すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

神の栄光

神中心の私



テーマは「 神中心の私 」です


◎基調聖句 コロサイ人への手紙 1章10~12節

また、主にかなった歩みをして、あらゆる点で主に喜ばれ、あらゆる善行のうちに実を結び、神を知る知識を増し加えられますように。 また、神の栄光ある権能に従い、あらゆる力をもって強くされて、忍耐と寛容を尽くし、 また、光の中にある、聖徒の相続分にあずかる資格を私たちに与えてくださった父なる神に、喜びをもって感謝をささげることができますように。(コロサイ1:10~12)

【 要 旨 】

日本人は人と神の関係はどういう位置づけでしょうか。


聖書の中では、私たちと神との関係は、親子の関係に似ています。

親は子供のために全部を与えています。


はじめのうちは、祈ると答えはすぐに出されていますが、大人になると、それまでのように何でもすぐにするということはありません。

神は無条件でなくなり、求める者は何かをよく考えて選ぶようになります。


そうしないと子供は親の思いを知ろうとしないことが多いのです。


神中心の生活は、後悔しない生活、感謝の心で神の喜ぶ生活をしているかどうかということです。


パウロは自分の使命を知るようになってからは、神の道からそれることはありませんでした。

人生の誇りはキリストの十字架であり、示されたものを喜んでしていたからです。


神に忠実に誠実に仕え、栄光を神に返していたからです。

イスラエルの子ヨセフも同様で、どんな時でも、神一番としていたから、神は彼をこよなく祝福したのです。


子どもが良いことをすると親は喜びます。

神もそれと同じです。


それにはもっともっと神を知ることです。

そうしたら、神の心が好きになり、正しく生きることができるようになります。


イエスの再臨は近いです。

試練がありますが、神に仕える人を、イエスは殊の外、喜ばれます。


私たちは、いつまでも赤子のような人間ではなく、神の恵みを得て、神の喜ぶ生活をしたいものです。


私が死んだ後で、来て下さったのでは遅すぎます。

2015.12.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

もし愛がないならば



テーマは「 もし愛がないならば 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章1~3節

◎関連聖句 コリント人への手紙第一 12章31節

たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。 また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。 また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。(Ⅰコリント13:1~3)

【 要 旨 】

キリスト教の教理の中心は十字架です。
それは、愛なしには存在しえないものです。

愛があるか否かは本人だけしか分かりません。


問題なのは、愛に対して、自分もそうなりたいという思いが少ないことにあります。

愛という心よりも、形あるものを求める気持ちが、大きいからです。

愛がなければ、自分には何の値打もないと思うべきです。

パリサイ人のようであってはいけません。


イエス様の愛は、神の栄光のための愛です。

それに反してイスカリオテ・ユダは、守銭奴であるため、人をねたみ、また、自分中心の愛の中にふけっているのです。


それは神の愛が、自分にどう反映されているかを、考えないためでもあります。

神の中の愛がなく、高慢になっていないかどうか、今一度、神に似たような者にして下さるよう祈らねばなりません。


私たちはイエス様がなさったように、愛の中を歩まねばなりませんが、それは自分を愛するように隣人も愛するという心がけが大切です。


孤独で孤立していたのでは、神様に喜んでもらえません。

それを直すためには、神の命令を守り、神に近づくという行動をとることです。


愛ある者は、愛で行動します。

神の存在に気付くこと、友のために命を捨てること、そのことに私たちは最大限の関心を持ちたいものです。

2016.4.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

盗んではならない・十戒(8)



テーマは「 盗んではならない・十戒(8) 」です


◎基調聖句 出エジプト記 20章15節

◎関連聖句 マラキ3:8~9、申命記18:16~18、ヤコブ5:4~5、 ピリピ4:11~12、エペソ4:28

盗んではならない。(出エジプト20:15)

【 要 旨 】

盗みとは間違った手段で物を手に入れることであり、強盗、万引きなど犯罪のうちでは最も多い。

それを分類すると、大きくは次の3ケースになる。


(1)神のものを盗む

これは、神の時間に礼拝を捧げない。十分の一を捧げない、神の栄光を盗む、ということである。それは上記のマラキ3:8~9にも示された通りであって、み言葉にある通り捧げると満たしてくれる。


(2)他人のものを盗む

単なる強盗のようなものだけでなく、商売でだますこと、借りたものを返さないこと、嘘をつくこと、払うべきものを払わないこと、金を貸して不当な利子で利益を得ることなど多種にわたる。

もちろん殺人もその中に入る。


(3)自分のものを盗む

神は与えたすべてのものを、人はキチンと管理しなさいと言っておられる。
贅沢に暮らすこと、浪費することも盗みと同類である。

盗んだ人の背後にはサタンが糸を引いている。それはイスカリオテ・ユダの心が示している。


要は、人の中には貪欲があり、それを警戒しなければならない。

主が満たしてくれると、自分を誤魔化したり、嘘をついたりしなくなる。

神に祈り続け、満ち足りた心を持って勤勉に働く、自分よりは低い者を見て、分け与える習慣を身に着けることが大切である。


神の言葉を人に与え、不正をしないことも守るべきである。

外国人に比べて、日本人は勤勉でよく働くと言われていることは誇りである。

2015.4.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

悪い勢力を分別する基準



テーマは「 悪い勢力を分別する基準 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第二 11章14~15節

◎関連聖句 Ⅱコリント6:14~18、使徒4:12

しかし、驚くには及びません。サタンさえ光の御使いに変装するのです。 ですから、サタンの手下どもが義のしもべに変装したとしても、 格別なことはありません。彼らの最後はそのしわざにふさわしいものとなります。(Ⅱコリント11:14~15)

【 要 旨 】

今はサタンが働いている時代です。

サタンは自分を隠して、巧妙に人々を惑わしているのです。


神様は真理の道は命の道と説かれていますが、サタンはそのやり方を真似しているので、気をつけねばなりません。

サタンは神と神の御子を讃えます。
それなら大丈夫と信じると騙されます。


神のことを我々に教えていれば、我々は信用し、安心するという性質を逆用しています。

特別の啓示を受けたと言うのなら、神の栄光のためかどうかを、よく見極めなくてはなりません。


カトリックの人たちは謙遜な態度ですので、良い人のように見えますが、そうではありません。

法王は階級の世界で、神の座に座しています。カトリックの人々の歓心を買うために、人間の能力を強調し、神の栄光を求めていません。


カトリックはサタンに騙されているのです。
みことばを正しく解しない人は惑わされてしまいます。

経済、国家、宗教統合の世界。
すなわち世界国家の思想は、バベルの塔のようにカトリックに収斂されることになります。


不信者と、つり合わぬくびきをいっしょにつけてはいけません。正義と不法とに、どんなつながりがあるでしょう。光と暗やみとに、どんな交わりがあるでしょう。(Ⅱコリント6:14)
と聖書には書かれています。

そして、彼らと分離せよと。


平和と安定をうたって、人間的な考えを教えるサタンの目的は、すべての人を倒すことです。

キリストのしたことを完全に認めない者は偽りであり、神の側ではありません。


聖書の言葉と聖書の導きを受けて生活する人々のみ、真理が宿っているのです。

2014.9.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ