すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

聖書

御国を相続出来ない人



テーマは「 御国を相続出来ない人 」です


【第1コリント6章8-11節】

ところが、それどころか、あなたがたは、不正を行う、だまし取る、しかもそのようなことを兄弟に対してしているのです。

あなたがたは、正しくない者は神の国を相続できないことを、知らないのですか。だまされてはいけません。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、

盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者はみな、神の国を相続することができません。

あなたがたの中のある人たちは以前はそのような者でした。しかし、主イエス・キリストの御名と私たちの神の御霊によって、あなたがたは洗われ、聖なる者とされ、義と認められたのです。

聖書は自分に都合の良いように解釈してもいけないし、また人に教えてもいけないです。


口先だけの信仰告白や洗礼だけで、皆が神の国に入ることはありません。



神の御国は聖なる場所、神の臨在がある場所、光の場所なので、汚れた者、悪い者、正しくない者が土足で入るようなところではないです。

神はそのような人たちを決して御国には入らせません。


聖書にすでに書いてあるので、御国を相続出来ない者が誰なのかを知らないといけないです。



イエス様よりも世を愛する人、人権を神のことばより大切だと思う人、肉体の快楽を魂よりも愛する者は御国にふさわしくないです。


次のような罪を犯す人は御国を相続できません。




性的な罪を犯す人




不品行な者、姦淫をする者、男娼する者、男色する者、肉体の快楽に更けているもの、神の摂理に反する性的なことをする人




宗教的な罪を犯す人




偶像崇拝する者、まことの神を信じず、神ではないものを神として信じる者




道徳的な罪を犯す人




盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者






すなわち、神のことばや命令に反することを平気に行う者が 相続出来る御国はありません。


イエス様の贖いによって救われた人は、罪が洗われた状態を保ちながら、ますます聖なる者にならないといけないです。


それが御国を相続する人の姿です。


2021.3.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主のしもべヨブ



テーマは「 主のしもべヨブ 」です


【ヨブ記42章7-9節】

さて、主がこれらのことばをヨブに語られて後、主はテマン人エリファズに仰せられた。「わたしの怒りはあなたとあなたのふたりの友に向かって燃える。それは、あなたがたがわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったからだ。

今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」

テマン人エリファズと、シュアハ人ビルダデと、ナアマ人ツォファルが行って、主の彼らに命じたようにすると、主はヨブの祈りを受け入れられた。


神様が聖書の中でわたしのしもべだと名指した人は少ないです。


自分を神のしもべだと言う人は多いですが、神から言われた人は少なかったです。


もちろん神が言わなくても、しもべとして認めた人たちも多いですが、わざわざ神から言われた人たちは神から特別に愛された人たちでした。



彼らは神と共に歩み、神を恐れ、全き信仰を持って正しく歩んだ義人たちでした。

しもべであっても信仰のレベルが違いました。


ヨブは特別なしもべでした。



ヨブの友たちに対しては、しもべとは呼ばなかったです。

ヨブは神をよく知って話しましたが、ヨブの友達は神のことを自分ではよく知っていると思ってヨブにあれこれ教えようとしましたが、そこには間違いが多かったです。



ですから神が直接彼らに現われ、彼らがヨブを傷つけたことを指摘し、ヨブの所に全焼のいけにえを持っていくようにしました。

ヨブが彼らの罪のためにとりなしをするならば、その祈りを聞き入れると主が語りました。


偽りのことばで真実を曲げることは罪です。



ヨブは友達のためにとりなしの祈りをしました。

それによって三人の友の罪は赦されました。


ヨブはすでに厳しい信仰のテストに合格した信仰の人でしたので、神はヨブのことを愛し、義人と認め、しもべとして認めました。



彼は口先だけで主に仕えた者ではなく、心を尽くし、力を尽くして神を信じ、御心に従って歩みました。


主のしもべはどんな時にも主を第一にして生きる人です。


その人たちはヨブのように神の特別な愛を受けます。


2021.3.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ノアの信仰の段階



テーマは「 ノアの信仰の段階 」です


【へブル11章7節】

『信仰によって、ノアは、まだ見ていない事がらについて神から警告を受けたとき、恐れかしこんで、その家族の救いのために箱舟を造り、その箱舟によって、世の罪を定め、信仰による義を相続する者となりました。

長い歴史の中で、世界が滅びたのは一回でした。

昔のことなので、今それを経験した人は誰もいないです。


そしてもう一度、世界が滅びることが予定されてあります。

もしかしたら今生きている人の中でそれを経験する人がいるかも知れないです。



ノアの時代も多くの人が地上にいました。

しかし生き残ったのはノアの家族8人だけでした。


神は、ノアとその家族に特別な恵みを注いで下さいました。


なぜ神の特別な恵みを受け、みんなが死んだ時に生存することが出来たでしょうか。



まずは彼が神を恐れていたからです。

すなわち神を神として崇め、神を信じていたからです。


他の人たちは神を神として崇めることをせず、きっと偶像崇拝していたと思います。

みんな自分勝手に罪を楽しみながら生きていました。



神が見た時に、全世界は暴虐で満ちていたと聖書は記録してあります。


神は悪の世界を滅ぼす計画をもって、ノアに注意警告を与えました。


それと共に箱舟を造るように命じました。

箱舟の設計図も主が教えました。


【創世記6章13-14節】

そこで、神はノアに仰せられた。「すべての肉なるものの終わりが、わたしの前に来ている。地は、彼らのゆえに、暴虐で満ちているからだ。それで今わたしは、彼らを地とともに滅ぼそうとしている。

あなたは自分のために、ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい。

ノアは箱舟を設計図通りに造りました。


その後に神のことば通りに大洪水が起こりました。

大洪水で世界はどうなったでしょうか。


【創世記7章22節】

いのちの息を吹き込まれたもので、かわいた地の上にいたものはみな死んだ。

箱舟に入ったノアの家族8人だけが残りました。


神はまたノアの家族を通して、子孫がたくさん増えるようにして下さいました。

私たちはノアの子孫たちです。


ノアへの評価は義を相続する者であり、箱舟によって世の罪を定めました。



神は今の時代にも同じ警告を与えています。



私たちが助かる箱舟はイエス・キリストの救いの箱舟です。


そこに入るならば助かります。

主はそこに入るように招いておられます。


2020.11.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖書を正しく読む



テーマは「 聖書を正しく読む 」です


【第2テモテ3章16-17節】

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。

それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。

世界一売れた本としてギネスに登録された本は、聖書です。


今も一年間に6億冊発行されていて、どの本も聖書を超えることは出来ないです。


クリスチャンは当然 聖書を読みますが、他の人たちは色んな理由で聖書を読むと思います。


今日は聖書を正しく読む方法に対して話します。



聖書は人間の考えや思想によって書かれたものではなく、神の霊感によって書かれた本です。

聖書のことばは真理です。


ある人たちは聖書を非難するために聖書を読みますが、聖書の真価を知っている人は聖書を正しく読みます。



聖書の正しい読み方を紹介します。




神を知るために




神の霊感によって書かれた聖書は、一番神のことを私たちに知らせています。


私たちはわずかしか神を知らないので、神をもっと知るために聖書を読みます。




神のみこころを分別するため




様々な選択をする時、何よりも神のみこころを知って選択するならば後悔がないです。


聖書には神のみこころが詰まってありますし、導きを求める時に聖霊様がみことばを通してみこころを教えて下さいます。

聖書には行動の基準になる神のみこころがあります。




敬虔になるために




聖書は私たちの生き方に影響を与えます。


神のことばによる矯正と義の訓練によって 私たちは変わり、敬虔な者になれます。




自分を守るために




エペソ6章には戦いのための、神の武具がありますが、そこで唯一攻撃の武器が “神のことば” です。


神のことばを知ることで、サタンや異端の攻撃から自分を守ることが出来ます。




聖書のことばは祈りの燃料です




神の約束のことばは、祈りを強くする力があります。


約束に真実な神は、私たちが神のことばで祈る時に答えて下さいます。



祈りが弱くなった時もみことばを握って祈るならば、祈りに火がつきます。


このように正しく聖書を読むならば、神の良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者になれます。


2020.10.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰がさらに成長するためには



テーマは「 信仰がさらに成長するためには 」です


【第2テサロニケ1章3-4節】

兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。

それゆえ私たちは、神の諸教会の間で、あなたがたがすべての迫害と患難とに耐えながらその従順と信仰とを保っていることを、誇りとしています。

みなさんは信仰の成長を願っていますか?


「私は信仰がないです」というクリスチャンもいます。

謙遜なことばに聞こえますか?


信仰がないことは大変なことです。

救われていないこと、いのちがないことを意味しますのでぜひ信仰ある人になって下さい。


【ヘブル11章6節】

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。

このように言われてあるので、私たちは信仰ある者になって神を喜ばせる者になることです。



信仰にも色々あるので、私たちは信仰がさらに成長するように励まないといけないです。


信仰が弱いと、それもとても危険ですから、揺るがない強い信仰を持たないといけないです。


どのようにしたら信仰をさらに成長させることが出来るかを語ります。

聖書にはすべての答えがあります。




神のことばをよく聞くこと




信仰はいつから始まりましたか。


信仰を持って生まれる人は誰もいません。

人間はサタンの支配を受けながら生まれます。


ですから信仰を持つためには必ず主に出会わないといけないです。

どのように主に出会いますか?


【ローマ10章17節】

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

すなわちキリストについてのみことばを聞いて、キリストに出会い、そのことばに従う時から信仰が始まります。



ですから、みことばによって始まった信仰を成長させるには、さらにみことばを良く聞いて、みことばに従うことです。


心を開いて、みことばを植えるならば、みことばが成長し、豊かに実を結ぶことが出来ます。




神の恵みを慕い求めること




幼子は絶えず両親に頼りながら必要なものを求めます。

乳を求め、日々必要なものを求めます。


それと同じく私たちも神に必要な恵みを求めないといけないです。


【ヘブル4章16節】

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

神からの恵みを体験すると信仰も成長していきます。


生きておられる神を体験して、信仰が成長しない人はあまりいないです。

恵みを体験することは必要です。




聖霊に満たされると信仰は成長する




【使徒の働き1章8節】

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

聖霊を受ける前は信仰の薄い者であった弟子たちが、聖霊を受けた後は 信仰が成長して勇気ある者、謙遜な者、真理の人になり、成熟した姿を見せました。



信仰が成長すると患難も迫害も乗り越えることが出来ます。


2020.5.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ