すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

神の国

神の国に入れないならば



テーマは「 神の国に入れないならば 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 7章21~23節

◎関連聖句 マタイ7:13~14、ローマ10:1~3、ローマ8:10~18、Ⅱサムエル12:1~6、Ⅱ歴代誌16:7~12、エレミヤ6:10

わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行う者が入るのです。 その日には、大ぜいの者がわたしに言うでしょう。『主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言をし、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇蹟をたくさん行ったではありませんか。』 しかし、その時、わたしは彼らにこう宣告します。『わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け。』(マタイ7:21~23)

【 要 旨 】

わたしに向かって『主よ、主よ。』と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行う者が入るのです。」(マタイ7:21)
と言われています。


この言葉はあまりにも厳しくて、私たちは不安になることもあります。

しかし、神の国へは多く人は行けないのが実情です。

聖書の知識だけではいけません。


まことの信仰の姿は、十字架を認めることです。

悔い改めて神に従うことです。


良いことを沢山しても、キリストの中へ入っていないなら、クリスチャンとして認められません。

御霊の実は、イエスを信じて疑わないことで、そうするといつも御霊と共に生きられ、神の国に入ることができます。


神の方法で入った人が、救われる人です。

その人が恐ろしい罪から救われて、古い人から新しい人になった人たちです。

その人だけが神の国に入れる数少ない人です。


枝がつながっていなければ御霊の実は結べないとは、このことです。

ダビデは一度罪を犯しましたが、悔い改めて立ち直ることができました。


しかし、ユダの王アサは、神と一つの心が続かなかったので、病に倒されています。

また、預言者エレミヤに対して、主は、エルサレムの残りの者は、耳を閉じたままで聞くこともしないと、嘆いています。


それで、自分の助けだけを求めないで、悔い改めて、生まれ変わりなさいと、諭しています。


悔い改める人のみが、神の国に入れるのです。

2016.6.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

門を開くイエス様



テーマは「 門を開くイエス様 」です


◎基調聖句 使徒の働き 16章14~15節

◎関連聖句 黙示録3:14~15、ヤコブ1:5、マタイ6:33

テアテラ市の紫布の商人で、神を敬う、ルデヤという女が聞いていたが、主は彼女の心を開いて、パウロの語る事に心を留めるようにされた。そして、彼女も、またその家族もバプテスマを受けたとき、彼女は、「私を主に忠実な者とお思いでしたら、どうか、私の家に来てお泊まりください」と言って頼み、強いてそうさせた。(使徒16:14~15)

【 要 旨 】

神の命令を受けてパウロはピリピを最初に伝道した。

次いでマケドニヤにルデアという女性を伝道した。


伝道は神の導きがなければ、神は喜ばれない。

信仰の門はイエスが開けば開く、私たちはすべて神の計画に従うべきである。

以下神の開く門について述べる。


福音の門は、最初から受け入れる人は少ない。

イエスはパウロのために、異邦人伝道の最初の門を開いた。

それでパウロは福音を語れるようになった。


信仰の扉はみ言葉に反応する。

イエスは求めなさい。そうすれば開かれますと言われた。


パウロは閉ざされた門を見て祈った。
そして求め続けた。

すると主が開いてくれた。


霊的知恵の門は、み言葉が悟れるように、覆いを取って下さるようにと祈る。


ヤコブ1:5には

あなたがたの中に智慧に欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなくとがめることなく、お与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。
と言われている。


最後に、私たちは霊的祝福の門が開かれるように求めなければならない。


マタイ6:33には

「だから神の国と神の義を第一に求めなさい。そうすればそれに加えてすべてのものが与えられます。
と書かれている。


とにかく、天の門が開かれるようにとイエス様にまず求めよう。

2016.5.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神の国とは



テーマは「 神の国とは 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 14章17節

◎関連聖句 ローマ14:1~4、ローマ14:13~15、ローマ14:19

なぜなら、神の国は飲み食いのことではなく、義と平和と聖霊による喜びだからです。(ローマ14:17)

【 要 旨 】

神の国を天国と言うのは正解です。

神の国の本質は、地球の地上で支配する自然や人間のことだけではなく、平和と義を追い求めるからです。


神が支配しているなら、教会の中でも、神の国は作れます。

聖霊が留まらず、ただ神を利用する考えだけだと、神の国とは言えません。


ローマ14:1には

あなたがたは信仰の弱い人を受け入れなさい。その意見をさばいてはいけません。
とあります。


安息日にしてはならないことなどを勝手に吹聴することは、神に喜ばれません。

それは神の国の本質ではなく、肉の思いが働くところには喜びがないからです。


三位一体を語らないのは、神の国を述べているとは言えません。

常にこの一致が尊重され、互いに夫々を認め合って、お互いを語ることが、神の愛であり、喜びを与えてくれます。

信仰から出ていないものは、すべて罪だからです。


ローマ14:13~15には、

兄弟にとって妨げやつまずきになるものを置かないように決心しなさい
と書かれています。


要は愛から出た言葉を多く語りなさいと言うことです。

神自身が太陽ですから。


私達は平和に役立つことと、霊的成長に役立つことを追い求めましょう(ローマ14:19)。


イエス・キリストは平和の見本を作られました。

私達も愛のない世界ではありませんようにと祈り、心からイエスを信じ、愛し、従いましょう。

新しい心が霊的成長となる力を与えてくださいますように。

2016.5.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

人生の競争で気をつけるべきこと



テーマは「 人生の競争で気をつけるべきこと 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 9章24~27節

◎関連聖句 ルカ9:62、Ⅰコリント15:34

競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。(Ⅰコリント9:24~25)

【 要 旨 】

パウロは素晴らしい活躍をした。

明確な目標に向かって、賞を受けられるように、いつも一生懸命努力した。


自分の全てを懸けて、訓練をしている。

それで、救われた人は、その時から、価値観を変えて、人生を前向きに、後ろを見ないで走ることができたのである。


ルカ9:62には

だれでも手に鋤をつけてから、後ろを見る者は、神の国にふさわしくありません。
と書かれている。


これは、自分が今まで持っていた過去は切り離し、古いものは死んだという認識を持つことだと言う、イエスのお言葉である。

このことは実践しなくてはならない。


また、Ⅰコリント15:34では

目を覚まして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人たちがいます。私はあなたがたをはずかしめるために、こう言っているのです。
とパウロは告げている。


私たちは信仰の創始者であるイエス・キリストに向かって、全力で、天国に向かって走り続けなければならない。


この世に肉体を持って生きていても、私たちはイエスに向かって、命の冠に向けて力の限り走るべきなのである。

子供でさえ悟っている子は、それができる。


良い言葉と感じたなら、それをみんなに分け与えながら、正しく生きると、神は正しい報いを与えて下さる。

何処へ向かって走れば、神に喜ばれるかをよく考えて、後ろを向いたり、間違った方向を向いたりしないで、イエスへの道を走り続けよう。

2016.1.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

地獄はどんな所か?



テーマは「 地獄はどんな所か 」です


◎基調聖句 ヨハネの黙示録 20章10節、14節

◎関連聖句 マタイ25:41、ルカ16:24、マルコ9:48、マタイ8:12 黙示20:15、出エジプト32:32~33、ルカ16:27~28

そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。 それから、死とハデスとは、火の池に投げ込まれた。これが第二の死である。(黙示20:10、14)

【 要 旨 】

地獄はあまりに恐ろしい所なので、最近はそれについて考えることは少ないが、いつも目を覚ましていなさいと、神様は言われる。


その上でイエス様は我々を真暗い所に導き、悪霊やサタンを見て、人々に伝えなさいと求められる。

また、地獄はないと言っているクリスチャンも多いが、ここから出してくれるなら悔い改めますと言っても、もう遅い。


黙示20:15には

いのちの書に名のしるされていない者はみな、この火の池に投げ込まれた。
と記されている。


出エジプト記32:33には

わたしに罪を犯した者はだれであれ、わたしの書物から消し去ろう。
と神様はおっしゃられる。


これらのことは、いずれも、二重生活をしている人達は、天国には入れないという意味である。

パリサイ人は、まむしの末たちと呼ばれる偽善者であり、サタンは地獄はなく、誰でも天国へ行けると言っている大うそつきで、 それはサタンに仕えさせるためだけのものである。


また、地獄は平気であると言っている人々もいるが、このような人は、天国に向かって歩いていない人であると、正しく裁かれる方はおっしゃられる。

私たちはみ言葉の真理を正しく理解しなければならない。
神様は一人も地獄へ落ちることがないようにと望んでいる。

日々、目を覚ましていて祈り、神様の望んでおられる神の国に生きるように、我々は励んで、天国を目指したいものである。

2014.7.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ