すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

聖書

どんな心を持つべきなのか



テーマは「 どんな心を持つべきなのか 」です


【第1ペテロ3章3-4節】

あなたがたは、髪を編んだり、金の飾りをつけたり、着物を着飾るような外面的なものでなく、

むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。

「心の中の隠れた人柄を飾りにしなさい」と言われました。

本当に美しい人は 外見ではなく、心が美しい人です。


「人はうわべを見るが、主は心を見る。」と書いてあるように、人の目を意識して生きる人は日々、外見をよく見せようと努力します。


しかし主の目を意識する人は、自分の心が気になって心を飾ることに努力します。


自分の心は自分がよく知っていると思います。

美しく整えられた綺麗な心なのか、それとも雑草だらけの荒地のような心なのか。


どのような心が主の目には美しく飾られた心でしょうか?

柔和で穏やかであることは温かい心であることがわかります。


ゆとりある心、愛のある心、譲歩する心、正直な心、きれいな心、理解ある心、明るい心、信頼する心、感謝する心、自制ある心は聖書でいう良い心で美しい心です。


心は行動を生み、行動は習慣を、習慣はその人の運命を決めます。


ただ単に神が見るから心を飾るのではなく、自分の運命を良いものにするためにも心の中に隠れた人柄を飾ることを勧めます。


【ヘブル10章22節】

そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。


2019.5.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

イエス様の苦悩



テーマは「 イエス様の苦悩 」です


【マタイの福音書26章36-41節】

それからイエスは弟子たちといっしょにゲツセマネという所に来て、彼らに言われた。「わたしがあそこに行って祈っている間、ここにすわっていなさい。」

それから、ペテロとゼベダイの子ふたりとをいっしょに連れて行かれたが、イエスは悲しみもだえ始められた。

そのとき、イエスは彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、わたしといっしょに目をさましていなさい。」

それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」

それから、イエスは弟子たちのところに戻って来て、彼らの眠っているのを見つけ、ペテロに言われた。「あなたがたは、そんなに、一時間でも、わたしといっしょに目をさましていることができなかったのか。

誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。」

誰もが平安な死を願います。


悲惨な死を迎えると誰かに言われたら生きることも辛いですし、死ぬこともすごく怖いと思います。

知らないから平安を保っているかも知れません。



残念ながらイエス様は自分が悲惨な死を迎えることを知っていました。


それがある意味、大きなストレスになってその日が来た時にはすごく辛かったと思います。


一度も弱音を吐いたことのない主でしたが、初めて弟子たちに心のうちを話しました。

「私は悲しみのあまり死ぬほどです。」


イエス様がそこまで言われた理由は、肉体のことよりも父なる神に呪われることと、捨てられることでした。

これほどイエス様にとって辛いことはありませんでした。


主の苦悩には色々ありますが、苦悩の中身が聖書に出てきます。


【ガラテヤ3章13節】

キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。

【マタイの福音書27章46節】

三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。


・犯罪者扱いを受ける (マタイの福音書27章38節)

そのとき、イエスといっしょに、ふたりの強盗が、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけられた。

・銀貨30枚で売られる (マタイの福音書26章15節)

こう言った。「彼をあなたがたに売るとしたら、いったいいくらくれますか。」すると、彼らは銀貨三十枚を彼に支払った。

・弟子たちの裏切り (マタイの福音書26章14-16節)

そのとき、十二弟子のひとりで、イスカリオテ・ユダという者が、祭司長たちのところへ行って、

こう言った。「彼をあなたがたに売るとしたら、いったいいくらくれますか。」すると、彼らは銀貨三十枚を彼に支払った。

そのときから、彼はイエスを引き渡す機会をねらっていた。

・偽りの証人たちに告訴される (マタイの福音書26章60節)

偽証者がたくさん出て来たが、証拠はつかめなかった。しかし、最後にふたりの者が進み出て、

・多くの人々から侮辱され、悪口を言われた (ルカの福音書23章35-39節)

民衆はそばに立ってながめていた。指導者たちもあざ笑って言った。「あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。」

兵士たちもイエスをあざけり、そばに寄って来て、酸いぶどう酒を差し出し、

「ユダヤ人の王なら、自分を救え」と言った。

「これはユダヤ人の王」と書いた札もイエスの頭上に掲げてあった。

十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え」と言った。

・人々から苦しみを受け捨てられる (ルカの福音書17章25節)

しかし、人の子はまず、多くの苦しみを受け、この時代に捨てられなければなりません。

・十字架にかけられる (マタイの福音書27章35節)

こうして、イエスを十字架につけてから、彼らはくじを引いて、イエスの着物を分け、


次から次へとこのような苦しみを受けることを知っていたので、イエス様の悲しみと苦しみは死ぬほど辛かったと思います。


耐え堅い苦しみを 主は罪人を救うために受けました。


私たちが滅ぼされないように、永遠の死を迎えないように、主が私たちの代わりにすべての苦しみをその身に受けました。


私たちは何をもって主に答えることが出来るでしょうか。


2019.4.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主にある新しい人



テーマは「 主にある新しい人 」です


【第2コリント5章17節】

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

新しい人がいるならば古い人がいます。

古い人はキリストを信じる前の姿です。


救われていないすべての人間は古い人と呼ばれます。


生まれながらの人、肉によって生きる人、罪と闇の中で生きる人、そして最後は永遠の死を迎える人が古い人の特徴です。


主にある “ 新しい人 ” とはどんな特徴がありますか?


救われた人、すなわち罪赦された人です。


自らの罪によって、神のさばきを受け、永遠の死と刑罰を受けなければならない人が、イエス・キリストが自分の罪のために十字架にかかって自分の代わりに死んだことを心から信じたことで神はその人の罪を赦します。



罪が赦されたことは無罪宣言を受けたことを意味します。

ですから神の裁きの時に、神はイエス・キリストを信じるその人に同じく無罪を宣言して、罪の刑罰を受けずに済むようにして下さいます。


裁判所で有罪判決を受ける人と、無罪判決を受ける人を想像してみて下さい。


主の中にいる新しい人は無罪判決を受けた人です。


また、次のような神の子どもになる特権を受けます。

以前はサタンの子でしたが、主に立ち返ったことで神の子どもになりました。


【ヨハネの福音書1章12節】

しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。

そして主にある新しい人には聖霊が注がれます。


【ヨハネの福音書7章38-39節】

わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」

これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊はまだ注がれていなかったからである。

イエス様は信じてついて来る人々を一人にさせないために慰め主、助け主、聖霊様を遣わして下さいました。


このように主にある新しい人は身分が変わるだけでなく、特別な祝福も主にあって受けます。


2019.3.31
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神の約束



テーマは「 神の約束 」です


【第2コリント7章1節】

愛する者たち。私たちはこのような約束を与えられているのですから、いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで聖きを全うしようではありませんか。

神の約束を信じますか。


神の約束に対してどんな思いがありますか。

神の約束がどれほどあるか知っていますか。


また自分とどんな関係があるかを知っていますか。

神の約束に対して考えてみましょう。




神は約束に誠実な方なのか




聖書には神からの約束が多いです。


神のことばを誰よりも早く受けた選民・イスラエルで苦しい生活が長く続いた時、彼らは神の約束を疑いました。


【詩篇77編8節】

主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。

このように、神は約束を果たさない方でしょうか。


これに対して問題の解決に導くことばがあります。


【詩篇77編11-12節】

私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。

私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを静かに考えよう。

振り返ってみると神は約束に真実な方でした。


約束を信じないで、疑ったことがあらゆる問題の原因でありました。

そこから様々な罪や反逆が起こりました。


神は約束に対してもどんな時にも真実な方です。




神が約束を成就する時




多くのクリスチャンが神の約束に対して一番つまずくのが、“神の時”です。


自分が考える時と神の時は同じではないです。


神の時を聞かないで勝手につまずくクリスチャンが多いですね。

待つことが無理だと思って待ちません。

約束も信じません。


忍耐出来ず神に文句を言います。

腹が立つと神を非難します。


再臨に対しても、この “時” を巡って つまずいた人が多いです。

しかし主は定めた時に必ず来られます。


私たちは、神の思いをはかり知ることが難しいです。


ですから信じて、先走った考えを捨て、神の時を待たなければなりません。




神の約束の祝福を受けるためには




神の約束を、絵に描いた餅と考えてはいけないです。


それは信じる人々に神が実際に与える祝福です。

しかし神の約束には多くの部分で条件付きです。


それを知らないと、またつまずきます。

その条件とは神への従順です。


“神が語ることばに従順するならば” と言われてあります。


いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで、神への信仰をもって神に反応していく時に、神の時に神はみわざを現わして下さいます。


神の約束には慰め、励まし、希望、力を与える目的があります。

その目的を深く考えて、神の真実を信じて神に献身するならば、神の祝福の約束を受ける者になります。


2018.11.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

再臨の時期



テーマは「 再臨の時期 」です


◎基調聖句 第一テサロニケ5:1~4

兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。人々が「平和だ。安全だ。」と言っているそのような時に、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決して出来ません。しかし兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。

【 要 旨 】

再臨の時期に対しては正確な日は教えられてないですが、前兆に対しては色々と教えて下さいました。

それはいつも私たちが目を覚まして、再臨を準備してほしいという主の御心があります。


再臨の時期についてはこのように聖書で語られてあります。



  1. ① 稲妻がひらめくように来る(マタイの福音書24:27)

  2. ② ノアの洪水の日のように来る(マタイの福音書24:37~39)

  3. ③ どろぼうが夜中にこっそりと侵入するように来る(マタイの福音書24:43~44)

  4. ④ 眠っている時に来る(マタイの福音書25:1~12)

  5. ⑤ 思いがけない時に来る(ルカの福音書12:40)

  6. ⑥ 妊婦に産みの苦しみが臨むように来る(第一テサロニケ5:3)

  7. ⑦ 暗闇の中にいない聖徒には盗人のようには来ない(第一テサロニケ5:4)

2018.6.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ