テーマは「 神に対する聖徒の姿勢 」です


◎基調聖句 申命記 6章4~9節

◎関連聖句 エレミヤ書 29章13節

心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。 これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。 これをしるしとしてあなたの手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。(申命記6:5、7~9)

【 要 旨 】

朝、起きた時に、神様に平安であることを感謝して祈るけれども、昼に会社の中で仕事している時には、忘れている人がいる。
この関係を神は喜ばない。

神様は神に似た人間を造り、息を吹き込んで下さり、神の言葉の解るすなわち、愛を理解できる生きた人間にして下さったのである。


だから、神様は、主の求めに対して、いつも本気の人、自分の心で、神にいつも愛の告白が出来る人を喜ばれる。

私との関係において、神様が第一番でないといけない。
次いで親を愛しなさい、
続いて他人とは迷惑のかからない関係でいなさい。

そうしてこそ、神様の前で本気で愛を告白できる。
いつも神様と共にいたいと願うなら、神様と計画的に交わることである。

「もしあなたが、心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう」(エレミヤ29:13)
と主は言われる。


心を尽くすとは、いつも神と交わり、神と共にいて、神の御言葉を聞くことである。

エノクは死を見なかったと創世記に書かれている。
それは神と共に歩み、深い交わりをしていたからである。

私達もそのような交わりをしよう。
これは神と共に働くということではなく、神からの御告げである。


2014.1.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■