すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

神に近づく



テーマは「 神に近づく 」です


◎基調聖句 詩篇 73篇28節

◎関連聖句 ヤコブの手紙 4章8節

しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。(詩篇73:28)

【 要 旨 】

世の中で最高の恵みは、神と共にいることです。

私(ヘス牧師)の願う人物は、300年もの間、神と共に歩み、生きたまま天に引き上げられたエノクです。


私たちはひもすがら、神のことを思い、喜んで共に歩いているでしょうか。

忙しいと言っては、怠けていることが多いのではありませんか。


ヤコブ4:8では

神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたに近づいてくれます。
と言われているではありませんか。


何故、私たちは、常に神と共に歩めないのでしょうか。

それは、問題が生じた時、絶望感に襲われた時、誰の側にいたかということに尽きます。


その時、神しかいない。

神から慰めを得たいと感じれば、神の臨在を感じるはずです。


聖霊の導きをいただいて、へりくだって、祈ることです。

そうすれば、心が清くなり、健全な生活ができて、神に近づくことができます。


大切なことは、神に栄光を捧げる気持ちを持つことです。

喜びをもって静かに待ち望むことです。


イエス様は荒野へ出て行って、神の臨在を感じ取ったようです。

私たちもイエス様に倣って、教会で共に礼拝して、喜びをもって静かに待ち望む。


すなわち聖なる者を目指して、聖書を毎日読んで、祈るならば、共に歩めるでしょう。


毎日、教会に行きたいと言う気持ちで、神に礼拝を捧げ、真剣に祈るなら、アダムとエバのような罪を犯さず、エノクのように神に近づくことができます。

神様はそれを待っておられます。

2017.9.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

苛立ちと怒り



テーマは「 苛立ちと怒り 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 15章12節

そのとき、弟子たちが、近寄って来て、イエスに言った。「パリサイ人が、みことばを聞いて、腹を立てたのをご存じですか。」(マタイ15:12) 要 旨

【 要 旨 】

自分の思うままにしようとする場合、人間の持っている愚かさの最たるものは、苛立ちと怒りである。


特に親しい者とともにいる時、期待と異なる言葉が出てくると腹を立てる。


「聖書は、このようには書かれていない」と言っても「そんなことはできない」と苛立つ者が多い。

これが日常に頻繁に現れると、人間関係を壊し、感情が罪を起こし、平安が損なわれ、喜びの会話がなくなる。


奥様を奴隷と思っているような世の愚鈍な亭主は、怒りの言葉で暴力的に妻を叱る。

叱られた妻も苛立ちでやさしい言葉が出て来ず、家庭の中の平安が失われる。

ねぎらいの言葉もなく、馬鹿者と怒鳴り、勝手な言葉を投げつける旦那には耐えられなくなって、うつ病になったり、自殺する妻もいる。

また、子供の成長にも悪影響を与える。


神の御心は、平安と喜びの愛のムチで、人間を良い道に導くことである。

この神の御心に従わない自我、すなわち自分の思いのみという考えは捨てなければならない。


これは背後にいるサタンの仕業ではあるが、愛の交わりは破壊されてしまう。


自分が正しい者であるという考えは、神の栄光の働く余地はない。


苛立ちと怒りをなくするには、訓練がいる。

まず苛立ちの罪を認識して、イエスの血潮で直して下さいと従順に悔い改めることである。


そして、私たちの心が平安であるように神様に祈ることである。


2017.7.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

目を覚ましてすべきことNo2



テーマは「 目を覚ましてすべきことNo2 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 5章14~21節

◎関連聖句 ローマ13:12、エペソ5:16、Ⅰコリント15:34、Ⅰペテロ5:8~9

いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。 キリストを恐れ尊んで、互いに従いなさい。(エペソ5:20~21)

【 要 旨 】

前回のNo1は、神に対して目を覚ますべきことの話であったが、今回は自分に対して、何をすべきかについて述べる。


それは、イエス・キリストが、今日再臨しても、天国に行けるように、絶望・後悔しないように準備を怠らず、信仰を守り通すことである。


その日は盗人のように突然来るから、罪から離れて、主に立ち返っていないと、取り残されることになる。


この悪い時代は、この世が終わりに近いことを暗示している。

であるから、目を覚ましていて、敵対する者に負けないように攻撃し、光の中を歩むことに励まなければならない。


闇の中の、罪に満ちた肉欲に陥らないようにしよう。


米国では、最近特にマリファナ(麻薬)の臭いが酷く、同性愛者も多くなっている。

霊の目を開いていないと、神の喜ぶ良い生活を、一生することは難しい。


Ⅰコリント15:34には

目を覚まして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人がいます。私はあなたがたを、はずかしめるために、こう言うのです
とパウロは書いている。

悪魔は神に勝てないので、我々に狙いをつけている。

眠っていると悪魔の奴隷になる。


信仰の上に堅く立って、目を覚まして、やるべきことを実行する。


機会を十分に生かすのは、常に目を覚ましていて、霊の目を開けることである。

2017.6.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

悔い改めこそ大掃除



テーマは「 悔い改めこそ大掃除 」です


◎基調聖句 ヨハネの手紙第一 1章8~10節

もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。 もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。(Ⅰヨハネ1:8~9)

【 要 旨 】

年末には皆さん、大掃除をしたいと思っていることでしょう。

しかし、クリスチャンは、世の人とは違って、罪に対して、悔い改めの大掃除をしなければなりません。


神様は潔くて、美しいものがお好きですから、罪があれば、神様と断絶になります。

罪は死と滅亡をもたらすものですから。


最後の晩餐の時、イエス様は12人の弟子の足を洗って下さいました。

これは儀式であって、足以外は全身潔い(但しイスカリオテのユダ以外)とおっしゃいました。


御言葉に、いつも対峙しているのだから、わたしが潔めるという罪の意味は、分かるでしょうともおっしゃいました。


しかし、悔い改めがないと、ユダのように罪を犯すクリスチャンは多いのですとも言われました。


心の中の罪は傲慢で、不平・不満・憎しみ・貪欲という肉の思いがあって、悪い実を結ぶのです。

罪のある人の身体からは、ゴミの臭いや、虫が出ます。


心の中を掃除して、聖霊充満の受け入れ準備をしましょう。


神は潔めを用意して下さっているのですから、新しい年に向かって、大胆に悔い改めの大掃除を毎日、毎日実行しましょう。

2016.12.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒が逆戻りしてはならない理由No2



テーマは「 聖徒が逆戻りしてはならない理由No2 」です


◎基調聖句 ガラテヤ人への手紙 4章8~11節

◎関連聖句 Ⅰサムエル12:20-21、Ⅰ列王記2:6-7、ルカ12:15-26、Ⅰペテロ2:22

しかし、神を知らなかった当時、あなたがたは本来は神でない神々の奴隷でした。 ところが、今では神を知っているのに、いや、むしろ神に知られているのに、どうしてあの無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び新たにその奴隷になろうとするのですか。 あなたがたは、各種の日と月と季節と年とを守っています。 あなたがたのために私の労したことは、むだだったのではないか、と私はあなたがたのことを案じています。(ガラテヤ4:8~11)

【 要 旨 】

ガラテヤ書でパウロは

あなたがたは神に知られているのに、無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び奴隷になろうとするのですか。あなたがたのために、私の労したことは、無駄だったのではないかと、私はあなたがたのことを案じています。
と嘆いている。


また、サムエルは

主に従い、わきにそれず、心を尽くして主に仕えなさい。役にも立たず、救い出すこともできない空しいものに従って、わきへそれてはならない。それは空しいものだ。
と民に命じている。


まことの神を知っていても、占ってもらっているクリスチャンがいるのは残念である。

これは信仰の逆戻りである。


人間は言葉から滅びる。

神に背を向けている人は、神の道から外れて逆戻りする。


神は愛する者に対しても懲らしめる。

神の中に留まらない者は肉のままに生きることになり不従順の罪から免れない。


神のものを求めない貪欲な心は、この世を愛する姿である。

ルカ伝に、ある金持ちの畑が豊作になったので倉を建て替えて、安心して食べて飲んで、楽しもうと考えた人に、神は「愚か者、お前のたましいは今夜おまえから取り去られる。そしたら用意したものは、いったいだれのものになるのか。自分のために貯えても、神の前に富まない者は、この通りになる。」と言われた。


新しい生活に入っても、昔の習慣が残っている人は、逆戻りして救われていない人々のようになることが多々ある。

これも神の道から離れる不敬虔の罪である。


毎日過ちを起こさないように、神の御言葉を頼りに、溌剌と生きよう。

2016.9.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ