テーマは「 神に仕える聖徒の正しい姿勢 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 8章1~3節

◎関連聖句 ルカ17:7~10、マタイ6:24

だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。(マタイ6:24)

【 要 旨 】

神は私たちを選んで下さった。
そして私たち聖徒には良い物を与えて下さる。


そこで私たちは神に栄光を捧げるというのが、最も大切な任務である。

会社は働いた者に給料を与える。それで社員は忠実に働く。
しかし、定年もあり、そののちの保障はない。


しかし、神様は私たちが死んだ後も永遠に助けて下さる。

これは神にしかできないことである。
私たちは神が教えた通りの姿勢で、神に仕えるべきである。


心を尽くして、思いを尽くして、神を愛する。これが一番の基本姿勢である。

愛が出発点なのである。愛がないと神は喜ばれない。


黙示録には〝七つの教会に書き送れ。”というのが冒頭にあるが、エペソの教会は、わたしの名のために耐え忍んでいたが、あなたは初めの愛から離れてしまったと非難されている。

わたしに出会った時の感動した最初の愛が薄れたなら、悔い改めて愛のある初めの行いに帰りなさいと、神は言われる。


ルカ17:9~10には

しもべが言いつけられたことをしたからと言って、そのしもべに感謝するでしょうか。あなたがたもその通りです。自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、「私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです。」と言いなさい。
と書かれているように、神から任せられた仕事は言われた通りにするのが正しい生活である。


イエスに仕える姿は、計算高くては勤まらない。

愛は惜しまない。そして、最後まで忍耐して主に仕える。

自分の財産を捧げて、主と共に歩む時、主の恵みが降ってくる。

2015.6.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■