛する心が 主を愛する心を追い出すので、主を愛する心が消えていき、主から自分を孤立させます。

父なる神のみこころに従って歩むことが不可能になります。


私たちは世を愛するか神を愛するかをはっきりさせないといけないです。


【マタイの福音書6章24節】

だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。

世と世にあるものは、どんなに愛して手に入れてもすべて消えていきます。


しかし神のみこころを行う(自分の生活の中に神の目的を遂行する)人は永遠にとどまります。


神はその人のことを “自分に勝利した人” として認めて下さいます。


2019.7.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

惑わしに注意しよう



テーマは「 惑わしに注意しよう 」です


【マタイの福音書24章24節】

にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民をも惑わそうとして、大きなしるしや不思議なことをして見せます。

マタイの福音書24章では、終わりの時代に起こる様々なことを 主が前もって教えて下さいました。


その中に “惑わしの霊の活動” があることを語って下さいました。

主が語りましたので、必ず惑わしは起こります。


クリスチャンは この惑わしを大いに警戒しないと惑わされて、とんでもないことになります。



惑わしの霊はクリスチャンを狙います。

惑わしは教会の中でも起こります。


指導者を通しても起こります。

教えを通しても 様々な奇跡や賜物、不思議なわざを通しても起こります。


分別が難しいこともあるので、注意深く判断しなければなりません。


今回は、どのような形で惑わしがあるのかを学びます。

惑わされないための霊的戦いが必要です。




聖書のことばで惑わします




・ 人々の魂に向けて語るのではなく、知識として頭に入れようとする


・ 聖書のことばを自分勝手に解釈して教える


・ 人のことばを神のことばよりも多く教える


・ 神学者たちの主張を神の言葉の権威よりも上に置く




信仰行為に没頭させる




・ 礼拝や賛美、祈りなどにおいて狂信的にさせる


・ パリサイ人たちのように宗教に熱心にさせ、自分の義を現すようにする


・ 主を見上げるのではなく、宗教行為を熱心にさせ安心させる




悪霊なのに、まるで聖霊の働きであるかのように騙す




・ 神からではない異言や預言、賜物、奇跡の力を使って人々を惑わす

これに多くの人々が惑わされます。


・ サタンは、見えるものに熱狂する人々を 奇跡を通して惑わす




世俗的なことに関心を向けるように惑わす




・ 世のもの、情報、世の流れを絶えず流して それに関心を持つように、好きになるように、繁栄するように惑わす


・ 先入観、価値観などを変えていく


・ 世的な者にさせて惑わす




これ以外にも、惑わす内容なたくさんあります。


サタンの策略なので惑わされないように御言葉に堅く立って警戒と注意が必要です。


【マタイの福音書24章4-5節】

そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わすでしょう。

このことばを忘れず、心に留めながら気を付けましょう。


2019.7.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

御使いの活動



テーマは「 御使いの活動 」です


【ダニエル書10章1-14節】

ペルシヤの王クロスの第三年に、ベルテシャツァルと名づけられていたダニエルに、一つのことばが啓示された。そのことばは真実で、大きないくさのことであった。彼はそのことばを理解し、その幻を悟っていた。

そのころ、私、ダニエルは、三週間の喪に服していた。

満三週間、私は、ごちそうも食べず、肉もぶどう酒も口にせず、また身に油も塗らなかった。

第一の月の二十四日に、私はティグリスという大きな川の岸にいた。

私が目を上げて、見ると、そこに、ひとりの人がいて、亜麻布の衣を着、腰にはウファズの金の帯を締めていた。

そのからだは緑柱石のようであり、その顔はいなずまのようであり、その目は燃えるたいまつのようであった。また、その腕と足は、みがき上げた青銅のようで、そのことばの声は群集の声のようであった。

この幻は、私、ダニエルひとりだけが見て、私といっしょにいた人々は、その幻を見なかったが、彼らは震え上がって逃げ隠れた。

私は、ひとり残って、この大きな幻を見たが、私は、うちから力が抜け、顔の輝きもうせ、力を失った。

私はそのことばの声を聞いた。そのことばの声を聞いたとき、私は意識を失って、うつぶせに地に倒れた。

ちょうどそのとき、一つの手が私に触れ、私のひざと手をゆさぶった。

それから彼は私に言った。「神に愛されている人ダニエルよ。私が今から語ることばをよくわきまえよ。そこに立ち上がれ。私は今、あなたに遣わされたのだ。」彼が、このことばを私に語ったとき、私は震えながら立ち上がった。

彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。

ペルシヤの国の君が二十一日間、私に向かって立っていたが、そこに、第一の君のひとり、ミカエルが私を助けに来てくれたので、私は彼をペルシヤの王たちのところに残しておき、

終わりの日にあなたの民に起こることを悟らせるために来たのだ。なお、その日についての幻があるのだが。」

7月は霊的戦いに対して語ります。

そして今回は、霊的戦いの背後で働く御使いの活動について語ります。



聖徒たちがこの世で生きる時には必ずサタンの攻撃や誘惑に会うので、霊的戦いは避けることが出来ません。

サタンに勝つか やられるか のどちらかです。


霊的戦いで勝つためには私たちを守る御使いの活動を知らなければなりません。


御使いは信じる者たちを助けます。

御使いの活動を知り、恐れずに霊的戦いに臨むことです。



ダニエル書には何度も激しい霊的戦いがありました。


そして信じる者たちはその戦いで勝利しました。

御使いの助けがありました。



◎ダニエルが国や民族のために心配し断食しながら祈っていた時に御使いの訪問を受けました。


そして神からのメッセージを伝えました。

ダニエルが祈り始めた時に、神は彼の祈りを聞き、御使いを遣わしましたが、サタンの攻撃に会い、見えない霊の世界で激しい戦いがありました。


御使いが勝利をおさめ、祈りの答えをダニエルに届けることが出来ました。

そしてダニエルを慰め励ましました。


御使いたちは神の使いとして戦いをし、サタンを追い出し、聖徒のためにも働きます。



◎ダニエル書3章では、神への信仰を守るために、王の命令に背いて、偶像崇拝しなかったダニエルの3人の友が激しい火の燃える炉の中に投げ込まれた時に、御使いが現れて彼らを守り、彼らはやけど一つ負うこともなく助け出されました。


奇跡が起こりました。



◎ダニエル書6章では、ダニエルが祈りを禁じた法令に背いて、いつものように神に祈ったことで獅子の穴の中に投げ込まれましたが、神が御使いを送り守ったので、何の被害も受けませんでした。


しかしダニエルを訴えた者たちが家族と共に投げ込まれた時には みんな獅子の餌食にされました。



御使いたちは私たちを守るために今も働きます。


1人で戦うのではなく、御使いが共に戦うことを信じて恐れず大胆に戦いましょう。


2019.7.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ