テーマは「 キリストと信徒の関係 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 1章1~14節

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。 この方は、初めに神とともにおられた。 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。(ヨハネ1:1~5)
ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。(ヨハネ1:14)

【 要 旨 】

キリストを知れば、神の子となる特権が与えられる。

知らなかったら呪いが来る。


だから私たちにとってはキリストを知ることが、どれ程大切かが分かる。

信仰とはキリストを深く、広く知ることである。


多くのことを知ること、正しい知識を持つことが、我々は罪人としての自覚を促すことに通じる。


イエス・キリストは私たちを罪から贖うために、救い主として来られた。

イエスは私たちの大祭司である。

子羊としていけにえになり、私たちが悔い改めて、罪と死から脱出させてくれるためである。


イエスは天地の始まりからここにいた。

だから、神であると宣言された。

すなわち、永遠の命、全能の主である。


我々、人間にとっては、永遠のいのちである。

我々が正しく生きるための、いのちのパンである。


栄光の神を見ている唯一の方であり、我々の羊飼いである。


イエスは人の子と称し、人間の痛みと苦しみを感じ、知っている。

アブラハムを遣わしたメシヤでもある。

アルファでありオメガである。

すべてのものをひざまずかしている方である。


私たちクリスチャンは、今すぐに、このことを理解しなければならない。

イエスは私たちの先頭に立っている神の子羊である。

イエス・キリストをもっともっと良く知れば神の恵みが、どれほど大きいかを知ることができる。

2016.9.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■