すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

約束

神の約束



テーマは「 神の約束 」です


【第2コリント7章1節】

愛する者たち。私たちはこのような約束を与えられているのですから、いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで聖きを全うしようではありませんか。

神の約束を信じますか。


神の約束に対してどんな思いがありますか。

神の約束がどれほどあるか知っていますか。


また自分とどんな関係があるかを知っていますか。

神の約束に対して考えてみましょう。




神は約束に誠実な方なのか




聖書には神からの約束が多いです。


神のことばを誰よりも早く受けた選民・イスラエルで苦しい生活が長く続いた時、彼らは神の約束を疑いました。


【詩篇77編8節】

主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。

このように、神は約束を果たさない方でしょうか。


これに対して問題の解決に導くことばがあります。


【詩篇77編11-12節】

私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。

私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを静かに考えよう。

振り返ってみると神は約束に真実な方でした。


約束を信じないで、疑ったことがあらゆる問題の原因でありました。

そこから様々な罪や反逆が起こりました。


神は約束に対してもどんな時にも真実な方です。




神が約束を成就する時




多くのクリスチャンが神の約束に対して一番つまずくのが、“神の時”です。


自分が考える時と神の時は同じではないです。


神の時を聞かないで勝手につまずくクリスチャンが多いですね。

待つことが無理だと思って待ちません。

約束も信じません。


忍耐出来ず神に文句を言います。

腹が立つと神を非難します。


再臨に対しても、この “時” を巡って つまずいた人が多いです。

しかし主は定めた時に必ず来られます。


私たちは、神の思いをはかり知ることが難しいです。


ですから信じて、先走った考えを捨て、神の時を待たなければなりません。




神の約束の祝福を受けるためには




神の約束を、絵に描いた餅と考えてはいけないです。


それは信じる人々に神が実際に与える祝福です。

しかし神の約束には多くの部分で条件付きです。


それを知らないと、またつまずきます。

その条件とは神への従順です。


“神が語ることばに従順するならば” と言われてあります。


いっさいの霊肉の汚れから自分をきよめ、神を恐れかしこんで、神への信仰をもって神に反応していく時に、神の時に神はみわざを現わして下さいます。


神の約束には慰め、励まし、希望、力を与える目的があります。

その目的を深く考えて、神の真実を信じて神に献身するならば、神の祝福の約束を受ける者になります。


2018.11.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の目で見ること



テーマは「 信仰の目で見ること 」です


◎基調聖句 ヘブル11:8~13

信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。

信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。

彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。その都を設計し建設されたのは神です。

信仰によって、サラも、すでにその年を過ぎた身であるのに、子を宿す力を与えられました。彼女は約束してくださった方を真実な方と考えたからです。

そこで、ひとりの、しかも死んだも同様のアブラハムから、天の星のように、また海べの数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。

これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり寄留者であることを告白していたのです。

【 要 旨 】

信仰は個人的である。

自分に信仰があるかどうかは神の言葉を聞く姿勢で知ることが出来る。


不可能のように聞こえて来ることばでも、そのことばに対して「アーメン。信じます。」と告白するならば信仰があるが、

どうしてもそのことばが信じられないならば信仰がないことである。

また疑ったりするならば、信仰が薄いことである。



信仰の目は賢い建築家の目に例えることが出来る。

賢い建築家は家を建てる前に、何もない空間を見て、そこに立つ家を想像し、そして図面を書き、その通りの家を建てるのである。


信仰も神の約束のことば、啓示のことばを聞いて、信仰の目で、それを想像し、確信し、告白し、それを自分のものにすることである。



アブラハムは主が約束したカナンの地に立って、天にある神の都を想像し、いつかそこに入って永遠の安息を受けると信じ、地上では旅人として歩んだ。

空の星を数えながら、神の子孫たちがそのように多くなることを信仰の目で見ていた。


信仰によって生きる人たちは、信仰の目で未来を見、永遠の世界を見ていた。

だからどんな困難があっても、絶望的な状況になっても、失望せず、ますます信仰を強くした。


第二コリント4:16~18

ですから私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なら人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。今の時の軽い患難は私たちのうちに働いて、測り知れない重い永遠の栄光をもたらすからです。


2018.9.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

恵みは主から来る


【第2コリント6章2節】

神は言われます。「わたしは、恵みの時にあなたに答え、救いの日にあなたを助けた。」確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。

主の恵みなしに 存在出来るものは、世に存在しません。


その恵みに気づいている人にも 気づいていない人にも、主は恵みを与えます。


恵みに気づく人は 主に感謝をささげますが、気づいてない人は 感謝をささげることもなく、恩知らずの者になります。


主は恵み豊かな方なので、その恵みは尽きることがありません。


今も恵みを備え、救いを備えておられます。


その恵みを日々求めながら生きる人生は幸いな人生です。




主の恵みの約束




【申命記5章10節】

わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。

【詩篇84編11節】

まことに、神なる主は太陽です。盾です。主は恵みと栄光を授け、正しく歩く者たちに、良いものを拒まれません。



福音こそ主の恵みである
伝道は主の恵みを伝えること




【使徒の働き4章33節】

使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強くあかしし、大きな恵みがそのすべての者の上にあった。

【第2ヨハネ3節】

真理と愛のうちに、父なる神と御父の御子イエス・キリストからの恵みとあわれみと平安は、私たちとともにあります。



終末の時、人々は主の恵みを請う
これこそリバイバル




【ゼカリヤ書8章20-22節】

万軍の主はこう仰せられる。「再び、国々の民と多くの町々の住民がやって来る。

一つの町の住民は他の町の住民のところへ行き、『さあ、行って、主の恵みを請い、万軍の主を尋ね求めよう。私も行こう』と言う。

多くの国々の民、強い国々がエルサレムで万軍の主を尋ね求め、主の恵みを請うために来よう。

2018.4.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

イスラエルと再臨の時期



テーマは「 イスラエルと再臨の時期 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 24章32~35節

◎関連聖句 申命7:6~7、創世12:7、13:15、15:7、17:8、 申命28:15、28:36~37、30:4~5、 Ⅱテサロニケ2:3~4、ルカ21:34~36

まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。 この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。(マタイ24:34~35)

【 要 旨 】

マタイ24:32~35に書かれている「いちじくの木のたとえ」はマルコ13:28~31、ルカ21:21~27にも、同じような表現で書かれている。

それほどこれは重要なことなのである。


基調聖句のこれらのこととは、

  • ・御国の福音が全世界に宣べ伝えられる。
  • ・民族や国は敵対して立ち上がる。
  • ・人々が互いに裏切り、憎み合う。
  • ・不法がはびこり、多くの人たちの愛が冷たくなる。
  • ・かつてなかったようなひどい苦難に合う。
  • ・偽キリストや偽預言者が現れて不思議なことをして見せる。
  • ・天の万物が揺り動かされる。
  • ・人の子の遣わした御使いたちが、天の果てから果てまで選びの民を集める。

などのことを指している。


では、なぜイスラエルなのか。

神は創世記でアブラハムにこのイスラエルのカナンの地を子孫までも与えると約束されているからである。

2600年以前からイスラエルの土地であって、パレスチナ人の土地ではなかった。


ただ、イスラエル人が神に逆らったので、一時期追放されていただけである。

イスラエルは小さい国であるが、神に選ばれた国である。


神の地のイスラエルを建国したこと、近世では60日戦争でエルサレム(神の都)を奪還したことは成就したのであるが、神殿建設はまだ始まっていない。


ルカ21:34~36には

あなたがたの心が放蕩などこの世の煩いで沈み込んでいる所に、その日がわなのように突然あなたがたに望むことがないように、よく気をつけなさい。その日は全地の表に住むすべての人に臨むからです。しかし、やがて起ころうとしているこれらすべてのことから逃れ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。
と書かれている。


要は望みをもって主を待ち、真実の言葉を、目を覚まして聞こうと言うことに尽きる。

2017.10.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の原則



テーマは「 信仰の原則 」です


◎基調聖句 ダニエル書 1章8~16節

◎関連聖句 ダニエル6:13~28、Ⅰコリント9:27、ガラテヤ6:14、ルカ2:36~37

「どうか十日間、しもべたちをためしてください。私たちに野菜を与えて食べさせ、水を与えて飲ませてください。 そのようにして、私たちの顔色と、王さまの食べるごちそうを食べている少年たちの顔色とを見比べて、あなたの見るところに従ってこのしもべたちを扱ってください。」世話役は彼らのこの申し出を聞き入れて、十日間、彼らをためしてみた。 十日の終わりになると、彼らの顔色は、王の食べるごちそうを食べているどの少年よりも良く、からだも肥えていた。(ダニエル1:12~15)

【 要 旨 】

信仰とは命をかけることが要点である。

少なくとも、そのようなものがなければ信仰とは言えない。


信仰とは神との約束に命をかけることが土台であるべきである。

神の言葉は賢い建築に似ている。

各人によって建て方は異なっていても、知恵のあるものは、良いものである。

野菜と水で健康と知恵は充分摂取できる。


ダニエルは、彼のうちに優れた霊が宿っていたのを、妬まれた大臣によってダリヨス王以外に神に祈願する者は獅子の穴に投げ込むという禁令を制定したが、ダニエルは毎日3度神の前にひざまづき祈ることは止めなかった。


それで彼は獅子の穴に投げ込まれたが、神の命により獅子は何の害も加えなかった。


アブラハムはイサクを全焼のいけにえとして捧げなさいとの神の命令をも守った。

ヨセフは、神の前に罪を犯さないと決めて、どんな環境の中でも忠実に働いた。


またパウロは最高の伝道者として、毎日神の言葉を伝えていたが、いつも自分自身を戒めていた。


そのことは、Ⅰコリント9:27に書かれている。

ガラテヤ6:14では、十字架以外に尊いものはない。それだけを伝えると言っている。死に至るまで忠実に。


ルカ2:36~37で84歳のやもめアンナは神をつれあいとして、死に至るまで忠実に従った。

世を楽しみながらという考えでは、何事も成就しない。


オリンピックの尊いアスリートのように最後まであきらめないことが、世に勝つ秘訣である。

何か一つでも自分の土台をしっかり守る。


たとえば聖日礼拝の約束のように。
神は私たちの信仰の柱が必要といわれる。

2016.8.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ