すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

誘惑

わたしが彼らを祝福する



テーマは「 わたしが彼らを祝福する 」です


【民数記6章22-27節】

ついで主はモーセに告げて仰せられた。

「アロンとその子らに告げて言え。あなたがたはイスラエル人をこのように祝福して言いなさい。

『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。

主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。

主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』

彼らがわたしの名でイスラエル人のために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう。」

祝福の範囲は広いです。

祝福が嫌いな人はいないと思います。


みんなが祝福を欲しがっていますが、多くの人が求める祝福は主が私たちに与えたいと願っている祝福とは異なります。


主に召され、主を信じる人ならば自分が願う祝福ではなく、主が与えたいと願っている祝福が何かを知ってそれを切に求めないといけないです。


それに関心がなく自分が思う祝福ばかりを求めるならば、何一つもらうことがないと思います。



主が「私が彼らを祝福する」と言われた祝福はどんな祝福でしょうか。




主の守り




主の守りです。


イスラエルの民がカナンの地に入る前に通った道は荒野でした。

どれほど厳しい所であるのかは通ったイスラエルの民たちは知っています。


今、私たちが日々歩んでいるこの世も荒野です。


誘惑し惑わすサタンが強く働く所です。

主の守りがないとサタンのえじきになる所です。


主の守りがあって安全に暮らすことが出来ます。




主の恵み




次には主の恵みです。


恵みは暗やみを照らす太陽のようなものです、恵みは光であり、いのちです。

それによって私たちは生かされています。


主から毎日恵みが注がれることを求めないといけないです。

主の恵みこそ私たちにはなくてはならない祝福です。




主の平安




主の平安です。


平安のないこころは幸せではありません。

不安の中にいる弟子たちにも主は平安を残しました。


不安と恐れが多い世の中で、主の平安なしに生きることは難しいです。


主は私たちに主の平安を与えたいと願っています。


私たちは毎日祈りを通して主の守り、主の恵み、主の平安を求めましょう。


2020.2.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

わが主、イエス・キリスト



テーマは「 わが主、イエス・キリスト 」です


【第1ペテロ1章18-21節】

ご承知のように、あなたがたが父祖伝来のむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、

傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです。

キリストは、世の始まる前から知られていましたが、この終わりの時に、あなたがたのために、現れてくださいました。

あなたがたは、死者の中からこのキリストをよみがえらせて彼に栄光を与えられた神を、キリストによって信じる人々です。このようにして、あなたがたの信仰と希望は神にかかっているのです。

クリスマスはイエス・キリストが主人公です。

信じる者たちにとってイエス・キリストは主であり、もっとも大切な方です。


イエス様との出会いによって救われた者としてイエス様の存在はいのちよりも大切な存在です。

イエス様こそ神の御子であり、人類を贖うメシヤです。


あらゆることを通してそれは証明されました。


信じる人は信じますが、疑い深い人や信じる気がない人は何を見ても聞いても信じようとはしません。



イエス様が地上に来られてなさったことを見ると、メシヤであることの証明になります。


預言者バプテスマのヨハネが現れて、イエス様がメシヤであることを証言しました。

多くの預言者が預言した方であることをイエス様自身も様々な出来事を通して証明しました。


イエス様は神が遣わした神の御子であり、まことの神です。



そして人々に福音を知らせ、神のことばを教えました。

人々はその権威と教えに驚嘆しました。


イエス様は一度も罪を犯したことがなく 聖い方でした。

もし罪があるならば、罪人を罪から贖う資格がありません。


しかし罪のない方であったので罪人を救うことが出来ました。



主イエスは悪霊を追い出し、病気を癒す力があるので、多くの奇跡を行ってたくさんの人々を助けました。


そしてイエス様にはあわれみと愛がありました。

人間の愛よりもはるかに大きな愛がありました。


その愛が一番現れたのが十字架でした。

いのちをささげるほど私たちを愛しました。



イエス様は多くの誘惑にも勝利した主です。


完全で完璧な方である主イエス・キリストを信じることは、何と素晴らしいことで心強いことでしょうか。


主に栄光をささげます。


2019.12.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神に愛されたダニエル


【ダニエル書10章11節】

それから彼は私に言った。「神に愛されている人ダニエルよ。私が今から語ることばをよくわきまえよ。そこに立ち上がれ。私は今、あなたに遣わされたのだ。」彼が、このことばを私に語ったとき、私は震えながら立ち上がった。

神はすべての人を愛する方ですが、ダニエルは特別に神に愛されていることがわかります。


神は、神を愛する人を特別に愛します。

ダニエルの神への愛は神が望んでいる通りの愛の姿でした。

すなわち次のみことばを生涯実行しながら生活しました。


「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」


そしてダニエルの信仰生活は神第一の生活でした。

バビロンに捕虜として連れて行かれましたが、いのちを懸けて神への純粋な信仰を守り通しました。


偶像崇拝をせず、世の権力にも屈せず、肉体の快楽の誘惑にも負けず、自分の信仰を守りました。


そのことで何度もいのちの危険に会いましたが、神が彼を助けて下さいました。



彼はまた祈りの人で、祈りを通して常に神との交わりをしていました。

正しい祈りをしていたので、主は彼を守り、知恵を与えました。


人々から尊敬される人にもなりました。


異国の地で、まことの神を現しながら、神に栄光をささげました。

王からも信任され、困った時には神の啓示で王を助けました。


謙遜な人で、信仰の人でした。


敬虔な者は世の人々からも認められ、神からは恵みを受け、愛されます。


2019.10.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

自分との戦い



テーマは「 自分との戦い 」です


【第1ヨハネ2章15-17節】

世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。

すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。

世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行う者は、いつまでもながらえます。

自分の心を守り、罪に勝ち、誘惑に勝つ人が一番強い人です。


【ヤコブ1章14-15節】

人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。

欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。

誘惑されるのも 罪を生むのも 死を招くのも、原因は自分の中にある欲に勝てなかったことにあります。


霊的戦いは、まず自分との戦いから始まります。



自分に勝てない人が この世、他人、悪魔に勝つことが出来るでしょうか?

本文では勝つためには どうすべきかを教えています。


世をも、世にあるもの(肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢など)を愛してはいけないです。



“世と世にあるもの” とは何でしょうか。


私たちの肉を喜ばせるもの、私たちの目を喜ばせるもの、私たちの人生で自慢できるものなどです。


それらは生き方にも現れます。


世のやり方を愛します。

世のものを愛します。

世のものに関心があります。



そして真理に従って歩むことを喜ばず、自分の欲のまま、自分の思いのまま、そして偉そうな生き方をします。


その結果、世を愛する心が 主を愛する心を追い出すので、主を愛する心が消えていき、主から自分を孤立させます。

父なる神のみこころに従って歩むことが不可能になります。


私たちは世を愛するか神を愛するかをはっきりさせないといけないです。


【マタイの福音書6章24節】

だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。

世と世にあるものは、どんなに愛して手に入れてもすべて消えていきます。


しかし神のみこころを行う(自分の生活の中に神の目的を遂行する)人は永遠にとどまります。


神はその人のことを “自分に勝利した人” として認めて下さいます。


2019.7.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

試みに会わないために



テーマは「 試みに会わないために 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 6章13節

◎関連聖句 ヤコブ1:13~15

私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。(マタイ6:13)

【 要 旨 】

基調聖句は主の祈りの一部である。

イエスは私たちの心が弱いことを知っておられる。


私たちを試すのはサタンであるから、イエスは殊の外、心配されたのである。


ヤコブ1:13~15では

だれでも誘惑に会ったとき、神によって誘惑された、と言ってはいけません。神は悪に誘惑されることのない方であり、ご自分でだれを誘惑される こともありません。人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。
と言われている。


神は、私たちの心の中の弱さ、知恵不足、欲深いことも知っておられる。

サタンもこのことを知っていて罠を仕掛け、倒す計画を企てる。


だから、危険な所に入らないようにしなければならない。

誘惑に際して騙されないような体質にするように心がけなさい。



神は御言葉と御使いを付けて守って下さる。

私たちは清い心で、聖霊に導かれた所へいつも行けるように、目を覚ましていることが望まれる。


悪いものを日々除くようにし、命を守る言葉を聞いて、主の祈りをしながら悪と異なる道を行くようにつとめる。

神の国と神の義をまず求めなさい。


そうすれば試みに会わないように生きられる。

2018.3.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ