すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

聖徒

主が覚えておられる



テーマは「 主が覚えておられる 」です


◎基調聖句 詩編105:8

主はご自分の契約をとこしえに覚えておられる。お命じになったみことばは千代にも及ぶ。

【 要 旨 】

人間の記憶力は本当にいい加減なものですが、主の記憶力は驚異的なものです。

人間は辛かった記憶はいつまでも覚えているのに、他のことに対しては本当にあいまいで、忘れて全く覚えてないこともあります。


主が覚えておられることは私たちにとっては大きな恵みです。

主が心に留めて覚えておられることを聖書から調べます。




主の民と結んだ契約を覚えておられます




創世記15章には信仰の先祖アブラハムと結んだ契約があります。

この契約はアブラハムに限らず、主を信じる者に対する契約でもあります。


現実的な祝福、霊的祝福を与える内容が契約の中にありました。

その中には後に奴隷にされて苦しむヘブル人を約束の地に連れ戻す約束もありました。


アブラハムがなくなった後も主は契約を覚えておられました


出エジプト記2:24
神は彼らの嘆きを聞かれ、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。

契約を覚え、ヘブル民族を約束の地に導いた主は真実な方です。

主のことばを聞いて信じているクリスチャンは主が契約を覚えておられる真実な方なので、これから起こる様々なことに対しても大きな不安はありません。

主のことば通りになると信じています。


マタイの福音書24:35
この天地は滅び去ります。しかし私のことばは決して滅びることがありません。

もし主がみことばも契約も忘れるならば私たちの信仰はむなしいものになります。




選んだ民を覚えています




イザヤ書49:15~16
女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい女たちが忘れても、この私はあなたを忘れない。見よ。私は手のひらにあなたを刻んだ。



聖徒の祈りと施しは覚えられています




使徒の働き10:4
あなたの祈りと施しは神の前に立ち上がって覚えられています。



人間の弱さを覚えておられます




詩編78:38~39
しかし憐れみ深い神は、彼らの咎を赦して滅ぼさず、幾度も怒りを押さえ、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。神は彼らが肉に過ぎず、吹き去れば、返って来ない風であることを心に留めて下さった。

人間の弱さをいつも覚えておられるから、主の憐れみも尽きることがありません。

私の弱さを知り、むちを当てるのではなく、あわれんで下さる主をいつまでも愛します。


2018.8.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

キリストの花嫁



テーマは「 キリストの花嫁 」です


◎基調聖句 ヨハネの黙示録 19章6~9節

◎関連聖句 マタイ9:15、22:1~14、25:1~13、Ⅱコリント11:2、黙示録14:4、16:15

私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。 花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行いである。」 御使いは私に「小羊の婚宴に招かれた者は幸いだ、と書きなさい」と言い、また、「これは神の真実のことばです」と言った。(黙示録19:7~9)

【 要 旨 】

黙示録19章7~9節は、花婿はイエス・キリストであると、マタイの福音書9章15節、25章1~13節に示唆されている御言葉と符合する。


これは、神はすべての人間を救われることを望んでいたが、天の御国に入れる人は少ないと言うことである。


結婚式の準備が終わっている人は、神の栄光、喜び、輝きを伴って純潔を守った勝利者だけの特権と言えよう。


その日、その時を私たちは知らないので、いつでも目を覚ましていて、その準備を怠ってはならない。

私たちは聖書を学んでいくうちに、準備の仕方が分かって来る。


光輝いている花嫁とは、聖徒たちにふさわしい正しい行いをして、悪の道を歩まない者である。

私たちの魂は、罪と偶像崇拝で汚れている。


キリストの血によって聖くしてもらったならば、それは終生保つべきである。


黙示録16章15節には

わたしは盗人のように来る。目を覚まして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである。
と書かれている。


神の備えた住まいで永遠に正しい行いをして、イエスだけを愛する花嫁をめざしたい。

2017.5.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ