テーマは「 祈りとは何か 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 6章18節

◎関連聖句 マタイの福音書7章11節

すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、 すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。(エペソ6:18)

【 要 旨 】

イエスは弟子たちに、祈りについて多く教えている。

その中で最初は、愛に満ちた祈り、すなわち、父なる神が聞いて下さる祈りを教えた。


マタイ7:11に

あなたがたは、悪い者であっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと 、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良い物を下さらないことがありましょう。
と書かれているように、 良い物を求める祈りが、愛に満ちた神が聞いて下さる祈りである。


偶像に対して祈ってはならない。
バアルに対する祈りは、神は何も聞いてくれない。


カルメル山でエリヤはバアルの預言者に対して祈りで対決したが、エリヤの完勝であった。

エリヤは短い祈りをしただけで神は聞き入れて下さった。


神の後ろ盾のある霊的な祈りが勝利する。

人間にとって呼吸はとても大切な営みである。
それと同じで、霊的祈りをしないなら、信仰の心が死んでしまう。


私たちの食べ物は、神と共にあるみ言葉と祈りである。

神と交わりできるのは、信仰の呼吸であり、ぶどうの木に枝が留まってないなら、実を結ぶことがないのと同様である。

神に頼って祈るなら、モーセが手を上げて祈った時のように勝利する。


戦い主は神である。
米国の大統領であったアブラハム・リンカーンは、問題が生じる度に、ひざまずいて祈ったと言われている。

私たちも、神との会話の時間をもっと増やそうではないか。
そうすれば、霊の目が開いて、神は耳を開けてくれる。

2015.2.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■