すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

聖霊

御霊(聖霊)を通して悟るもの



テーマは「 御霊(聖霊)を通して悟るもの 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 2章10~14節

◎関連聖句 詩篇145篇17節

ところで、私たちは、この世の霊を受けたのではなく、神の御霊を受けました。それは、恵みによって神から私たちに賜ったものを、私たちが知るためです。 この賜物について話すには、人の知恵に教えられたことばを用いず、御霊に教えられたことばを用います。その御霊のことばをもって御霊のことを解くのです。(Ⅰコリント2:12~14)

人間の知恵だけでは、神のなさることを完全に知ることはできない。

神が培っている聖霊によってのみ理解できる。
聖霊によってのみ目が開かれるのである。


それを信じたイエスの弟子たちは、聖書の御言葉を悟るようになった。

このようにして霊的判断力が得られないと、自分の知恵に頼るという間違いを起こす。


これに反して、聖霊の宿っている人は、早く聖書が理解できる。



パウロは聖霊に満たされて、神の御言葉を理解した。

それ以後、彼はそれまで持っていた知識を捨てた。


それ以降、彼は新約聖書の半分を書き上げている。

私たちも必ず聖霊を受けなくてはならない。



すべてのものを、正しく動かす神の摂理は、この世のはじめであり、終わりである。


これほど偉大な方であるが、我々人間の1人1人に対して、完璧な配慮をして下さっている。


詩篇145:17には

主はご自分のすべての道において正しく、また、すべての御業において恵み深い
とダビデは賛美している。


この天地は必ず滅びると神は言われる。

人間はそれを悟れない。



御霊を受けると、自然に感謝できる。

神に従順な者となり、すべてを悟り得ることができる。


見えるものは、一時的である。
霊的恵みの価値を、神の恵みを、もっともっと知る者となろう。

2017.8.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒がしてはならないこと



テーマは「 聖徒がしてはならないこと 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 10章7~11節

また、彼らの中のある人たちがつぶやいたのにならってつぶやいてはいけません。彼らは滅ぼす者に滅ぼされました。 これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。(Ⅰコリント10:10~11)

【 要 旨 】

聖徒がしてはならないことは、Ⅰコリント10:7~11に記されているように、①偶像礼拝、②姦淫、③主を試みる、④つぶやき、である。


また、旧約聖書には、

愛する者は、神を喜ばせる。神の尊厳を犯さない。神の権威を守る。
と書かれている。


偶像礼拝をするのは悪魔である。
また祭りもそうである。

これらは、神は喜ばれない。


自分を喜ばせることを聖霊は特に嫌う。

姦淫には霊的なものと肉的なものの両方がある。


霊的姦淫は、この頃は特に軽く見られていることが多い。

これを批難する人が少なくなると、罪が罪と言えなくなる。


神の真理を勝手に曲げてはならない。

神が語りたくないことを、勝手に変えてはならない。


主を試みてはならない、とは被造物が創造主を勝手に評してはならないということである。



自分のしたいことが第一となると肉の思いになってしまう。

これに気づいたら、すぐに引き返さねばならない。


世の終わりを望むことは、いましめの教訓である。

2017.7.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信じる者が受ける聖霊



テーマは「 信じる者が受ける聖霊 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章38~39節

◎関連聖句 ヨハネ20:21~22、使徒1:8、ヨハネ14:26

わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」 これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊はまだ注がれていなかったからである。 (ヨハネ7:38~39)

【 要 旨 】

私たちは聖霊を絶対に受けなければなりません。

聖霊は助け主であり、イエス様が命令されたことですから、守るべきなのです。

ヨハネ20:21~22では

イエスはもう一度、彼らに言われた。『平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。』そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。『聖霊を受けなさい。』
と書かれています。


信じる人の心の中には、聖霊が臨在し、心の奥から生ける川の水が流れるので、渇くことがなくなるからです。

聖霊なしでは、私たちは実を結ぶことも、命の道に入ることもできません。


イエス様が十字架にかかって死なれた時のペテロたちのように、自分の言った言葉さえ守れないで、イエスは知らないなどと言いかねません。

また、伝道する時も聖霊なしでは、実を結ぶことは難しいでしょう。


聖霊を求めるには、油注ぎをお願いするなどの祈りをすることが肝要で、与えられるまで感謝の心で祈ることが大切です。


神を信じた時に、聖霊を受けることが最も望ましいことで、神の力が働くと、油注ぎが生じ、聖霊に満たされます。


一つのことを学んだら、その一つのことを実行するという神の命令通り聖霊を求めると、御霊に満たされます。


そして地の果てまで主の証人となって、力ある信仰生活を送ることができるのです。

2017.1.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神が要求する信仰



テーマは「 神が要求する信仰 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 20章30~31節

◎関連聖句 ヨハネ5:39、ヨブ17:19

この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。(ヨハネ20:30~31)

【 要 旨 】

ヨハネの福音書には、水が酒に変わったとか、ラザロが生き返ったとか、水の上を歩いたとかの多くのしるしを、弟子たちの前でみせている。

それは信仰をもって聖書を読むことを、我々に教えるためである。


信仰をもっていないと聖書が教える啓示は理解できない。


あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書がわたしについて証言しているのです。
とヨハネ5:39で言われている。


聖書の目的は、信仰をもって神を知る。

そして神を喜ばせることに尽きる。


神が要求する信仰は、次のようなことを信じることである。


① 創造の啓示……人は霊的存在、霊のいのちは永遠

② 人間は罪人……肉の欲を神は救いたい

③ イエスの血……救いの啓示、血はいのち

④ 血を清める……イエスの流した血で神を信じる

⑤ 聖霊を信じる……日々聖霊に頼る→真理を悟る

⑥ 終末の啓示……再臨を信じる。信じないと対応できない


2016.10.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

真の弟子パウロの人生目標



テーマは「 真の弟子パウロの人生目標 」です


◎基調聖句 使徒の働き 21章10~15節

◎関連聖句 使徒21:4、ルカ9:51、ヨハネ16:24、ルカ14:26~27、使徒20:22~24、ルカ14:26~27

私たちはこれを聞いて、土地の人たちといっしょになって、パウロに、エルサレムには上らないよう頼んだ。 するとパウロは、「あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は、主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりでなく、死ぬことさえも覚悟しています」と答えた。(使徒21:12~13)

【 要 旨 】

真の弟子は皆、聖霊に満たされていた。

しかし、神の計画であれば、苦しみの道もある。


パウロは苦難の道を上るのが、神の御心と考えていた。

人間的な思いでは、真の人生目標に到達はしない。


使徒21:13には

するとパウロは、あなたがたは、泣いたり、私の心をくじいたりして、いったい何をしているのですか。私は主イエスの御名のためなら、エルサレムで縛られることばかりではなく、死ぬことさえも覚悟しています。
と引き止めようとする者に答えている。


私たちも人生目標は、イエス様といつまでも共にいることである。

そしてイエス様のあとを親密に歩むことである。


イエス様は、私たちのために命を捧げてくれたのであるから。

ルカ14:26~27にはそのことが、はっきりと書かれている。


パウロは苦しみの中でも神に文句を言わなかったのは、脇道にそれることのない目標を神に置いたからである。

主のために生き、主のために死ねる。

そして永遠の命に生きるという人生に照準を当てている。


私たちも、この世の多くの誘惑から外れて、残り少ない人生を正しく歩みたいものである。

2016.8.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ