すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

福音

負債のある者



テーマは「 負債のある者 」です


【ローマ1章14-15節】

私は、ギリシヤ人にも未開人にも、知識のある人にも知識のない人にも、返さなければならない負債を負っています。

ですから、私としては、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を伝えたいのです。

キリストの福音ほど良い知らせはありません。

それは単に良い知らせではなく、自分のいのちが救われるという最高に良い知らせです。


イエス様も天から良い知らせを伝えるために、地上に来られ、福音を伝えました。


それに関する預言がイザヤ書にあります。


【イザヤ書61章1節】

神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕らわれ人には解放を、囚人には釈放を告げ、

良い知らせを伝えるように命令された使徒たちの中で、一番多くの人に福音を伝えた人はパウロでした。


しかし彼は元々使徒でもなく、福音に一番反対した人でした。

福音を伝える主の使徒や信徒たちを激しく迫害しました。



ある時、復活したイエス様が彼に直接現れ、主のことばを聞いた瞬間、彼の運命は180度変わりました。


迫害した者が福音を伝える者になりました。

彼自身が迫害される側になりました。


しかし、迫害の中でも熱心に福音を伝えた彼には 特別な思いがありました。

それは、自分には返さなければならない負債がある という思いでした。



教会や信徒たちを迫害した者として、神の恵みを受ける資格がまったくないのに、一方的な主の赦しと愛、憐れみによって救いを受けたことは 彼には驚くべき恵みでした。


そして、その恵みを返さなければならない負債とも思いました。

この考えは私たちにも必要です。


自分たちも主の愛、恵み、赦しを受ける資格がないです。

ですから私たちにも負債があります。



主に負債を返す方法は、救われていない人々に福音を伝えることです。

神の一番の願いがすべての人が救われることですから。


そして福音を伝えるようにと命令も受けているので、救われた人たちは福音を伝えることです。


救われた人に負債のない人はいないです。

恵みを受けた人はそう思うのが当然です。


2021.4.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主に仕える



テーマは「 主に仕える 」です


【使徒の働き20章19-21節】

私は謙遜の限りを尽くし、涙をもって、またユダヤ人の陰謀によりわが身にふりかかる数々の試練の中で、主に仕えました。

益になることは、少しもためらわず、あなたがたに知らせました。人々の前でも、家々でも、あなたがたを教え、

ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神に対する悔い改めと、私たちの主イエスに対する信仰とをはっきりと主張したのです。

神によって召された者、選ばれた者はその召しにふさわしく歩まなければなりません。

それは召して下さった神に答えるためであり、また つまずかないためです。



神に召した者たちを見ると優れた者はいないです。

イエス様の十二弟子を見ても、すぐれた者は一人もいませんでした。

ある意味 問題ある人、無学な者、気質の激しい人ばかりでした。


パウロも教会を迫害したので本来 選ばれるはずのない人でした。

そんな人たちを変えて使おうとしたのでしょうか。



人は変わるでしょうか?

変わらないです。


人を変えようとするのは愚かなことです。



悔い改め、信仰を持ったから その人が変わりますか?

その人自身、すなわち その人の気質は変わらないです。


ただ悔い改めによってその人の生き方と人生の目標が変わります。



神は、人の気質を変えて使うのではなく、その人に目標と使命を与えて、生き方を変えます。



バラがユリにはならないし、ユリがバラになることがないのと同じです。


人は神に出会い、神が与えて下さった目標がある時に、それに従おうと生き方を変えます。

信仰のない者が信仰を持つことで変化が起こります。



パウロは律法をよく守っていましたが、イエス様に敵対し教会を迫害しました。

自分のこと振り返ってこのように言いました。


【第1テモテ1章12-13節】

私は、私を強くしてくださる私たちの主キリスト・イエスに感謝をささげています。なぜなら、キリストは、私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです。

私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。


パウロは神の選びにふさわしく生きたロールモデルです。


自分はそれにふさわしくないと逃げる者とは全然違います。

神は、ペテロはペテロらしく、パウロはパウロらしく、ヨハネはヨハネらしく使いました。



福音の内容、福音を伝える彼らの態度、熱心に取り組む姿は同じでした。

しかし 彼らは彼ららしく働き、使命を果たしました。


私たちも自分らしく用いて下さいます。


ですから誰かと比較する必要がなく、召しにふさわしく生きることが一番です。


2020.10.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰を妨害するもの



テーマは「 信仰を妨害するもの 」です


【ルカの福音書14章16-24節】

するとイエスはこう言われた。「ある人が盛大な宴会を催し、大ぜいの人を招いた。

宴会の時刻になったのでしもべをやり、招いておいた人々に、『さあ、おいでください。もうすっかり、用意ができましたから』と言わせた。

ところが、みな同じように断り始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断りさせていただきます。』

もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断りさせていただきます。』

また、別の人はこう言った。『結婚したので、行くことができません。』

しもべは帰って、このことを主人に報告した。すると、おこった主人は、そのしもべに言った。『急いで町の大通りや路地に出て行って、貧しい者や、からだの不自由な者や、盲人や、足のなえた者たちをここに連れて来なさい。』

しもべは言った。『ご主人さま。仰せのとおりにいたしました。でも、まだ席があります。』

主人は言った。『街道や垣根のところに出かけて行って、この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい。

言っておくが、あの招待されていた人たちの中で、私の食事を味わう者は、ひとりもいないのです。』」

神によって人間には自由意志が与えられ、人間はそれで選択することが出来ます。


選択権で自由に選択出来ますが、神は私たちが正しい選択をすることを望んでいます。

誤った選択の結果は、すべて自分に降りかかります。



本文は例えですが、盛大な宴会を用意したのは神様です。

そして大勢の人を招きました。


盛大な宴会なのに招かれた人たちは、神の思いや宴会のことにはまったく関心がなく、みな断り始めました。


その理由はちっぽけな理由でした。

生死にかかわる理由は一つもありませんでした。



昔も今も人々は福音を聞いても、天国の話を聞いても同じ理由で断ります。

何を選択するかは彼らの自由意思に懸かってあります。



家の主人は良いものを用意して招待したのに、みんなが断ったことで怒りました。


招待された人たちの選択を皆さんはどう思いますか。

良い選択でしたか。


彼らは悪い選択をしました。



その結果は「主の食事を味わう者は一人もいません。」でした。

天国に入ることがないですね。


なぜ素直に受け入れることが出来なかったでしょうか?

色々な要素があったと思います。



彼らの高慢、ものに対する貪欲、世に対する快楽、不従順な心、迷い、世の心配、サタンの邪魔などがあるので、誤った選択、愚かな選択をして、取り返しのつかない失敗をします。

頭が良いから正しい選択をするのではないです。


神を恐れ、みことばを信じる人が正しい選択をします。


2020.9.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

一緒に礼拝をささげる



テーマは「 一緒に礼拝をささげる 」です


【ヘブル10章22-25節】

そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。

約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。

また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。

ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。

今、私たちは今までとは違う時代の中で生活しています。

日々の生活が大きく変わりました。


自由に人と会って食事や会話、旅行や買い物、職場や教会に行くという当たり前の生活がコロナウイルスで一変しました。


どんどん制限がきつくなって何か月も自宅から外出が出来ない人々が世界中にたくさんいます。

また職場が休業になり、職を失った人も増えています。


経済活動も少なくなりました。



教会の様子も変わりました。

2人以上集まることが禁止された国も多く、違反すると罰金を払わないといけないので、ほとんどの教会はオンライン礼拝に切り替えました。


戦争でも、迫害の時代でもないのに教会で礼拝が出来ないのは前代未聞です。

幸い私たちは教会で礼拝をしているので本当に感謝です。


いまオンラインで礼拝を守っている教会では、信徒たちに変化が起こっていると思います。


教会でみんなと礼拝をささげたくてたまらない人と、このままでも良いと思って、家でオンライン礼拝を続ける人もこれから出て来ると思います。

礼拝危機の時代になります。



サタンは私たちの肉の思いの中で働きます。

わざわざ教会に行って礼拝しなくて良いという思いを与えます。


神様との距離、信徒との距離が出来るように巧妙に働くので、それに騙されてはいけないです。


サタンは教会をつぶしたくて礼拝の危機をもたらすので、霊的戦いが必要です。






模範的な礼拝の姿は初代教会から学ぶことが多いです。

初代教会の信徒たちは家の教会や宮に集まって礼拝しました。


【使徒の働き2章46-47節】

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、

神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。

聖徒の交わりも礼拝であることがよく分かります。



顔と顔を合わせて、一緒に集まることは特別な理由(空間や時間的な制限)以外はやめたらいけないです。

ただ集まるのが目的ではなく、キリスト者らしくなるのが目的です。


信じる者ならば神に礼拝をささげることは義務と言っても過言ではないです。



そして全き信仰をもって神に近づき、どんな時でも動揺しないで、御国や主の再臨への希望を告白し、互いに励まし合い、また互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合うようにと言われています。


そのようにして福音と教会と自分たちの信仰を守っていかなければなりません。


一緒に礼拝が出来ることは大きな恵みです。

神に感謝します。


2020.5.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

来て下さい



テーマは「 来て下さい 」です


【ヨハネの黙示録22章17-21節】

御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。

これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。

主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。

今日のことばは聖書の最後にあることばです。

最後にあることばの中に「来て下さい」と言う言葉が3回もあります。


ヨハネの黙示録は、未来の歴史が書かれてあります。


歴史は過ぎたことですが、ヨハネの黙示録はこれから起こる 神が書いた未来の歴史です。



神は使徒ヨハネに未来の歴史を示して下さいました。

その中でも特にキリストの再臨に対して黙示録は語りました。


【ヨハネの黙示録22章7節】

「見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。」

【ヨハネの黙示録22章12節】

「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。

このように語ったことばに対して、聖霊と花嫁(教会)は「来て下さい」と応答しました。


そして招待のことばがありました。



“聞く者、渇く者、ほしい者” は「来て下さい」と言われました。


  • 【聞く者】…… キリストの預言のことばを聞く者
  • 【渇く者】…… 義に飢え渇く者(マタイの福音書5章6節)
  • 【ほしい者】…… いのちの水が欲しい者(キリストの救いを願う者)


これらの者のために、主はすでに自分の血で贖いを完成しましたので、だれでも福音を聞いて、キリストを信じるならば 永遠のいのちを賜物としてタダで受けることが出来ます。


それから神の預言のことばに対して付け加えたり、取り除くならば 神の怒りに会い、神の国には入れません。


なぜなら神の権威を無視する高慢な行為なので、神の怒りにあうのは当然なことです。



主が3度も「私はすぐに来る」と言われたのは、必ず再臨すると強調したことです。


それに対して再臨信仰を持っている人は期待しながら毎日迫害に耐えながら勝利の生活を送っていました。



今も再臨信仰を持っている聖徒は 天の故郷を慕い求めながら「主イエスよ。来て下さい」と告白しなければなりません。


2020.4.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ