すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

迫害

復活への希望



テーマは「 復活への希望 」です


【第1コリント15章19-22節】

もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。

しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。

というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。

すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。

アダムによって罪が世界に入り、罪によって死が世界に入りました。


生まれて来るすべての人間にどんでもない呪いをもたらしたのはアダムでした。


生まれて来るすべての人間は 罪と死、闇とサタンの束縛から逃れることが出来ない状態です。


しかしキリストがこの世に来られて 十字架の死の遂げた理由は、悲惨な状態の人間を贖うためでした。


そして十字架の死は人間に救いの道を開きました。

しかしそれですべてが完成したわけではなく、主の復活によって救われた人々に 永遠の命を与えて下さいました。



主を信じる人々にはキリストの復活によって復活の希望があります。

キリストと共に古い人が死んだ者は、キリストと共に復活のいのちにあずかります。


キリスト教は歴史の中で絶えず迫害を受けました。

いつもその危機を乗り越えたのは復活信仰があったからです。


どんな悲しみや恐怖、失望や苦しみ 孤独も、復活の事実を信じ、復活の力の中で生き、復活の福音を伝えるクリスチャンを倒すことは出来ません。


復活の信仰がなかったならば、キリスト教は迫害に耐えられず、この地上から消えて もはや存在しないと思います。

この復活のいのちは永遠に消えることがありません。


主にあって死んだ者は、キリストが死から復活したように、必ず復活します。


これは事実です。

偽りではありません。


キリストの約束です。


2019.4.21
イースター礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

正しい信仰の態度

【ピリピ4章4-7節】

『いつも喜んでいなさい。もう一度言います。喜びなさい。あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願いことを神に知っていただきなさい。そうすれば人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イェスにあって守ってくれます。

正しい信仰はその人のことば、態度、人格、生活で現れます。


正しい信仰生活を送る人はその生活態度で非難されることがありません。


パウロは福音を伝えたことでは反対者からは激しい迫害を受けましたが、信仰の態度で非難されたことはありませんでした。


私たちの場合は迫害されたことはないですが、信仰の態度においては非難される部分が多いです。


正しい信仰の態度があれば非難されることはありません。


本文で教えてもらう正しい信仰の態度は次のようです。


・いつも喜ぶ生活です。


苦難の中でも喜ぶ生活です。

すでに主から受けた祝福があります。


そして天に対する望みがあります。

それらが喜びの根底にあります。


・何も思い煩わないで神に感謝をもって祈ることです。


喜びの敵は神の守りと導きに対する疑い、信頼の欠如です。

しかし感謝と祈りの答えに対する確信と神様の御心に対して従順するならば、主から平安が与えられ、その心が守られます。


ですからどんなに過酷な状況の中にいても心の深い所には消えない喜びがあります。


その喜びを奪い取ることは出来ないです。


ヘブル書11章に出て来る人物はみんな正しい信仰の態度で信仰を貫いた人たちです。


彼らはみな勝利者でした。


2018.6.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

家族に対する聖徒の責任



テーマは「 家族に対する聖徒の責任 」です


◎基調聖句 第一テモテ5:8

もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって不信者よりも悪いのです。

【 要 旨 】

5月には子どもの日や母の日もあるので家族のことを考えることが多くなると思います。

家族とは喜びや悲しみを分かち合うものです。


必要がある時には助け合います。

そして世話をするのも家族です。

家族は互いに対しての責任があります。


最近は日本でもこの家族関係にも異変が起きて家族同士殺し合うことも家族への責任も果たさない人が増えました。

様々な問題があります。


家族に対す聖徒の責任を今日は話します。




・聖徒の責任はまず神の御心を実現することです




家族のことも家族への責任もとても大切です。

しかしそれが神への責任より優先することはありません。


【マタイの福音書6:33】

だから神の国とその義とを第一に求めなさい。

聖徒の人生は自分と自分の家族、そしてこの世のどんなことよりも主に従い、主のみころろを成し遂げることに一番の責任があります。

弟子たちは主から呼ばれた時に何もかも捨てて従いました。




・神の御心の中で家族への責任を果たさなければなりません




家族への責任を果たすことは主の命令であり、主のみこころです。

しかし例外があります。


【ルカの福音書21:16~17】

しかしあなたがたは両親、兄弟、親族、友人たちまで裏切られます。中には殺される者もあり、みなの者に憎まれます。

家族から迫害を受ける場合、信仰を捨てるよりは家族の迫害を受ける道を選びます。

主の約束があります。


【マルコの福音書10:29~30】

イェスは言われた。『まことにあなたがたに告げます。わたしのために、また福音のために家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者で、その百倍を受けない者はありません。今のこの時代には家、兄弟、姉妹、母、子、畑を迫害の中で受け、後の世では永遠のいのちを受けます。

聖徒が家族を顧みないならばそれは不信者よりも悪いと言われました。

ある意味、世の人々よりも愛をもって家族への責任を果たしていかなければなりません。

2018.5.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

教会はどのように成長するのか



テーマは「 教会はどのように成長するのか 」です


◎基調聖句 マルコの福音書 4章26~29節

◎関連聖句 Ⅰコリント3:6~7、ゼカリヤ4:6、マルコ4:28、ヨハネ15:1~8

また言われた。「神の国は、人が地に種を蒔くようなもので、 夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して育ちます。どのようにしてか、人は知りません。 地は人手によらず実をならせるもので、初めに苗、次に穂、次に穂の中に実が入ります。 実が熟すると、人はすぐにかまを入れます。収穫の時が来たからです。」(マルコ4:26~29)

【 要 旨 】

教会は地上の神の姿に似ている。

しかし、私たち教会員の一人ひとりは、教会の頭をめざすのではなく、肥料になって、よい実を結ぶために、神様から離れないで、夫々の教会員が役割を果たすことが求められている。


そのような教会が命のある教会で、Ⅰコリント3:6~7でパウロが言っているように、神が成長させて下さる。


また、ゼカリヤ4:6には、御使いはゼカリヤに

これはゼルバベルへの主のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって。』と万軍の主は仰せられる。
と書かれている。

すなわち、聖霊が満たされれば段階を追って成長すると、保証されている。


マルコ4:28では

地は人手によらず実をならせるもので、初めに苗、次に穂、次に穂の中に実がはいります。
と書かれている。

神の時が来れば、実は必ず結ぶものである。


今まで迫害があっても、教会はつぶされたことはなかった。


忍耐をすれば必ず実を結ぶ。

北朝鮮でも中国でも、リバイバルの時が待っている。


ヨハネ15:1~8には

わたしはぶどうの木。あなたがたは私を離れては、何もできない
と書かれている。

神の力で、この教会によい実がなるように祈り、イエスの内に留まっていれば、イエス様は私たちに良い住まいを用意して下さる。


2018.1.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長

最後に、終わりに



テーマは「 最後に、終わりに 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 3章1節

◎関連聖句 エペソ6:10、へブル13:7、詩篇39:4、民数記23:10、ハバクク2:3

終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。(エペソ6:10)

【 要 旨 】

聖書は、最後だからと、大切なことを耳に覚えるようにと念を押すことが多い。


試練が与えられると、迫害や苦しみが増える。

しかし、主にあって喜びなさいと言われる。


エペソ書6:10にもそのことが強調されている。

サタンの攻撃は我々を不安にする。


しかし「主にあって勝利しなさい。神の中にとどまっていれば、必ず勝つ。」と御言葉をいただくと、ダビデがゴリアテに勝ったように、必ず勝利できる。


死に至るまでとも言われている。

これも信仰を守り通す者が、神の大能の力で、終わりには主にあって喜ぶということである。


へブル13:7には

神の御言葉をあなたがたに話した指導者たちのことを思い出しなさい。彼らの生活の結末をよく見て、その信仰にならいなさい。
とパウロは語っている。


また、旧約聖書でも、民数記23:10で、

私は正しい人が死ぬように死に、私の終わりが彼らと同じようであるように。
と書かれている。


終わりが良ければ、その人は祝福された人である。


ハバクク書2:3では

この幻は、なお、定めの時のためである。それは終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もし、おそくなってもそれを待て。それは必ず来る。遅れることはない。
と。


世の終わりの時の言葉は多い。


黙示録等の一部の預言を除いて、すべては成就している。


最後というのは、特に大切な言葉となっている。

最後は命の道、真理の道である。

2017.8.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ