すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

賛美

御霊(聖霊)を通して悟るもの



テーマは「 御霊(聖霊)を通して悟るもの 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 2章10~14節

◎関連聖句 詩篇145篇17節

ところで、私たちは、この世の霊を受けたのではなく、神の御霊を受けました。それは、恵みによって神から私たちに賜ったものを、私たちが知るためです。 この賜物について話すには、人の知恵に教えられたことばを用いず、御霊に教えられたことばを用います。その御霊のことばをもって御霊のことを解くのです。(Ⅰコリント2:12~14)

人間の知恵だけでは、神のなさることを完全に知ることはできない。

神が培っている聖霊によってのみ理解できる。
聖霊によってのみ目が開かれるのである。


それを信じたイエスの弟子たちは、聖書の御言葉を悟るようになった。

このようにして霊的判断力が得られないと、自分の知恵に頼るという間違いを起こす。


これに反して、聖霊の宿っている人は、早く聖書が理解できる。



パウロは聖霊に満たされて、神の御言葉を理解した。

それ以後、彼はそれまで持っていた知識を捨てた。


それ以降、彼は新約聖書の半分を書き上げている。

私たちも必ず聖霊を受けなくてはならない。



すべてのものを、正しく動かす神の摂理は、この世のはじめであり、終わりである。


これほど偉大な方であるが、我々人間の1人1人に対して、完璧な配慮をして下さっている。


詩篇145:17には

主はご自分のすべての道において正しく、また、すべての御業において恵み深い
とダビデは賛美している。


この天地は必ず滅びると神は言われる。

人間はそれを悟れない。



御霊を受けると、自然に感謝できる。

神に従順な者となり、すべてを悟り得ることができる。


見えるものは、一時的である。
霊的恵みの価値を、神の恵みを、もっともっと知る者となろう。

2017.8.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

イエス様に対する異なった反応



テーマは「 イエス様に対する異なった反応 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 2章1~13節

◎関連聖句 ルカ2:12~20、マタイ5:3~10

イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。「ユダヤ人の王としてお 生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。(マタイ2:1~3)

【 要 旨 】

今日はクリスマスです。

イエスの来られた日に聖日礼拝できることを感謝します。


イエスはユダヤ人の王として、ユダの地ベツレヘムにお生まれになりました。

多くの人は聖書に書かれているイエス様が、いつ来られるのか、首を長くして待っておりました。


しかし、多くのユダヤ人の見せた態度は、純粋に喜びには満ちていませんでした。

歓声が上がるほどのことはなかったのです。


それはユダヤ人ではない東方の博士に神の啓示が下ったことを見るとわかります。

また、ヘロデ王は、自分が王であるにもかかわらず、恐れ惑ったと書かれていることによっても知れることです。


ユダヤ人は、異邦人には救いはないと多くの人は信じていました。

それはユダヤ人の先入観、プライドが許さなかったのです。

行って見たことを信じなかったのが問題です。


マリヤは思い巡らしていたと書かれています。

聖書はこのあと再臨があると預言しています。


しかし、多くのクリスチャンは、いまだそれを信じていないのです。

ですから、キリストがお生まれになった時も、そんな状態であったことは、当然考えられることです。


神様の言葉を信じること、そうしないと天の御国は私たちのものではなくなります。

主が来られることを無視すると滅びしかありません。

命に至る道はせまいと言われます。


多数が必ずしも真理とはかぎりません。

イエスを信じる者として下さい。


私たちは恵みを求めます。

賛美をあなたに捧げます。

2016.12.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰成長のために



テーマは「 信仰成長のために 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 8章22~25節

◎関連聖句 へブル人への手紙 6章1~2節

ですから、私たちは、キリストについての初歩の教えをあとにして、成熟を目ざして進もうではありませんか。 死んだ行いからの回心、神に対する信仰、 きよめの洗いについての教え、手を置く儀式、死者の復活、 とこしえのさばきなど基礎的なことを再びやり直したりしないようにしましょう。(へブル6:1~2)

【 要 旨 】

イエスは弟子たちを愛していた。

しかし彼らの信仰は弱い所が多かった。


イエスはあえて、そのような人を弟子に選んだのである。

弟子たちの中に信仰のないのを伺い知ることは、初めてではなかったが、 再三再四、その中に信仰のないのを見た時は、「あなたがたの信仰は何処にあるのか」と失望を現された。


人間が子供のままではおられないように、神は成長する信仰を心から願っているのである。

信じない者にならないで、見たから信じるという者にならないで、その前に信じる信仰を持ちなさいと、私たちの目に見えない神は言われる。

私たちは皆同じ信仰ではない。信仰歴には関係ない。

どれだけ神を信じているかだけである。


では具体的にどのようにすれば良いか。

1.自分は神の助けが必要と悟る。最初から神の愛のもとに、私たちはこの世に生まれて来たのであるから、私たちの魂は神のみ言葉で成長するという真理を知る。

2.祈る。イエスの姿、パウロの聖霊などから、信仰成長のための会話を神とする。

3.神に従順する。み言葉を心に植えつけ、み言葉を実行するとき、私たちは成長する。

4.いつも感謝と賛美をする。ダビデは詩篇で最も多く神を讃えたので、信仰が成長し、愛され神に適う者とされた。

神の声を聞いたなら、どう実行するかを、すぐに考える人は成長した人である。

2015.1.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ