すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

神の恵み

主の恵みを忘れないように



テーマは「 主の恵みを忘れないように 」です


◎基調聖句 詩篇 103篇1~2節

◎関連聖句 マタイの福音書 7章21~23節

わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。(詩篇103:1~2)

【 要 旨 】

日々の生活が守られ、食べ物を与えられていることは、神の恵みの祝福であり、感謝せずにはいられない。

しかし、難民の中には、着る物も仕事もない絶望的な人も多い。


一方、豊かな国の人々は、与えて下さった神に感謝しないで、不平・文句を言う人もいる。

あなたはすべての恵みは神からと告白しながら生きているか。


サタンは神のようになりたいと言った時に、追い落とされた。

神を忘れ、不満顔をしている人たちは貪欲である。

神を否定すると欲深くなる。


私たちの心に刻まれたものは忘れない。
脳ではなく心である。

今、生かされているのは、神の恵であるから、どんな小さなことにも感謝して、自分を誇らないように努めるべきである。


私たちは裸で生まれて来た。

自分のものはない。これが人間の運命と言えよう。


神に栄光を捧げる姿、これが感謝なのだ。

すべてのことを一生懸命頑張っても、感謝をしないのは、自分の権利であって、当然と思うからである。

または、神を忘れているからである。


神に栄光を返す時、私たちは失ったものも、悲しみをも感謝することができるようになる。

2016.12.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

シェケムにある祭壇



テーマは「 シェケムにある祭壇 」です


◎基調聖句 創世記 33章17~20節

◎関連聖句 創世記 32章26~28節

ヤコブはスコテへ移って行き、そこで自分のために家を建て、家畜のためには小屋を作った。それゆえ、その所の名はスコテと呼ばれた。 こうしてヤコブは、パダン・アラムからの帰途、カナンの地にあるシェケムの町に無事に着き、その町の手前で宿営した。 そして彼が天幕を張った野の一部を、シェケムの父ハモルの子らの手から百ケシタで買い取った。 彼はそこに祭壇を築き、それをエル・エロヘ・イスラエルと名づけた。(創世記33:17~20)

【 要 旨 】

ヤコブは波乱万丈の一生であった。

彼は父に嘘をついて、また単純な兄のエサウを誤魔化して、長子の権利を得た。


良くないことをしたため、彼は多くの苦難にあったが、ヤコブは神の恵みと、神が彼を祝福してくれることを知っていた。

それでヤコブは祭壇を造って神を崇めた。


我々の人生でも様々な道筋の中で、神がなさったことを思い出すべきである。

大きな危険が、何回かあった筈である。


そこをどのようにして乗り切ることができたかを考えた時、我々が助かったのは、神の恵み、生きて働く神の助けであったことを気付くであろう。


サタンは私たちの敵であり、多くの罠や仕掛けをして来るが、全能なる神は、我々をいつも安全な場所に導いてくれる。

そして、共にいるから心配しなくていいと励まして下さる。


そして、私たちが祈り求めれば、それに答えて下さる。

神をすぐに呼ぶことは可能なのである。


神と違う方向の時は、ヤコブも恵まれていない。

神を信じれば、知恵が与えられるが、真実その通りに求め、祈れば答えて下さる。


信じる者は、何でもできる。

祭壇を建てて我々も感謝を表すべきである。

2016.10.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利のエルサレム入城



テーマは「 勝利のエルサレム入城 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 12章12~19節

◎関連聖句 ヨハネの福音書 12章24~29節

その翌日、祭りに来ていた大ぜいの人の群れは、イエスがエルサレムに来ようとしておられると聞いて、 しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。そして大声で叫んだ。「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。」 イエスは、ろばの子を見つけて、それに乗られた。それは次のように書かれているとおりであった。 「恐れるな。シオンの娘。見よ。あなたの王が来られる。ろばの子に乗って。」(ヨハネ12:12~15)

【 要 旨 】

神は恵みと愛であるが、ないがしろにすると、いつまでも続くと思っているのは間違いです。

神の前に行く日には必ず行かなければなりません。


その日はイエスの最後のエルサレム入城でした。

イエスは死ぬために来られた方ですから、十字架の死は勝利なのです。


ヨハネ12:28に、神はもう一度栄光を現わそうと言われたと記されています。

ということは、イエスはこの世の生涯において、神の御心に向かって真直ぐに歩み、勝利したと言うことです。


父なる神が約束した旧約の預言が、いまここに成就したからです。


基調聖句には、しゅろの木の枝で出迎えたとありますが、これは美しい勝利を意味します。


また、ロバの子に乗ってこられるのは、平和の王、謙遜の王、救い主のことであります。

更に、イチジクの木に実がなってなかったので、切り倒された話でありますが、これは律法ばかりにとらわれ実の結ばないパリサイ人のことを目に見えるようにしたのです。


心のかたくなな人は何を見ても悟りがないということで、恵みは耳からと言いますが、教えを乞う何も知らない人の方が良く理解できるでしょう。


恵みを知れば心は成長します。

イエスの勝利ということは、真理を正しく知っていなくてはなりません。

真理というのはみことばです。
ということは、イエスは私たちの魂を救うために来られたのですから、正しく習い、また導かれて、目が開かれなければ、勝利の入城の意味がありません。

2016.3.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神自らが神の人を備える



テーマは「 神自らが神の人を備える 」です


◎基調聖句 使徒の働き 7章30~37節

だれがあなたを支配者や裁判官にしたのか』と言って人々が拒んだこのモーセを、 神は柴の中で彼に現れた御使いの手によって、支配者また解放者としてお遣わしになったのです。

この人が、彼らを導き出し、 エジプトの地で、紅海で、また四十年間荒野で、不思議なわざとしるしを行いました。

このモーセが、イスラエルの人々に、 『神はあなたがたのために、私のようなひとりの預言者を、あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる』と言ったのです。(使徒7:35~37)

【 要 旨 】

神様に用いられるモーセのような人を見ると、私達はその人に力があると思ってしまうが、そうではない。

真実は、神の恵み以外の何物でもない。
神様の時にかなった恵みだけが事を成しとげる。


モーセは王子であったのに、40歳の時にエジプト人を殺したために逃亡者となって、荒野での生活を余儀なくされていた。


その彼が80歳の時に神から声がかかった。
イスラエル人をカナンの地に導きなさいという命令であったが、彼はどうか他の者を遣わして下さいと辞退した。

しかし、神はそれを許さず、わたしが共にいるから、あなたは杖のように動けば良いと言われ、神の人モーセに変えてしまった。


また、アブラハムは、神の計画の実現を長い間待たされたけれど、最後にイサクを授かるという、大きい恵みをいただいた。


パウロは神を迫害したが、神の恵みにより働き人として選ばれ、信仰の道を誰よりも強く生き抜いた。


命も健康も知恵も、人間は、自分ではどうすることもできない。
しかし、神はどんな人でも選び、使うことができるお方である。


神の選ぶ人は、弱い者であっても、主の前に砕かれた心を持ち、主を求めるならば、喜んで選んでくれ、訓練してくれ、その時、人は神の人に変えられる。

2014.6.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ