すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

終わりの時代

聖い生き方



テーマは「 聖い生き方 」です


【第2ペテロ3章10-12節】

しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。

このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。

そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。

今が終わりの時代であることは、色んな出来事で分かります。


恐ろしいことが次から次へと起こるので、今の時代を見分けることが出来ます。


主の日が来ます。

天地にまず異変が起こります。


それを見る人たちはみんな不安に駆られます。

何をしたら良いのかも分かりません。



神は信じる者たちには神の時と計画を教えて下さり、その時代をどう生きるべきかを教えて下さいました。


それは今までよりもさらに聖い生活をすることです。

どのように生きることが聖い生き方でしょうか。




神のみこころを行う生き方




自分の思いのまま、古い人のまま生きるのではなく、新しい人として神のみこころを行いながら生きることです。


【ローマ12章2節】

この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。



肉の思いを打ちたたいて御霊に従う生き方
(謙遜と従順)




【第1コリント9章27節】

私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。



神のことばを日々の糧として食べて成長する生き方




世俗的な人は善悪の知識の木から取って食べます。

しかし霊の人はいのちの木から取って食べます。


いのちの木にあるのは神のことばです。


何を食べて生きるかによって 結ぶ実が違います。




見えない所でもっと善行を行う生き方




人の目ではなく、神の目を意識しながら生きることです。


【マタイの福音書6章3節】

あなたは、施しをするとき、右の手のしていることを左の手に知られないようにしなさい。


このような生き方をする人は主の日を心から待ち望みます。


ハレルヤ!!

2020.3.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

再臨の時代をどう生きるか?



テーマは「 再臨の時代をどう生きるか 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 24篇35~47節

ふたりの女が臼をひいていると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。 だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。 しかし、このことは知っておきなさい。家の主人は、どろぼうが夜の何時に来ると知っていたら、目を見張っていたでしょうし、また、おめおめと自分の家に押し入られはしなかったでしょう。 だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。(マタイ24:41~44)

【 要 旨 】

将来はどうなるのか、分からないのが世の人です。
そのような世の人々に対しては、神様は語っていません。
イエス様はこの時代には色々なことが起こるが、どのように生きるかが大切です。

ですから、滅び行く者にどう生きるかを説いても仕方ありません。 神様はノアには語り続けられました。
しかし信じない者は、大雨によって浸水すると言われても、準備をしなかったので、あっという間に大雨に滅ぼされてしまいました。
目を覚ましていなかったからです。

目を覚ますということは、再臨が来ることに対して、世を楽しむことから離れて生きるという、信仰的な生活をすることです。


礼拝を守ることは、神様のみ言葉を大切にすることになります。
それは霊を眠らせないで、神様の日を待つという態度です。
そうしないなら、再臨の時が分かりません。

何もしないで、ただ首を長くして待つということは無駄であり、無益です。
そうではなく、夫々、任せられた仕事をするべきです。
自ら進んで、主人の思いで働くべきです。
“ 死に至るまで忠実でありなさい ”と黙示録にあります。

明日、世がなくなるとしても、忠実に仕事をすることは、学ぶべきことで、2000年前から言われていたことです。
今は終わりの時代であることは、あらゆる事象に現れています。
目を覚まして準備をしておきましょう。

2013.9.29
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長↗


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

予期しない災難



テーマは「 予期しない災難 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 13篇1~5節

◎関連聖句 ヤコブの手紙 4章14節

また、シロアムの塔が倒れ落ちて死んだあの十八人は、エルサレムに住んでいるだれよりも罪深い人たちだったとでも思うのですか。 そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます。」(ルカ13:4~5)

【 要 旨 】

今は終わりの時代です。
昔より今の方が、竜巻、地震、豪雨、旱魃、戦争などの災難が多いことを見ても分かります。
イエスはイエスを信じただけで安全・安心とは言っておられません。
逃げることには限界があります。それで我々は準備を怠ってはならないのです。人はこの世で長く安泰に生きた者はいません。 そこで、私たちは、この予期しない災難に対して、目を覚まして、罪を意識して悔い改めることが、唯一の対策になります。

自分の行くところは、イエス様によって、もう分かっているのですから、神様のお言葉通り、悔い改めれば、安心をもって生きられます。
ヤコブの手紙4章14節には 『あなたがたには、あすのことはわからないのです。あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現れて、それから消えてしまう霧にすぎません。』 と記されています。

消えてしまう時は、予告なしにやって来ます。
罪を持っている人の行くところは決まっているのです。この世の人は、お金を貯めることと明日生きることだけを考えています。
これは滅びです。

私たちは悔い改めて、天国を目指しましょう。

2013.9.15
礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ