すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

聖なる者になりなさい



テーマは「 聖なる者になりなさい 」です


【レビ記19章2節】

「イスラエル人の全会衆に告げて言え。あなたがたの神、主であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない。

私たちに対する神のみこころは 何よりも私たちが “聖なる者” になることです。


聖徒たちは神に仕える者なので、聖なる者になることを神は要求しておられます。

みことばで繰り返してそのことを語っておられます。




祭司である聖徒は主に仕える者なので、聖なる者にならなければなりません




【レビ記21章8節】

あなたは彼を聖別しなければならない。彼はあなたの神のパンをささげるからである。彼はあなたにとって聖でなければならない。あなたがたを聖別する主、わたしが聖であるから。

汚れたまま主に仕えることは 神を冒涜することであり、神の名を汚すことになります。

罪によって自分を汚してはいけないです。


【レビ記22章2節】

イスラエル人の聖なるものは、わたしのために聖別しなければならない。彼らはわたしの聖なる名を汚してはならない。それは彼らがわたしのために、聖なるものとすべきものである。わたしは主である。



心と生活の中から悪を捨て、きよめなければなりません




外側だけきれいにし、内側が汚いままなら それは偽善者の姿です。

主が忌み嫌う姿です。


【マタイの福音書23章28節】

そのように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。

【詩篇24章3-5節】

だれが、主の山に登りえようか。だれが、その聖なる所に立ちえようか。

手がきよく、心がきよらかな者。そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人。

その人は主から祝福を受け、その救いの神から義を受ける。

神に祝福を受けるためには、まず何を捨てるべきかを考えることです。


汚いものを捨てて、きよめられた器を差し出すならば、主はその器に祝福を入れて下さいます。




罪を悔い改めなければなりません




私たちを汚すのは罪です。

神の御心から離れたすべてが罪になります。


罪のないものは一人もいません。

ですから神はこの言葉を下さいました。


【第1ヨハネ1章9節】

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

悔い改めるならば主はきよめて下さいます。

きよめられた者として主に仕えることが大切です。


2019.1.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

どのように主に仕えるのか



テーマは「 どのように主に仕えるのか 」です


【ローマ12章11-13節】

勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。聖徒の入用に協力し、旅人をもてなしなさい。

神様が人間を創造する前に他の被造物を創造したのは、人間のためでした。


人間は神の形に似せられて特別な存在として創造されました。

人間は神の栄光のために造られました。


ですから人間は神に栄光をささげなければなりません。




勤勉に主に仕えること




勤勉に仕えることはいつも変わらない態度で、時にかなった働きをすることです。


農夫のことを考えてみましょう。

農夫は春、夏、秋、冬に何をすべきかを知って 朝早くから畑に出て、汗を流しながら働きます。


神は私たちが農夫のように、あらゆる悪条件があっても それに耐えながら種を蒔き、喜びながら刈り取ることを願っています。

怠けていることは魂が眠っていることです。


【第1コリント10章31節】

こういうわけで、あなたがたは食べるにも飲むにもただ神の栄光を現すためにしなさい。



患難に耐え、絶えず祈りに励みながら主に仕えること




辛い時には失望せず、神にもっと近づき、神から力を受け、神から慰めを受けなければなりません。

神との交わりを持つことも主に仕えることです。


祈りを通して神との交わりを持つことも神に仕えることです。




兄弟を愛し、助けてあげることも神に仕えること




伝道の働きをする人を助けることも 主に仕えることです。


私たちが主に仕えることは 主に栄光をささげることです。


いつも感謝しながら主に仕えることは、私たちにとっても祝福になります。


2018.12.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

世にあるものを警戒する



テーマは「 世にあるものを警戒する 」です


【第1ヨハネ2章16節】

すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものです。

世にあるものと天にあるものがあります。

聖いものと汚れたものがあります。


それを区別しながら生きることが信仰生活です。


信仰生活は飾りではないです。

今までは区別せずに警戒もしなかったものを しっかり区別して天にあるもの、聖いものを選ぶ生活が信仰生活です。


正しい信仰生活のために何を警戒すべきかを本文は教えています。

この世は悪い概念ではアダムの罪による堕落した世界、サタンの支配を受けている世界のことを意味します。



ですからサタンの支配下にあるこの世は神に敵対します。

神が忌み嫌うことを行います。

そして神を憎みます。


アダムとエバを誘惑して堕落させたサタンは、今も人々の肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などを刺激して世を愛し、神には敵対するように仕向けます。


ここに出てくる欲は 生理的な欲ではなく、罪の性質によって生まれてくる欲、神が禁じたことに対しての欲です。

生理的な欲は神から来たものですが、世を愛する心から出てくる欲は神からのものではありません。


それらを警戒しなければなりません。


神に救われた聖徒たちは闇と光が共存出来ないこと、神と この世を同時に愛することが出来ないことを知って、世を愛する心を捨てて、神だけを真実に愛する者にならないといけないです。


【ヤコブ4章4節】

貞操のない人たち。世を愛することは神に敵することであることがわからないのですか。世の友となりたいと思ったら、その人は自分を神の敵としているのです。

2018.10.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神の正しい裁き



テーマは「 神の正しい裁き 」です


【ローマ2章1-3節】

ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行っているからです。

私たちは、そのようなことを行っている人々に下る神のさばきが正しいことを知っています。

そのようなことをしている人々をさばきながら、自分で同じことをしている人よ。あなたは、自分は神のさばきを免れるのだとでも思っているのですか。

神は一度も他人をさばく権威を人間に与えたことはありません。

クリスチャンにもこの権威を与えられていないです。


神がクリスチャンに与えた権威は「汚れた霊どもを制する権威」です。

自分に授けられた権威は正しく使わなければなりません。



しかし神の権威を勝手に自分の権威のように使うならば、それは主の権威に逆らうことです。


正しく裁く神がいないならば、誰かが裁かないといけないですが、正しく裁く神がいるので、裁きは神に任せなければなりません。


神の裁きはどのように行われるでしょうか。




神は真理に従ってさばきます




この真理は時代が変わっても変わることがありません。

基準が変わることもありません。


真理はすべてを明るみに出すので、ごまかすことも隠すことも偽ることも出来ません。


真理の霊である神の目から逃れることは出来ないです。

神は真理をもって裁くのでその裁きは正しいです。




神は行った通りにさばきます




人間の行動は良し悪しに関係なく、すべて神の書物に書かれてあります。

神はそれに基づいて正しくさばきます。


【ヨハネの黙示録20章12節】

死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。

バレていない罪があることで安心してはいけないです。

神は裁きの日が来るまではそのままにしておきます。


しかし、裁きの時には免れることなく裁かれます。




神は私たちの良心に従ってさばきます




良心が麻痺された人は罪に対しての自覚がないです。

悪を悪とも思わず悪を行います。



麻痺されたので裁きを逃れることがあるでしょうか?

そんなことはないです。

彼らは良心がないのではなく、良心の声を無視しているだけです。


しかし良心は、まるで監視カメラのようにその人の行いを記録してあります。

裁きの時に良心はその人の罪を告白するでしょう。


自分の味方にはならず、自分を裁く者になります。



すべての人間は神の裁きの座にいつか必ず立ちます。


自分も裁かれる立場にいるので、恐れる心をもって他人をさばくのではなく、神の正しい裁きに任せ、自分も罪を悔い改めて罪を赦してもらいましょう。


2018.10.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ただ神を待ち望む



テーマは「 ただ神を待ち望む 」です


◎基調聖句 詩篇62編1~12


【 要 旨 】

危機の中で絶望するのが正解でしょうか。

自暴自棄してあきらめるのがいいでしょうか。


危機の時、辛い時、苦しい時に助けも受けられず絶望して倒れる人も多いです。

しかしダビデはその中でも神を待ち望む姿を貫きました。

そして勝利し、神に喜ばれる者になりました。


神を待ち望む者の人は神にすべてを委ねます。

そしてその中で揺るがないです。


神を待ち望む者は苦しい中でも悪い行動はしません。

神に望みを置いて待ちます。

そして完全に神に信頼し、神のことばに耳を傾けます。


62編を読むとダビデが神のことをとてもよく知っていたことがわかります。


神をよく知っていたから、ただ神を待ち望むことが出来ました。


  • 2節(救いの神)-私の救いは神から来る

  • 5節(望みの神)-私の望みは神から来るからだ

  • 7節(守りの神)-私の力の岩と避け所は神のうちにある

  • 8節(避け所である神)-神はわれらの避け所である

  • 11節(力の神)-力は神のものである

  • 12節(恵みの神)-主よ。恵みもあなたのものです

  • 12節(裁きの神)-そのしわざに応じて、人に報いられます

2018.7.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ