すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

祝福

霊の人とは



テーマは「 霊の人とは 」です


【ヘブル10章36-39節】

あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。

「もうしばらくすれば、来るべき方が来られる。おそくなることはない。

わたしの義人は信仰によって生きる。もし、恐れ退くなら、わたしのこころは彼を喜ばない。」

私たちは、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じていのちを保つ者です。

霊の人は一瞬にして生まれず、必ず十字架の道を通って生まれます。


ヘブル11章に出てくる信仰の人たちは、十字架の道を通って霊の人に変えられました。


聖徒の人生は信じた時から霊的な部分に変化が起こります。

死からいのち、闇から光、呪いから祝福に変わります。


そしてそこから本格的に十字架の道が開かれます。



イスラエルの民はエジプトから解放されましたが、彼らにはエジプトで身についた あらゆる習慣、偶像崇拝的な思考、自己中心的な思い、つぶやき、不満などがあったので、それを取り除き、まことの神だけを見上げる信仰ある者にさせる必要がありました。


そのために使った期限が荒野での40年でした。

彼らはまだ真の神をあまり知らなかったです。



【申命記8章2-3節】

あなたの神、主が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。

それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は主の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。

荒野は十字架の道で、通過する場所です。


そこで自分たちが いかに汚れた罪人であるかを知ります。

つぶやきが多い者であることを知ります。



神のことばに従って生きることが、信仰によって生きることだと悟ります。

信仰によって生きる人が霊の人です。


恐れて十字架の道を通らない人は、霊の人として生まれることは出来ないです。



霊の人は御霊に従い、神のことばを食べ、神の愛を伝えながら、目を覚まして、主が来られる日を待ち望んでいる人です。


2021.6.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

感謝する心



テーマは「 感謝する心 」です


【エペソ5章20節】

いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。

今日は収穫感謝祭です。

主から受けた今年の恵みに対して心からの感謝を主に捧げましょう。


主にある者ならば、いつでも すべてのことについて父なる神に感謝しないといけないです。


主の命令でもある感謝をすることは、それほど大切なことです。

主から受けた恵みを覚えて表現するのが感謝です。



主から受けた恵みは数えきれないほどたくさんあります。


いつも多くの恵みを受けているのに、それに気付いていない人も多いです。

受けて当たり前という思いが感謝の心をつぶします。



感謝する心を持つために、私たちは日々主の恵みを数えてみることです。


救い、守り、助け、問題解決など多くの恵みを受けました。

また受けたものを分け与えるのが感謝する心です。


受けたものを独り占めする人は貪欲な人です。



しかし受けた物を分け与える人は 感謝の心を持っている人です。


そして今あるものに満足する人の中には感謝の心があります。

満ち足りる心の中に感謝があります。

その人は主の恵みを知っています。



人から受けた親切や好意を忘れず、気配り出来る人も感謝の心を持っています。


人の力なしに私たちは生きることが出来ないので、人から受けた好意も感謝して、他の人に対して気配りすることも大切です。



神はいつも感謝の心を持っている人を祝福します。

主の恵みを覚えているからです。


絶えず感謝を主にささげましょう。


2020.11.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

どんなことを願っているのか



テーマは「 どんなことを願っているのか 」です


【第2歴代誌1章6-12節】

ソロモンはその所で主の前にある青銅の祭壇の上に──その壇は会見の天幕の所にあった──いけにえをささげた。すなわち、その上で一千頭の全焼のいけにえをささげた。

その夜、神がソロモンに現れて、彼に仰せられた。「あなたに何を与えようか。願え。」

ソロモンは神に言った。「あなたは私の父ダビデに大いなる恵みを施されましたが、今度は父に代わって私を王とされました。

そこで今、神、主よ、私の父ダビデになさったあなたの約束を堅く守ってください。あなたは、地のちりのようにおびただしい民の上に、私を王とされたからです。

今、知恵と知識を私に下さい。そうすれば、私はこの民の前に出はいりいたします。さもなければ、だれに、この大いなる、あなたの民をさばくことができましょうか。」

神はソロモンに仰せられた。「そのようなことがあなたの心にあり、あなたが富をも、財宝をも、誉れをも、あなたを憎む者たちのいのちをも求めず、さらに長寿をも求めず、むしろ、わたしがあなたを立ててわたしの民の王とした、その民をさばくことができるようにと、自分のために知恵と知識を求めたので、

その知恵と知識とはあなたのものとなった。そのうえ、わたしはあなたの前の、また後の王たちにもないほどの富と財宝と誉れとをあなたに与えよう。」

神は祈ることを私たちに勧めました。


どんなことでも祈ることを神は喜びます。


祈りは一方通行ではないです。

祈るならば答えがあります。



祈ってマイナスになることはありません。


願ってもその通りにならないこともあります。

それでもマイナスにはなっていないです。


ある祈りは願った以上の収穫を得ることもあります。

30倍、60倍、100倍の祝福を得る人もいます。



ソロモンは願ったことよりも はるかに素晴らしい祝福を受けました。

どんな願いがそこまで神の心を動かしたでしょうか?


ソロモンは王になって、まず神に一千頭の全焼のいけにえをささげました。

それは神への感謝と完全な献身を意味します。


その礼拝を受け入れた神が 直接彼に現れて、欲しいものを願うように言われました。

すごいことだと思います。



彼は神に知恵と知識を願いました。

理由は民を正しく治めたいからでした。


個人的な願いではなく、神の使命に忠実な者になりたいからそれを求めました。


神はその願いに感動しました。

自分のためのものではなく、人の益のために求めたからです。


それで神はそれにプラスして富、財宝、誉れを与えました。

今度はソロモンがその言葉を聞いてびっくりしたと思います。



私たちが学ぶべき教訓があります。


人生の重要な時には祈ることです。

謙遜な心で何よりも知恵を求めることです。


知恵の価値を知れば、知恵を真剣に求めます。


【箴言3章13-18節】

幸いなことよ。知恵を見いだす人、英知をいただく人は。

それの儲けは銀の儲けにまさり、その収穫は黄金にまさるからだ。

知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。

その右の手には長寿があり、その左の手には富と誉れがある。

その道は楽しい道であり、その通り道はみな平安である。

知恵は、これを堅く握る者にはいのちの木である。これをつかんでいる者は幸いである。

2020.9.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰と忍耐と祝福



テーマは「 信仰と忍耐と祝福 」です


【ヤコブ5章11節】

見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いであると、私たちは考えます。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。また、主が彼になさったことの結末を見たのです。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。

信仰と忍耐と祝福とは深い関連があります。


ヨブを見てもよく分かります。

一つでも抜けると、神の約束の祝福を受けることは出来ないです。


信仰生活に忍耐は必須です。


忍耐なしに信仰の成長はありません。

忍耐のない人は信仰生活を続けることも出来ないです。



神様は私たちのために祝福を備えておられます。

霊的祝福はもちろん、他の祝福も与えて下さる方です。


祝福は勝手に天から落ちてくるものではなく、“ある条件” があります。


ヨブが受けた祝福を見ても分かります。




主の試みに対して勝利する人が祝福される




アブラハムもヨブも とんでもない試みに会いましたが、信仰と忍耐によって勝利しました。

神からの試みは祝福のためでもあります。


【申命記8章16節】

あなたの先祖たちの知らなかったマナを、荒野であなたに食べさせられた。それは、あなたを苦しめ、あなたを試み、ついには、あなたをしあわせにするためであった――



主を恐れ、主のことばを守り、従う人は祝福される




ヨブはすべてのものを失った後も主を愛し、恐れ、主に礼拝をささげ、妻から「神を呪って死になさい」と言われた時にも、神への信仰を捨てず、従い通したので、主はヨブを豊かに祝福しました。




良い行いで主を喜ばせるならば 祝福される




主は良い行いに報いて下さる方です。


【ルカの福音書6章38節】

与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。」



・任された働きに忠実な者は祝福される




タラントを与えて仕事をさせた主人が しもべたちと清算した時に、良く働いたしもべたちは主人から祝福を受けました。




・主の約束を信じ、主の時まで忍耐した人は祝福される




ヨブも耐え難い試練の中で主の約束を信じ、忍耐したので祝福を受けました。


信仰があり、忍耐もあるならば、主はその人を祝福しますが、それらのものがないならば 願っても祝福は来ないことを覚えましょう。


2020.4.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神による逆転の人生



テーマは「 神による逆転の人生 」です


【創世記46章1-4節】

イスラエルは、彼に属するすべてのものといっしょに出発し、ベエル・シェバに来たとき、父イサクの神にいけにえをささげた。

神は、夜の幻の中でイスラエルに、「ヤコブよ、ヤコブよ」と言って呼ばれた。彼は答えた。「はい。ここにいます。」

すると仰せられた。「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。

わたし自身があなたといっしょにエジプトに下り、また、わたし自身が必ずあなたを再び導き上る。ヨセフの手はあなたの目を閉じてくれるであろう。」

人生が完全に終わるまで、その人生を語ってはならないです。


勝利で終わるか失敗で終わるかは最後まで見ないと分からないからです。



ヤコブの人生も波乱万丈で いばらのような人生でしたが、老年の人生は一番祝福された人生でした。


ヤコブの息子であるヨセフも、父のように若い時から いばらの道を歩みましたが、その後の人生は本当に祝福された人生でした。


ヨブの人生も祝福からどん底人生、そして逆転されてもっと祝福された人生になりました。


最後まで見ないと分からないのが人生です。

特に神を信じている人たちの人生は神が導くので、逆転の人生が多く、ハッピーエンドで終わる人生が多いです。


聖徒の人生は神なしに語ることが出来ないです。






ヤコブの人生を勝利の人生、ハッピーエンドの人生にしたのはヤコブの努力ではなく、神様の導きと祝福でした。


老年のヤコブに神が現れて彼を呼び、そして語って下さいました。

ヤコブにとってどんなに嬉しかったでしょうか。


真実な神として現れました。


アブラハムの神、イサクの神がヤコブにも現れました。



苦しみの時にいつも助けて下さった神です。

ヤコブの人生で苦しかった時にはいつも主が現れ、彼に語り、励まして下さいました。


主の約束のことばを思い出させ、希望を持つようにして下さいました。






体験した人は神が真実な方であることをはっきりと知っています。

また神は悲しみ、痛みがある時に慰めて下さる方です。


死んだと思っていた息子ヨセフに会えるという期待と 神の現れが、どれほどヤコブにとって慰めになったか分かりません。



また神は飢饉に見舞われていたヤコブと家族を食糧が豊富にある所に導き、住む所も与えて下さいました。


主は私たちの苦しみを知っておられます。

主に頼って生きる者を養って下さる神は、祝福の神です。



ヤコブの神は私たちが信じる神と同一の神です。

今も同じく働いておられます。


この神によって自分の人生もハッピーエンドに終わることを思い、主に感謝をささげましょう。


私たちの人生を逆転させて下さるのが神です。


真実な神、慰めの神、祝福の神です。


2020.3.8
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ