すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

ただ神を待ち望む



テーマは「 ただ神を待ち望む 」です


◎基調聖句 詩篇62編1~12


【 要 旨 】

危機の中で絶望するのが正解でしょうか。

自暴自棄してあきらめるのがいいでしょうか。


危機の時、辛い時、苦しい時に助けも受けられず絶望して倒れる人も多いです。

しかしダビデはその中でも神を待ち望む姿を貫きました。

そして勝利し、神に喜ばれる者になりました。


神を待ち望む者の人は神にすべてを委ねます。

そしてその中で揺るがないです。


神を待ち望む者は苦しい中でも悪い行動はしません。

神に望みを置いて待ちます。

そして完全に神に信頼し、神のことばに耳を傾けます。


62編を読むとダビデが神のことをとてもよく知っていたことがわかります。


神をよく知っていたから、ただ神を待ち望むことが出来ました。


  • 2節(救いの神)-私の救いは神から来る

  • 5節(望みの神)-私の望みは神から来るからだ

  • 7節(守りの神)-私の力の岩と避け所は神のうちにある

  • 8節(避け所である神)-神はわれらの避け所である

  • 11節(力の神)-力は神のものである

  • 12節(恵みの神)-主よ。恵みもあなたのものです

  • 12節(裁きの神)-そのしわざに応じて、人に報いられます

2018.7.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

教会の目的は何か



テーマは「 教会の目的は何か 」です


◎基調聖句 エペソ書1:22~23

また神はいっさいのものをキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるキリストを教会にお与えになりました。教会はキリストの体であり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。

【 要 旨 】

人々が教会に通う目的は何でしょうか。

教会の目的はただ主です。


主に会うために、主に礼拝をささげるために教会があります。

主に選ばれた民として主に礼拝をささげ、主と交わりをし、主にあって自分自身を発見していきます。


すべての人間は神に栄光をささげるために造られてあるので、それを知っている聖徒たちは、神の前に出て神に賛美と礼拝をささげなければなりません。


霊とまことによって礼拝をささげ、そして礼拝が生活の中でも続くようにしなければなりません。

教会では真理を伝え、真理によって人々を悔い改めに導く所です。


人を喜ばせる耳にいいことばや、人の関心や感動を与えるためのメッセージではなく、自分たちが神の前にいかに罪人で汚れた存在であることを悟らせ、悔い改めさせ、闇から光に移るように、そして滅びから命に移るようにする使命があります。


教会は人を喜ばせるためではなく、神を喜ばせるためにあります。

教会では人があがめられるのではなく、神があがめられるために存在します。


教会は知識を得る所ではなく、礼拝を通して私たちの霊が主の真理で生き返る所です。

教会では礼拝が大切です。


礼拝が生きると教会が生きます。

礼拝が生きると聖徒が生きます。

礼拝が生きると霊が生きます。


礼拝を通して神の御心を知り、それを行っていく時に、神はその教会の中に恵みを与え、いのちを注ぎ、力ある働きをして下さいます。


2018.7.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

人生の勝利と失敗

【申命記28章1-2、15-16節】

もしあなたが、あなたの神、主の御声によく従い、私が今日あなたに命じる主のすべての命令を守り行なうなら、あなたの神、主は地のすべての国々の上にあなたを高く上げよう。あなたがあなたの神、主の御声に従うので、次のすべての祝福があなたに臨み、あなたは祝福される。

一度しかない人生を勝利の人生にしたいとは誰もが思います。

この世での成功が勝利の人生ではないです。


権力を得た人、名誉を得た人、金持ち、知識人は世的には成功を収めたかも知れませんが、人生では失敗者も多いです。


ある人の人生が勝利の人生か、失敗の人生かは審判者である神が判断を下します。


神の目に勝利の人生は神の御声によく聞き従い、神が命じるすべての命令を守り行なった人たちです。


神の命令を守る人たちは神を恐れ、神の御心に従う人なので、神は彼らを喜び、勝利を与えます。


勝利者は朽ちることがない祝福を得ます。


たましいの救い、永遠のいのち、神の御国などいつまでも続く祝福を受けます。


地上でも神の平安、導き、祝福があります。


人生に勝利した人は朽ちるものと朽ちないものが何かを知っています。

そして朽ちないものに人生をささげます。


しかし失敗の人生を送る人は神の言葉に聞き従わず、神のことばを無視しながら、自分の思いのままに生きるので神とは敵対関係にあります。


神様はその人たちには呪いを送るとみ言葉で語りました。


世のものは朽ちて行きます。

朽ちて行くもののために生涯をささげる人は失敗者の人生で終わります。


神は失敗の人生を送った人に厳しい刑罰を与えます。


いつですか。

死んだ後です。


これを信じない人も多いと思いますが、真実はその日が来ればわかります。


主のことばはとこしえに変わることがありません。

必ず語った通りのことが起こります。


2018.6.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

真の悔い改めとは何か



テーマは「 真の悔い改めとは何か 」です


【ヨエル書2章12-13節】

「しかし、今、――主の御告げ―ー心を尽くし、断食と、涙と、嘆きとをもって、わたしに立ち返れ。」

あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。

たましいの救いのために悔い改めは必須です。


そして神の民が 罪を犯して様々な試練にあった時、そこから回復を願うならば、悔い改めが必要です。


ことばで「悪かったです」と告白して、自分は悔い改めたから、後は神様が祝福する番だと思っているクリスチャンがとても多いです。


悔い改めたことを誇る人もいます。

悔い改めたことがそんなに偉いことでしょうか?


人間はなかなか自分の罪を認めようとしないし、それをひたすら隠そうとします。

ですから、それを認めただけで自分は偉いことをした と錯覚する人もいます。


アダムとエバも罪を犯した後に悔い改めることなく隠れました。

罪が指摘されても他人のせいにしました。


カインは罪を犯した後に、悔い改めるどころか、まるで何もしてなかったように嘘を言いました。

弟を殺して埋めた後、神が弟の所在を聞いた時にも「知りません。自分は弟の番人なのでしょうか。」と開き直りました。


明らかに悪いことした犯人なのに、素直に自白する人は 今もとても少ないです。

罪の意識が薄いことも問題ですが、言い訳や責任逃れをしようとする思いも強いです。


口先だけの悔い改めも多いですが、それによって人間が変わることはないです。

そういう人はいつでも口先だけでの悔い改めで終わります。


真の悔い改めは 自分の罪や咎を見つけて、それを素直に神の前で罪として認めることです。

その人たちは神の前に、頭があがらないです。


自分はどうしょうもない罪人で呪われて当然、死んで当然と思いながら、涙と嘆きで心を引き裂いて神に謝ります。


そして神の憐れみによる赦しを求めます。


真の悔い改めが出来た2人の告白を聞くと、真の悔い改めが何かが分かります。

ダビデの悔い改めの告白です。


【詩篇51編3-4節】

まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。

私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行いました。それゆえ、あなたが宣告されるとき、あなたは正しく、さばかれるとき、あなたはきよくあられます。

次の箇所は、使徒パウロの悔い改めの告白です。


【第1テモテ1章13節】

私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。

【第1テモテ1章15節】

私はその罪人のかしらです。

口先だけの悔い改めに神が感動すると思ったら大きな間違いです。

それは神を嘲ることです。


心の痛みを伴う悔い改めが真の悔い改めです。

自分が本当に悔い改めた人は本人が分かります。

なぜならその人は主に立ち返っているからです。


悔い改めましたか?


2018.5.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

家族に対する聖徒の責任



テーマは「 家族に対する聖徒の責任 」です


◎基調聖句 第一テモテ5:8

もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって不信者よりも悪いのです。

【 要 旨 】

5月には子どもの日や母の日もあるので家族のことを考えることが多くなると思います。

家族とは喜びや悲しみを分かち合うものです。


必要がある時には助け合います。

そして世話をするのも家族です。

家族は互いに対しての責任があります。


最近は日本でもこの家族関係にも異変が起きて家族同士殺し合うことも家族への責任も果たさない人が増えました。

様々な問題があります。


家族に対す聖徒の責任を今日は話します。




・聖徒の責任はまず神の御心を実現することです




家族のことも家族への責任もとても大切です。

しかしそれが神への責任より優先することはありません。


【マタイの福音書6:33】

だから神の国とその義とを第一に求めなさい。

聖徒の人生は自分と自分の家族、そしてこの世のどんなことよりも主に従い、主のみころろを成し遂げることに一番の責任があります。

弟子たちは主から呼ばれた時に何もかも捨てて従いました。




・神の御心の中で家族への責任を果たさなければなりません




家族への責任を果たすことは主の命令であり、主のみこころです。

しかし例外があります。


【ルカの福音書21:16~17】

しかしあなたがたは両親、兄弟、親族、友人たちまで裏切られます。中には殺される者もあり、みなの者に憎まれます。

家族から迫害を受ける場合、信仰を捨てるよりは家族の迫害を受ける道を選びます。

主の約束があります。


【マルコの福音書10:29~30】

イェスは言われた。『まことにあなたがたに告げます。わたしのために、また福音のために家、兄弟、姉妹、母、父、子、畑を捨てた者で、その百倍を受けない者はありません。今のこの時代には家、兄弟、姉妹、母、子、畑を迫害の中で受け、後の世では永遠のいのちを受けます。

聖徒が家族を顧みないならばそれは不信者よりも悪いと言われました。

ある意味、世の人々よりも愛をもって家族への責任を果たしていかなければなりません。

2018.5.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ