すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

祈り

感謝の心



テーマは「 感謝の心 」です


◎基調聖句 コロサイ人への手紙 3章17節

◎関連聖句 出エジプト記23:16~17、ヨブ記2:10

あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。(コロサイ3:17)

【 要 旨 】

今日は収穫感謝礼拝をします。

出エジプト記23:16~17には

あなたが畑に種を蒔いて得た勤労の初穂の刈り入れの祭りと、年の終わりには、あなたの勤労の実を畑から取り入れる収穫祭を行わなければならない。年に三度、男子はみな、あなたの主、主の前に出なければならない。
と記されている。

感謝祭は単なるイベントではなく、心から感謝して、祈る行事であるから、神によって満たされていることを喜ぶ祭りである。

聖書の中でどんな苦しい時でも、いつも感謝にあふれていたのはヨブである。


すべての恵みは神からいただいたので、すべてを失った後でも、災いにも感謝すべきでないかと、神を呪って死になさいと言った妻をさとしている。

どんな時でも神に感謝していれば、信仰を失うことはありえない。


最も重要な感謝は、私のような罪人が救われて、永遠の命をいただいたことである。


この感謝は、天国に直結している私たちが救われたのは、人々が人生に苦しみ、荒野にいるような状態であったのを、いつも共にいて守ってくれる神のお蔭である。


この神の恵み、導きに感謝しなければならない。

このことを喜んでいる人は、どんな時でも、神が問題を解決して下さる。


また、人からも認められて、成功の人生を送ることができる。

息をしていることも、食物を与えられていることも感謝しよう。


すべてのことを感謝すことが、神に栄光を捧げることであり、それで、さらに祝福が増し加わることになる。

2017.11.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

イスラエルと再臨の時期



テーマは「 イスラエルと再臨の時期 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 24章32~35節

◎関連聖句 申命7:6~7、創世12:7、13:15、15:7、17:8、 申命28:15、28:36~37、30:4~5、 Ⅱテサロニケ2:3~4、ルカ21:34~36

まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。 この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。(マタイ24:34~35)

【 要 旨 】

マタイ24:32~35に書かれている「いちじくの木のたとえ」はマルコ13:28~31、ルカ21:21~27にも、同じような表現で書かれている。

それほどこれは重要なことなのである。


基調聖句のこれらのこととは、

  • ・御国の福音が全世界に宣べ伝えられる。
  • ・民族や国は敵対して立ち上がる。
  • ・人々が互いに裏切り、憎み合う。
  • ・不法がはびこり、多くの人たちの愛が冷たくなる。
  • ・かつてなかったようなひどい苦難に合う。
  • ・偽キリストや偽預言者が現れて不思議なことをして見せる。
  • ・天の万物が揺り動かされる。
  • ・人の子の遣わした御使いたちが、天の果てから果てまで選びの民を集める。

などのことを指している。


では、なぜイスラエルなのか。

神は創世記でアブラハムにこのイスラエルのカナンの地を子孫までも与えると約束されているからである。

2600年以前からイスラエルの土地であって、パレスチナ人の土地ではなかった。


ただ、イスラエル人が神に逆らったので、一時期追放されていただけである。

イスラエルは小さい国であるが、神に選ばれた国である。


神の地のイスラエルを建国したこと、近世では60日戦争でエルサレム(神の都)を奪還したことは成就したのであるが、神殿建設はまだ始まっていない。


ルカ21:34~36には

あなたがたの心が放蕩などこの世の煩いで沈み込んでいる所に、その日がわなのように突然あなたがたに望むことがないように、よく気をつけなさい。その日は全地の表に住むすべての人に臨むからです。しかし、やがて起ころうとしているこれらすべてのことから逃れ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。
と書かれている。


要は望みをもって主を待ち、真実の言葉を、目を覚まして聞こうと言うことに尽きる。

2017.10.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

あなたには何がありますか



テーマは「 あなたには何がありますか 」です


◎基調聖句 使徒の働き 3章1~10節

◎関連聖句 ヨハネ15:5、マルコ9:27、エペソ6:18、イザヤ58:7

すると、ペテロは、「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい」と言って、 彼の右手を取って立たせた。するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、 おどり上がってまっすぐに立ち、歩きだした。(使徒3:6~8)

【 要 旨 】

初代教会は神の奇蹟がよく起こった。


当時、貧しい人は、お金をもらって生活するのが常であった。

また身体の不具合な人は祈ってもらい、いやしてもらうことが多かった。


そのようなことを期待している人たちの物乞いに対して、ペテロとヨハネは、私たちには金銀はない。私にあるもの(イエス・キリスト)をあげようと「キリストの名により歩きなさい」と大胆な言葉で祈り命じた。

それが基調聖句の使徒の働き3章1節~10節の聖句である。


ひるがえって、現代の私たちには、イエス・キリストがいるにもかかわらず、大胆に言える信仰がない。

この差は何であろうか。


資本主義では、金さえあれば何でもできると主張する人が多い。

しかし、そういうことが起こる確率は、神の御言葉を信じて、実行する人よりも少ないことを私たちは肝に命じておかなくてはならない。


特にクリスチャンであるならば、もっと大胆に祈るという信仰が問題なのである。


しかし、イエスにぴったりと付いておれば、大胆な信仰がついて来る。

このことは自分の身体や心で試してみれば、よく理解できる。


体験を通して、大胆にイエスを勝利者と呼ぼう。


エペソ6:18には

すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。
とある。


人を助けるには、憐れみの心を持って接することも大切である。


多忙だからなどと言って、このような崇高な心を消してしまってはならない。


「隣の人を助けなさい。」と言われている。

無関心は人を憎むことよりも悪いと、イザヤ58:7では言っている。


御名を崇めることのできない日々の生活の中では、段々と神の力が無くなってゆくことを覚えるべきである。

2017.8.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

目を覚ましてすべきことNo1



テーマは「 目を覚ましてすべきことNo1 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 5章14~21節

◎関連聖句 コロサイ人への手紙 4章2節

明らかにされたものはみな、光だからです。それで、こう言われています。「眠っている人よ。目をさませ。死者の中から起き上がれ。そうすれば、キリストが、あなた を照らされる。」 そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、 機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。 ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。(エペソ5:14~17)

【 要 旨 】

いつまでも、神に対して眠っている人は、悪い時代だから目を覚ませと言われる。

そのためには、命のパンを毎日食べて、神と対話し、祈りを捧げ、霊と真をもって、真実な愛のもとに、主の御名を誉むべきである。


病院に1か月位入院して、歩くことをしないと、筋肉が弱くなり歩けなくなる。


霊もそれと同じで、対話がなければだんだん弱くなってゆく。

目を覚ましていて、なすべきことは神に対して、本当の意味での願いをして、導き、受け入れられるようにしていただき、感謝をすることである。


それが些細なことであっても、積み重ねていく努力が大切である。


神の恵みは、当たり前と思ってはならない。

神の願いは、永遠の地獄から罪人となった我々が立ち返ることである。


これに返礼することは、時が良くても悪くても続けなければならない。


その愛に報いるために、私たちは、神に恵まれない人々に福音を伝えることが使命である。


神に対して目を覚ましていて、大胆に次世代の人たちに伝えることが、なすべきことである。

2017.6.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

金の子牛と十字架



テーマは「 金の子牛と十字架 」です


◎基調聖句 出エジプト記32:1~10、Ⅰコリント1:18~19

◎関連聖句 へブル12:1、使徒4:12、Ⅰペテロ4:17、へブル6:1-6、出エジプト32:31-35、出エジプト33:9-11

民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」(出エジプト32:1)

【 要 旨 】

神の御心(御言葉)にそって祈ることが、我々には最も求められていることである。


歴史は神の計画であり、神のシナリオ通りに動いている。


信仰があっても、祈りがなければ何にもならない。

毎日祈ることが生かされていることである。


まことの神に仕えなければならないのに、金の子牛を拝むのは背教である。

これは罪の奴隷になっている。


モーセはヨシュアと共に40日間神を待ち望み、祈っていたのに、うなじのこわい民は、それが待ちきれなくて、我々が神を作ろうと叫び出した。


時は下って、新約の時代のイエスは、神殿を商売の場にすることをひどく嫌って、追い出し、聖別した。


サドカイ人たちの偽教師は、生長しようとする姿が見られないので、悔い改めて重荷を捨てさせた。


堕落している恵み万能主義を、神は喜ばれないのである。


使徒4:12には

この方以外には、誰によっても救いはありません。
と書かれている。


また、Ⅰペテロ4:17には

裁きは神の教会からはじまる。
とされている。


神は信じない者よりも、偽物に厳しくされる。


出エジプト32:31~35には

わたしに罪を犯した者は、誰であれ、わたしの書物から消し去る。
と恐ろしく、厳しく言われている。


生きた命を常に目指すのは、十字架の道しかない。


私たちはそこで命の冠を得たいものだ。

2017.3.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ