すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

迫害

フィラデルフィア教会



テーマは「 フィラデルフィア教会 」です


【ヨハネの黙示録3章7-13節】

また、フィラデルフィヤにある教会の御使いに書き送れ。『聖なる方、真実な方、ダビデのかぎを持っている方、彼が開くとだれも閉じる者がなく、彼が閉じるとだれも開く者がない、その方がこう言われる。

「わたしは、あなたの行いを知っている。見よ。わたしは、だれも閉じることのできない門を、あなたの前に開いておいた。なぜなら、あなたには少しばかりの力があって、わたしのことばを守り、わたしの名を否まなかったからである。

見よ。サタンの会衆に属する者、すなわち、ユダヤ人だと自称しながら実はそうでなくて、うそを言っている者たちに、わたしはこうする。見よ。彼らをあなたの足もとに来てひれ伏させ、わたしがあなたを愛していることを知らせる。

あなたが、わたしの忍耐について言ったことばを守ったから、わたしも、地上に住む者たちを試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを守ろう。

わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。

勝利を得る者を、わたしの神の聖所の柱としよう。彼はもはや決して外に出て行くことはない。わたしは彼の上にわたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、わたしの神のもとを出て天から下って来る新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを書きしるす。

耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。」』

フィラデルフィア教会は少しばかりの力があるが、忠実な教会として主に褒められました。

一つも非難されなかった良い教会でした。



人がたくさん集まる規模の大きな教会を主が褒めたことはありません。

見た目で主は判断しません。



教会に集まる人たちが少しばかりの力でも主のことばを守り、イエス様の名を否まないならば、そのことを大きく評価して下さいます。


迫害の中でも忍耐しながら主のことばを守り、正しい信仰を守るために励んでいる姿を見て主は喜びました。



誰よりも何よりも、主を愛するからできる行動だと思います。


人は自分が一番愛する者を最後まで手放さないです。

すぐに手放すことはそれほど愛していない証拠です。



ですから主も試練の時に、その人たちを守って下さいます。

そして勝利する者たちが受ける冠をかぶせて下さいます。



最後まで勝利する人たちが新しい名と新しいエルサレムを受ける資格が与えられます。


救いを受ける目的は永遠のいのちと神の国に入ることです。

外の暗闇に追い出されることほど悲劇はありません。



神は勝利する者が外に追い出されることはないと言われました。


2020.7.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

スミルナ教会



テーマは「 スミルナ教会 」です


【ヨハネの黙示録2章8-11節】

また、スミルナにある教会の御使いに書き送れ。『初めであり、終わりである方、死んで、また生きた方が言われる。

「わたしは、あなたの苦しみと貧しさとを知っている。──しかしあなたは実際は富んでいる──またユダヤ人だと自称しているが、実はそうでなく、かえってサタンの会衆である人たちから、ののしられていることも知っている。

あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。見よ。悪魔はあなたがたをためすために、あなたがたのうちのある人たちを牢に投げ入れようとしている。あなたがたは十日の間苦しみを受ける。死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。

耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者は、決して第二の死によってそこなわれることはない。」』

スミルナ教会は主に非難されたところがなく、ほめられた教会でした。

非難されないだけでも素晴らしいと思います。


スミルナ教会の特徴は迫害に耐え、信仰を守りました。

いのちが取られるほどの迫害がありましたが、忍耐して信仰を守りました。


またこの教会は貧しい教会でしたが、霊的には豊かな教会でした。



教会として霊的に豊かであることは一番理想的です。

信仰が本物であるから霊的に恵まれたと思います。


この教会の信徒たちは、世の富より霊的なものを求め、献身し、主に対しても忠実でした。



主は迫害の中にいる信徒たちに対して、このように勧めました。

苦難から救い出すとは言わず、反対にさらなる迫害があることを告げ、死に至るまで忠実でありなさいと言われました。

殉教もあることを言われました。



しかし死に至るまで忠実な者に対して、は素晴らしい約束を与えました。


いのちの冠と第二の死を受けることがないと言われました。

最高の祝福の約束でした。


主の名のために受ける迫害や苦難は無駄になることがなく、反対に主から素晴らしい報いを必ず受けます。


2020.6.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

御使いの顔のように見えた



テーマは「 御使いの顔のように見えた 」です


【使徒の働き6章14-15節】

『あのナザレ人イエスはこの聖なる所をこわし、モーセが私たちに伝えた慣例を変えてしまう』と彼が言うのを、私たちは聞きました。」

議会で席に着いていた人々はみな、ステパノに目を注いだ。すると彼の顔は御使いの顔のように見えた。

初代教会の執事であったステパノは御霊と知恵に満ち、評判の良い人として選ばれました。


また彼は聖霊によって語るので、多くの人が感動を受け、信仰の道に入りました。



しかし人々が救われることを妬む者たちがいました。

イエス様を十字架につけた宗教指導者たちでした。


彼らは以前(イエス様)と同じやり方で、ステパノを捕らえて議会に立たせ、偽りのことばで彼を責めました。

ステパノにとっては とんでもないことで、主のように死刑になる可能性が高いと思っていたでしょう。



しかしその場にいるステパノの顔は御使いの顔のように見えました。


普通ならば、顔に不安と死への恐れが現れるのに、御使いの顔のように見えたことで、多分人々はびっくりしたと思います。


ステパノの顔がなぜ御使いの顔のように見えたでしょうか。

みことば充満であったからです。



いのちと真理のことばに根を下ろして生きる人は、みことばに対する確信が強いので、どんな状況に置かれても揺れ動かないです。


神の約束も天国も信じるので、迫害も死も恐れないです。

むしろ神の元に行きたいと願います。


聖霊充満であったので、御使いの顔のように見えました。



聖霊に満たされた人は自我に死んだ人です。

ですから聖霊充満になると、主が与える平安と霊的喜びで心が満たされます。


心にあるものが顔にも映るので御使いの顔のように見えたと思います。

全き平安な顔だったと思います。



聖霊に満たされると心が平安になります。

そして霊的喜びがあるので、その顔がとても平安な顔になります。


いつも眉間にしわを寄せて怒ったかのような顔は 怖い顔に見えるので、人々が寄り付かないです。

年配の男性に多いですね。

小さいことにもすぐキレることも多いです。



穏やかな顔をしている人たちからは品性を感じます。

ステパノの顔はとても穏やかで、平安に満ちていたと思います。


日々聖霊との交わりから生まれる慰め、平安、喜び、信仰の訓練から生まれたものが顔に現われました。


愛充満であるから顔が御使いの顔のように見えました。

神を深く愛する人は神以外の誰をも恐れません。



愛の心があるから、自分を迫害する人たちに対しても憎しみや怒りがなく、愛の目で見ているから、人々の目には御使いの顔のように見えました。


愛のある人の顔が悪魔のように見えることはありえないです。

憎しみや怒りに満たされているならば、その顔は悪魔の顔に見えると思います。


昔から恋すると顔が変わると言われます。

愛があるから良い顔に変わりますね。



みことば、聖霊、愛によって内側だけでなく、顔までも変わることをステパノが証明しました。

どんな顔になりたいですか。


2020.5.31
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

来て下さい



テーマは「 来て下さい 」です


【ヨハネの黙示録22章17-21節】

御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。

これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。

主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。

今日のことばは聖書の最後にあることばです。

最後にあることばの中に「来て下さい」と言う言葉が3回もあります。


ヨハネの黙示録は、未来の歴史が書かれてあります。


歴史は過ぎたことですが、ヨハネの黙示録はこれから起こる 神が書いた未来の歴史です。



神は使徒ヨハネに未来の歴史を示して下さいました。

その中でも特にキリストの再臨に対して黙示録は語りました。


【ヨハネの黙示録22章7節】

「見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。」

【ヨハネの黙示録22章12節】

「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。

このように語ったことばに対して、聖霊と花嫁(教会)は「来て下さい」と応答しました。


そして招待のことばがありました。



“聞く者、渇く者、ほしい者” は「来て下さい」と言われました。


  • 【聞く者】…… キリストの預言のことばを聞く者
  • 【渇く者】…… 義に飢え渇く者(マタイの福音書5章6節)
  • 【ほしい者】…… いのちの水が欲しい者(キリストの救いを願う者)


これらの者のために、主はすでに自分の血で贖いを完成しましたので、だれでも福音を聞いて、キリストを信じるならば 永遠のいのちを賜物としてタダで受けることが出来ます。


それから神の預言のことばに対して付け加えたり、取り除くならば 神の怒りに会い、神の国には入れません。


なぜなら神の権威を無視する高慢な行為なので、神の怒りにあうのは当然なことです。



主が3度も「私はすぐに来る」と言われたのは、必ず再臨すると強調したことです。


それに対して再臨信仰を持っている人は期待しながら毎日迫害に耐えながら勝利の生活を送っていました。



今も再臨信仰を持っている聖徒は 天の故郷を慕い求めながら「主イエスよ。来て下さい」と告白しなければなりません。


2020.4.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神に献身したパウロ


【ピリピ4章11-13節】

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

新約時代でパウロほど偉大な人物はいません。


復活したイエス様が直接彼に現れて彼を選び、異邦人への伝道者として任命しました。

彼は伝道者としては不適格な人物でした。


神に敵対し、教会を激しく迫害した人物なのに、主は彼を使徒として選び、福音を伝える伝道者にしました。



パウロ自身にとってもありえないことが自分の身に起きましたが、パウロは素直に主からの召しを受け入れ、死に至るまで主のために忠実に働いたしもべでした。


主への働きにいのちを懸けました。

彼は昼も夜も働きました。


ユダヤ教から改宗した彼に対してユダヤ教の人々は彼を憎み、殺害までしようとしました。

どこに行っても迫害を受け、死の連続の生活を送りました。


しかしパウロは死を恐れず、福音を至る所で伝えました。



主に選ばれなかったならば、激しい試練を受けることはなかったと思います。

世的に成功の人生を送ったと思います。


しかし主に従ったことで、苦難の道に足を踏み入れ、多くの苦しみを受けました。


しかしあらゆる境遇の中でも主だけを見上げながら、どこでも伝道しました。

喜んで働きをしていました。


言い訳しながら仕事をさぼったことはありませんでした。


自分の以前の姿を思い出しながら、魂を愛し、一生懸命に働きました。



彼は神学者であり、説教家であり、伝道者でした。

とても謙遜な人として人々に仕えていました。


神から受ける冠に期待しながら、最後まで走り続けました。

神に喜ばれる人物でした。


2019.10.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ