テーマは「 互いに重荷を負い合いなさい 」です


◎基調聖句 ガラテヤ人への手紙 6章2節

◎関連聖句 使徒2:44~45、申命記24:19

互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。(ガラテヤ6:2)

【 要 旨 】

お互いというのは、共に神を信じて、神の子どもとなった家族の人々のことであって、互いに重荷を負い合う運命共同体、すなわち教会の中の人たちである。

救われた者同士は、共に神の中で愛し合い、初代教会のように、合宿しながら訓練を受けることであって、家族という絆のない信徒同士では、神は喜ばない。


神の御心は、神の家が建つように、生活のすべてを分かち合い、教会で互いに助け合って、教えを聞いたことは、バランスの良い霊的成長で、堅く守るべきであるということである。

単なる信徒同士という簡単な枠の中だけの日常では成長しない。


成長した人たちは、弱い人たちの重荷を負うべきである。

生活の困っている人々に、神は関心を持っている。

申命記24:19には

穀物の刈り入れをして、束の一つを畑に置き忘れたときは、それを取りに戻ってはならない。それは在留異国人やみなしご、やもめのものとしなければならない。あなたの神、主が、あなたのすべての手のわざを祝福して下さるためである。
と記されている。


そして、小さい者にしなかったのは、わたしにしなかったことです。とも言われている。

持っていて手を差しのべないのは、ケチな人であって、神のルールではない。


貧乏人の方が、まだマシなのである。

お互いに重荷を負い合う信徒生活であるなら、大きいものが与えられる。


小さいと考えられる働きでも、それを与えて下さったことに感謝すれば、教会は成長する。

2016.4.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■