すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

失敗の原因は何か



テーマは「 失敗の原因は何か 」です


【ヨハネの福音書3章18節】

御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。

イエス様を救い主として信じた人は幸いな人です。

他のことがうまくいかなかった人でも イエス様を信じて救われた人ならば、その人は成功した人です。


幸いな人として成功したならば、その状態をずっと保ち続けないといけないです。

成功した後に失敗するならば、後の状態は前の状態よりもひどくなるからです。



イエス様は福音を伝える時に、明確に福音を語りました。

「御子を信じる者はさばかれない。信じない者はすでにさばかれている。」と。


信じるか信じないかの選択は人間に任されました。


もし その人が裁かれて失敗した人生になっても神の責任はないです。


失敗の原因をその本人が作ったからです。

最初から分かっていたのに、裁かれる道を選んだからです。



信じた人はこれから失敗の心配はしなくて良いでしょうか?


そうではないです。

いつでも失敗する確率が高いです。


一瞬でも心からイエス様を追い出して罪と仲良くするならば、罪の奴隷になり、罪は裁きを招きます。



罪から来る報酬は死です。

すなわち罪の中にとどまっているならば、死刑の宣告を受けます。


その状態になると何が出来ますか。



神は私たちを誘惑して罪を犯させることはありません。


私たちが失敗の原因を作るので失敗します。


救われた後に失敗しないためには、罪の衣を脱ぎ捨てて、光の衣を着なければなりません。



光の衣を着ているならば、光の道を歩みます。


主は光です。

主と共に歩むので、その人は幸いな人、勝利の人生を歩みます。



主は私たちが失敗者ではなく勝利者になることを願っています。


自分が選ぶことで どんな結果が出るのかを常に考えることが大切です。

失敗の原因を作らないことです。


2021.5.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

サタンの仲間



テーマは「 サタンの仲間 」です


【マタイの福音書23章33節】

おまえたち蛇ども、まむしのすえども。おまえたちは、ゲヘナの刑罰をどうしてのがれることができよう。

普段、謙遜で穏やかなイエス様が語った一番厳しいことばは これだと自分では思います。

誰に向かってこのような厳しいことを語ったでしょうか。


主は、人の心も行いもすべて見ておられるので間違った判断はしません。



蛇やまむしと言われるのは 主に属する者ではなく、サタンに属する者、すなわちサタンの仲間で、その者たちは地獄に行くとはっきり言われました。


サタンの仲間になっている人は、どのような人でしょうか?

ある人たちは自分がサタンの仲間になっていることも知らないです。




敬虔な者のように見せる偽善の宗教家たち




そこには宗教指導者、にせ預言者、にせ教師、名ばかりのクリスチャンも含まれています。

敬虔を利得の手段と考えている貪欲な者がいます。


主は、彼らを犬ども、偽善者、金を愛する者とも言われました。



また、この世を神ではなく、自分たちの力で支配出来ると思っている世界の支配者たち、グローバリスト、ビック・テック、大金持ちたちです。

この者たちは高慢で、今バベルの塔を建てている者たちです。


神の栄光ではなく、人の栄光を求めています。


また神を愛するよりは、この世をもっと愛し、神のことばより、この世のことばに耳を傾け、それに従う者たちです。



神の働きを妨害し、教会や信徒たちを迫害する者たちはサタンの仲間です。


最後まで罪を悔い改めず、熱心に偶像崇拝しながらサタンに仕える者たちは 神の仲間ではなく、サタンの仲間です。



サタンは、今もこのような人たちを支配しながら、自分のやりたいことをやっています。

そして永遠の滅びであるゲヘナに陥れます。


サタンの仲間にはゲヘナの刑罰しかないです。


2021.4.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

御国を相続出来ない人



テーマは「 御国を相続出来ない人 」です


【第1コリント6章8-11節】

ところが、それどころか、あなたがたは、不正を行う、だまし取る、しかもそのようなことを兄弟に対してしているのです。

あなたがたは、正しくない者は神の国を相続できないことを、知らないのですか。だまされてはいけません。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、

盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者はみな、神の国を相続することができません。

あなたがたの中のある人たちは以前はそのような者でした。しかし、主イエス・キリストの御名と私たちの神の御霊によって、あなたがたは洗われ、聖なる者とされ、義と認められたのです。

聖書は自分に都合の良いように解釈してもいけないし、また人に教えてもいけないです。


口先だけの信仰告白や洗礼だけで、皆が神の国に入ることはありません。



神の御国は聖なる場所、神の臨在がある場所、光の場所なので、汚れた者、悪い者、正しくない者が土足で入るようなところではないです。

神はそのような人たちを決して御国には入らせません。


聖書にすでに書いてあるので、御国を相続出来ない者が誰なのかを知らないといけないです。



イエス様よりも世を愛する人、人権を神のことばより大切だと思う人、肉体の快楽を魂よりも愛する者は御国にふさわしくないです。


次のような罪を犯す人は御国を相続できません。




性的な罪を犯す人




不品行な者、姦淫をする者、男娼する者、男色する者、肉体の快楽に更けているもの、神の摂理に反する性的なことをする人




宗教的な罪を犯す人




偶像崇拝する者、まことの神を信じず、神ではないものを神として信じる者




道徳的な罪を犯す人




盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者






すなわち、神のことばや命令に反することを平気に行う者が 相続出来る御国はありません。


イエス様の贖いによって救われた人は、罪が洗われた状態を保ちながら、ますます聖なる者にならないといけないです。


それが御国を相続する人の姿です。


2021.3.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主のしもべヨブ



テーマは「 主のしもべヨブ 」です


【ヨブ記42章7-9節】

さて、主がこれらのことばをヨブに語られて後、主はテマン人エリファズに仰せられた。「わたしの怒りはあなたとあなたのふたりの友に向かって燃える。それは、あなたがたがわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったからだ。

今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」

テマン人エリファズと、シュアハ人ビルダデと、ナアマ人ツォファルが行って、主の彼らに命じたようにすると、主はヨブの祈りを受け入れられた。


神様が聖書の中でわたしのしもべだと名指した人は少ないです。


自分を神のしもべだと言う人は多いですが、神から言われた人は少なかったです。


もちろん神が言わなくても、しもべとして認めた人たちも多いですが、わざわざ神から言われた人たちは神から特別に愛された人たちでした。



彼らは神と共に歩み、神を恐れ、全き信仰を持って正しく歩んだ義人たちでした。

しもべであっても信仰のレベルが違いました。


ヨブは特別なしもべでした。



ヨブの友たちに対しては、しもべとは呼ばなかったです。

ヨブは神をよく知って話しましたが、ヨブの友達は神のことを自分ではよく知っていると思ってヨブにあれこれ教えようとしましたが、そこには間違いが多かったです。



ですから神が直接彼らに現われ、彼らがヨブを傷つけたことを指摘し、ヨブの所に全焼のいけにえを持っていくようにしました。

ヨブが彼らの罪のためにとりなしをするならば、その祈りを聞き入れると主が語りました。


偽りのことばで真実を曲げることは罪です。



ヨブは友達のためにとりなしの祈りをしました。

それによって三人の友の罪は赦されました。


ヨブはすでに厳しい信仰のテストに合格した信仰の人でしたので、神はヨブのことを愛し、義人と認め、しもべとして認めました。



彼は口先だけで主に仕えた者ではなく、心を尽くし、力を尽くして神を信じ、御心に従って歩みました。


主のしもべはどんな時にも主を第一にして生きる人です。


その人たちはヨブのように神の特別な愛を受けます。


2021.3.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

栄光を取り戻す主



テーマは「 栄光を取り戻す主 」です


【エゼキエル書36章22-23節】

それゆえ、イスラエルの家に言え。神である主はこう仰せられる。イスラエルの家よ。わたしが事を行うのは、あなたがたのためではなく、あなたがたが行った諸国の民の間であなたがたが汚した、わたしの聖なる名のためである。

わたしは、諸国の民の間で汚され、あなたがたが彼らの間で汚したわたしの偉大な名の聖なることを示す。わたしが彼らの目の前であなたがたのうちにわたしの聖なることを示すとき、諸国の民は、わたしが主であることを知ろう。──神である主の御告げ──


子どもたちが悪いことをすると 親が恥を受け、親の名が汚されてしまいます。


神の子どもがみことばから離れて悪いことをするならば 神が恥を受け、神の聖なる名は汚されてしまいます。



救われた人は世の光と塩であると言われました。

光を失い、塩気をなくすと人々に踏まれます。


そして自分だけが恥を受けるのではなく、私たちが信じる神が恥を受け、神の名が汚されてしまいます。



神はご自分の名が汚されることに黙っておられないです。


神の選民イスラエルが神に罪を犯し、神の名を汚した時に、神は彼らに厳しい裁きを行いました。


しかし後に彼らを回復させました。

その理由は 彼らが良いことをしたからではなく、彼らによって汚された神の名を聖なる名に取り戻し、神の栄光を取り戻すためでした。



聖徒たちは神の栄光をいつも現わしていかなければならないです。


そのために救われたからです。


【マタイの福音書5章16節】

このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。


今年は自分にある光が輝くように良いことをたくさんしましょう。


良い報いを受ける目的ではなく、神の名が崇められる目的でしましょう。


神が偉大な方であることを伝えるために そのようにしましょう。


2021.1.31
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ