すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

試練

忍耐を知る者



テーマは「 忍耐を知る者 」です


◎基調聖句 ネヘミヤ記6:13~14

彼が買収されたのは、私が恐れ、言われるとおりにして私が罪を犯すようにするためであり、彼らの悪口の種とし私をそしるためであった。わが神よ。トビヤやサヌバラテのあのしわざと、また私を恐れさせようとした女預言者ノアデヤや、その他の預言者たちのしわざを忘れないで下さい。」

【 要 旨 】

ネヘミヤは素晴らしい指導者です。

今の時代にもこのような指導者が必要です。


何よりも彼は忍耐が要求される環境の中で忍耐しながら素晴らしい働きが出来た人物です。

崩れたエルサレムの城壁を多くの妨害者がいる中52日で完成しました。


自分の心に関心がありますか。

自分の心のために祈っていますか。


聖徒たちの心は聖霊が内住する所なので時に注意を払わないといけないです。

またこのような命令も受けてあります。


【箴言4:23】

力の限り、見張ってあなたの心を見守れ。いのちの泉はこれから湧く。

聖霊の住まいとして、いのちの泉のためにも心に関心をもってこころのために祈りが必要です。

こころのためにはどんな祈りが必要でしょうか。




・忍耐が要求される環境




敵対者の攻撃は完成が近づくとさらに巧妙になり、しつこくなりました。

そしてにせ預言者たちは彼のいのちを狙うために偽りの預言までしました。


ユダの指導者たちは民を利用して利益を得ていたので、ネヘミヤの働きを喜ばす妨害しました。

本来ならば協力すべき者たちが、みな敵対者になって工事を中断させようとしましたがネヘミヤはその中で忍耐しながら工事を完成しました。




・忍耐の秘訣




危機がある度に神に信頼し、神に祈りました。

そして神に助けを求めました。


信仰と祈りが彼を忍耐の人にさせました。

また優先順位を神に置きました。


この部分では妥協しなかったので、妥協させようとした人たちの計画はみな失敗しました。

彼は自分のいのちを主にゆだねました。




・忍耐の人たち




< ヨセフ >
17歳の時に神からの夢をみましたが、それを実現させるために人間的な方法は全く使わず、神の導きに従いながら忍耐しました。


< ヨブ >
信仰の自己管理がしっかり出来た人でしたが、サタンによって、とんでもない試練に会いました。しかしその中でも神を礼拝し、忍耐をもって試練に耐えたので二倍の祝福を受けました。


2018.5.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

いつまでも残るもの



テーマは「 いつまでも残るもの 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 Ⅰコリント3:12~15、ヨブ23:10、黙示録2:4~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(Ⅰコリント13:13)

【 要 旨 】

聖書は、天国に入れる者は稀であると言っている。

神が認めないなら、天国へは入れない。


Ⅰコリント3:12~15には、もし誰かが建物を建てるとき、土台はイエス・キリストでも、その材料によって、火(苦難・試練)の中をくぐると金・銀・宝石 (信仰・希望・愛)のように、残るものと木・草・わらなど(個人の能力・熱心)のように燃え尽きるものがある。


火をくぐった後の状況で各人の働きが本物であるかどうか、その真価がわかる。

神さまは正しい材料(信仰・希望・愛)を使うことを願っている。



アブラハムとヨブは完全に信仰に生きた人と崇められている。

ヨブ23:10では

神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私は金のように出て来る。
と書かれている。


ヨブは試練が来ても、火をくぐる金のように信仰を守り抜いた。

そこで神はヨブに2倍もの大きな祝福を与えている。


神は私たちに金のような信仰を与え、愛があれば勝利が叶うと、私たちに教えている。

それは、神様第一の心があるかどうかを試しているということでもある。


また、神はアブラハムにひとり子イサクを捧げなさいと言われたことにも通じる。

これがまことの愛で、いつまでも残るものである。


神の国の大切なもの、信仰・希望・愛が私たちにあるか否か、自らをよく確認すべきである。

これがあれば、いつまでも正しく生きることが出来る。

2018.3.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

最後に、終わりに



テーマは「 最後に、終わりに 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 3章1節

◎関連聖句 エペソ6:10、へブル13:7、詩篇39:4、民数記23:10、ハバクク2:3

終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。(エペソ6:10)

【 要 旨 】

聖書は、最後だからと、大切なことを耳に覚えるようにと念を押すことが多い。


試練が与えられると、迫害や苦しみが増える。

しかし、主にあって喜びなさいと言われる。


エペソ書6:10にもそのことが強調されている。

サタンの攻撃は我々を不安にする。


しかし「主にあって勝利しなさい。神の中にとどまっていれば、必ず勝つ。」と御言葉をいただくと、ダビデがゴリアテに勝ったように、必ず勝利できる。


死に至るまでとも言われている。

これも信仰を守り通す者が、神の大能の力で、終わりには主にあって喜ぶということである。


へブル13:7には

神の御言葉をあなたがたに話した指導者たちのことを思い出しなさい。彼らの生活の結末をよく見て、その信仰にならいなさい。
とパウロは語っている。


また、旧約聖書でも、民数記23:10で、

私は正しい人が死ぬように死に、私の終わりが彼らと同じようであるように。
と書かれている。


終わりが良ければ、その人は祝福された人である。


ハバクク書2:3では

この幻は、なお、定めの時のためである。それは終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もし、おそくなってもそれを待て。それは必ず来る。遅れることはない。
と。


世の終わりの時の言葉は多い。


黙示録等の一部の預言を除いて、すべては成就している。


最後というのは、特に大切な言葉となっている。

最後は命の道、真理の道である。

2017.8.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

一年の決算



テーマは「 一年の決算 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 4章5節

◎関連聖句 箴言4章23節、詩篇51篇10節

ですから、あなたがたは、主が来られるまでは、何についても、先走ったさばきをしてはいけません。 主は、やみの中に隠れた事も明るみに出し、心の中のはかりごとも明らかにされます。そのとき、神から各人に対する称賛が届くのです。(Ⅰコリント4:5)

【 要 旨 】

私たちは毎年どう生きて来たかを、その年の終わりには、総点検しなければならない。

会社の決算は利益がどうなっているかであるが、私たちは心、すなわち信仰の態度が進歩しているか、神様に喜ばれたかを整理する必要がある。


箴言4:23には

力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。
との言葉がある。


心に平安と喜びがあるならば、あなたの一年の決算は大収穫であったと言える。


不安や心配や恐れがあるならば、あなたの心は自分で見守って、対応しなくてはならない。

他人にはどうにもならないのである。


詩篇51:10にあるように

神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。
と祈り、不安を追い払うことが肝要である。


次に、私たちは罪を犯して生きているから、神の前に悔い改めて、赦しを乞わなければ、信仰が壊れて、段々と罪を重ねてゆくことになる。

罪をぬぐえるのは神の恵みである。


今年を振り返って、悪い芽があったと分かった時は、それを神に取り去ってもらうように祈る。


最後に、神の言葉を信じて、忍耐ができているか、信仰を持って耐えていたかについてもチェックする。


アブラハムやパウロのように、神の試練を忍耐して待てたかどうか、不満を言ってなかったかを反省する。


そして神の称賛を受けて新年を迎えよう。

2014.12.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

患難の中での祈り



テーマは「 患難の中での祈り 」です


◎基調聖句 ヨブ記 13章23節

◎関連聖句 ヨブ1:1、詩篇17:8~9、ローマ8:32~36

私の不義と罪とはどれほどでしょうか。私のそむきの罪と咎とを私に知らせてください。(ヨブ13:23)

【 要 旨 】

“ヨブは潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていた。

彼には七人の息子と三人の娘がいて、羊七千頭、らくだ三千頭、牛五百匹、雌ろば五百頭と非常に多くのしもべを持っていた。”とヨブ記の冒頭にある。


しかし、ヨブは一瞬にして息子たちの命も含めて、全てを失った上に、自身も腫物で苦しめられた。


この様な時には、我々の様な多くの人は、人生の試練などとは思えないで、絶望してしまう。

しかしながらヨブは、このようになっても、神に罪を犯すようなことはしなかったのである。


ヨブの奥さんは、たまりかねて「神を呪って死になさい。」とヨブに向かって言った。

その時ヨブは「あなたは愚かな女の言うようなことを言っている。私たちは祝福を受けたのだから、災いも受けなければならない。」と信仰の姿勢を変えなかった。


神を責めても、災いが福とならないのであるが、責めるクリスチャンは多い。

神と縁を切っても、堕落するだけである。


神が喜ばれるのは、神様にすべてを委ねて悔い改めることであり、そうしたら、その祈りを聞いて下さり、赦して下さり、回復をさせてくれる。

神は愛のムチも、祝福も持ち合わせておられる方である。


ダビデは、神は私の拠り所、私には足りないものはありません。と宣言している。

また、私をかくまって下さい。御姿の影にと。哀願している。


人間の普通の親でも子供をいつも見守っていて、倒れた時には起こしている。
まして、神においておや、であろう。


ヨブは信仰の姿勢を貫いたので、災いに会う前よりも祝福された。


私たちもヨブのように患難に耐えて祈り、神に近づき、勝利を手に入れよう。

2014.10.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ