すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

財産

障害物があるのか



テーマは「 障害物があるのか 」です


【マルコの福音書10章21-23節】

イエスは彼を見つめ、その人をいつくしんで言われた。「あなたには、欠けたことが一つあります。帰って、あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」

すると彼は、このことばに顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った。なぜなら、この人は多くの財産を持っていたからである。

イエスは、見回して、弟子たちに言われた。「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。」

多くの財産を持っていた彼は それなりの努力と汗を流したと思います。


それだけでなく、神のことばもしっかり守る信仰ある人でした。

イエス様に対する態度も謙遜でした。


主の前にひれ伏して「尊い先生。永遠のいのちを自分のものとして受けるためには、わたしは何をしたらよいでしょうか。」と尋ねました。



主の答えが本文にあります。

主は彼に決断と選択を求めました。


「すべてを捨ててわたしに従って来なさい」と。

しかし多くの財産がある彼は決断が出来ず、悲しみながら帰りました。



彼は財産を諦められず、永遠のいのちを諦めました。


愚かな選択だと思いませんか?


間違った選択は永遠に彼を苦しめると思います。

財産は彼にとって祝福ではなく、障害物になりました。


世と世にあるものを愛する人は、永遠のいのちを得る時に それが障害物になります。



神の国に入りたい人は、その障害物を まず除けないといけないです。


除けないと知恵ある選択が出来なくなります。

愚かな選択は自分の身を滅びに導きます。


神より愛するもの、頼るものがあるならば、主に従って生きることが出来ないです。



障害物を捨てて主に従う人には、このような祝福があります。


【マルコの福音書10章28-30節】

ペテロがイエスにこう言い始めた。「ご覧ください。私たちは、何もかも捨てて、あなたに従ってまいりました。」

イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。わたしのために、また福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者で、

その百倍を受けない者はありません。今のこの時代には、家、兄弟、姉妹、母、子、畑を迫害の中で受け、後の世では永遠のいのちを受けます。

その通り、彼らは主に用いられ、また永遠のいのちも得ることが出来ました。


何が大切なもので、なくてはならないものかをよく考えることです。


2021.5.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

私よりも愛するものは



テーマは「 私よりも愛するものは 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 10章37節

◎関連聖句 ヨハネ21:15、マタイ19:26、マタイ19:27~29

わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。(マタイ10:37)

【 要 旨 】

イエスは12弟子に、わたしよりも父や母を愛する者、自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません(マタイ10:37~38)と言われている。


また、私たちは何処までもあなたについて行きますと、ペテロが言ったとき、あなたはにわとりが鳴くまでに、3度わたしを知らないというと言われた。


“イエスよりも自分”という心を見抜いておられた。


イエスがなぜ、そんなことを言われたのだろうか。

それは偶像礼拝を戒めるためである。


神がアブラハムに、父から離れなさいとのお言葉があったのは、すべてのものを給わる神を、ないがしろにしてはならないという教えである。

アブラハムは行き先も知らないのに二つ返事で「はい行きます」と即時に返答した。


また、イサクを全焼のいけにえとして捧げなさいと、言われた時も無条件で従った。

この態度が神にふさわしい者である。


その反対に、あなたの財産をすべて投げ打って、わたしについて来なさいと、イエスに言われた時に、それが出来なかった金持ちは、神よりも財産を愛したので、それが出来ず、永遠のいのちを逃がしてしまう。


人が祝福されるのは、誰よりも神を愛し、捧げることである。

そうすれば知恵と力が与えられる。


自分の子どものために貯めるよりも、先ず神に捧げるという生き方が大切なのである。


ヘス牧師のお母さんは、神に捧げる新しいお札を常に準備していたと言われる。

地上でしたことは、天国で報いがある。


私たちは神の言葉に従って生きなければならない。

何であれ、神より上に置くことは、ふさわしくない。

2016.10.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ