すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

礼拝

神と隣人への愛はどのようにすべきか



テーマは「 神と隣人への愛はどのようにすべきか 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 22章34~40節

「先生。律法の中で、たいせつな戒めはどれですか。」 そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』 これがたいせつな第一の戒めです。 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。(マタイ22:36~39)

【 要 旨 】

律法の中で最も大切な戒めは、神の人間に対する愛を知ることと、隣人を愛することだとイエス・キリストは言われた。


キリスト教の基本は、神の愛と隣人を愛することが律法全体(十戒)の戒めであるということである。

信仰は神の言葉のすべてを信じ、実行することに尽きる。


神の愛とは、人間同士の愛とは異なっていて、神を敬うこと、礼拝をして、神に栄光を捧げることにより悟り得るものである。

心がこもってない礼拝は神を崇めていないと言える。


カインは神を一番大切にしていないと言うことである。

であるから、礼拝は、悔い改めて心を尽くして、神への愛を誓うことから始める必要がある。


「隣人を愛せよ」という隣人とは、近くにいる人全員を指している。

「良きサマリヤ人」のたとえで、イエスは話をされているが、そのような愛も勿論であるが、今、クリスチャンとして奉仕すべき「国境なき医師団」イエメンなどへの病人の食糧支援も、そのような隣人に対する愛の行為である。


私たちは最善を尽くし、神と隣人の両方を愛することに心がけよう。

2018.1.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神に近づく



テーマは「 神に近づく 」です


◎基調聖句 詩篇 73篇28節

◎関連聖句 ヤコブの手紙 4章8節

しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。(詩篇73:28)

【 要 旨 】

世の中で最高の恵みは、神と共にいることです。

私(ヘス牧師)の願う人物は、300年もの間、神と共に歩み、生きたまま天に引き上げられたエノクです。


私たちはひもすがら、神のことを思い、喜んで共に歩いているでしょうか。

忙しいと言っては、怠けていることが多いのではありませんか。


ヤコブ4:8では

神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたに近づいてくれます。
と言われているではありませんか。


何故、私たちは、常に神と共に歩めないのでしょうか。

それは、問題が生じた時、絶望感に襲われた時、誰の側にいたかということに尽きます。


その時、神しかいない。

神から慰めを得たいと感じれば、神の臨在を感じるはずです。


聖霊の導きをいただいて、へりくだって、祈ることです。

そうすれば、心が清くなり、健全な生活ができて、神に近づくことができます。


大切なことは、神に栄光を捧げる気持ちを持つことです。

喜びをもって静かに待ち望むことです。


イエス様は荒野へ出て行って、神の臨在を感じ取ったようです。

私たちもイエス様に倣って、教会で共に礼拝して、喜びをもって静かに待ち望む。


すなわち聖なる者を目指して、聖書を毎日読んで、祈るならば、共に歩めるでしょう。


毎日、教会に行きたいと言う気持ちで、神に礼拝を捧げ、真剣に祈るなら、アダムとエバのような罪を犯さず、エノクのように神に近づくことができます。

神様はそれを待っておられます。

2017.9.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

奇跡の始まり



テーマは「 奇跡の始まり 」です


◎基調聖句 Ⅱ歴代誌30:7~9、31:10、31:20~21

◎関連聖句 マタイ6:19~21、使徒4:32~35

あなたがたは、父祖の神、【主】に対して不信の罪を犯したあなたがたの父たち、兄弟たちのようになってはいけません。あなたがたが自分の目で見ているとおり、主は彼らを恐怖に渡されたのです。 今、あなたがたは、自分の父たちのようにうなじのこわい者であってはなりません。【主】に服従しなさい。【主】がとこしえに聖別された聖所に入り、あなたがたの神、【主】に仕えなさい。そうすれば、主の燃える怒りがあなたがたから離れるでしょう。(Ⅱ歴代誌30:7~9)

【 要 旨 】

ヒゼキヤは大声で泣いて、神から15年寿命を延ばしてもらったというエピソードは有名であるが、実は堕落した教会に対し、神に立ち返るよう宗教改革をした立派な王様である。


当時イスラエルは南ユダと北イスラエルに分割され、偶像礼拝などのため、神から離れて混乱していた。


現在の米国は、これに似ていると言ってもよい。


ヒゼキヤ王の改革の仕方は、神の宮に罪と礼拝が併存していたのを平常化したことである。

それは神の恵みこそ、求むべき新しい思いであり、特に神の命令を守ること、正しく拝げることとする体制に改革したことである。


今の資本主義のように金銭を守ることが中心であると、キリストに従うべきが、この世の流れの方向に向かうことになる。

マタイ6:19には

自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい
と言われる。


また、使徒4:32~35では

すべてが共有されて、乏しい者がなく、皆祝福されていた
と書かれている。


今、必要な宗教改革は、子供たちに十戒などの倫理を教え、若者の魂の改革が必要である。


神を愛し、愛されることに努め、偶像礼拝や金銭を愛する生活から抜け出さないと、奇跡は始まらない。

2017.2.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神の絶対主権



テーマは「 神の絶対主権 」です


◎基調聖句 創世記 25章21~23節

◎関連聖句 ローマ9:1~21、Ⅰコリント1:26~31、コロサイ3:12~17

イサクは自分の妻のために【主】に祈願した。彼女が不妊の女であったからである。【主】は彼の祈りに答えられた。それで彼の妻リベカはみごもった。 子どもたちが彼女の腹の中でぶつかり合うようになったとき、彼女は、「こんなことでは、いったいどうなるのでしょう。私は」と言った。そして【主】のみこころを求めに行った。 すると【主】は彼女に仰せられた。「二つの国があなたの胎内にあり、二つの国民があなたから分かれ出る。一つの国民は他の国民より強く、兄が弟に仕える。」(創世記25:21~23)

【 要 旨 】

神の御心とは何だろうかと多くの人はつぶやいている。
しかし、神に造られた者が、神に言い逆らうことは、出来ないことである。


神は絶対主権を持っていて、それはヤコブを選んだことによっても、伺い知れることである。


神の選択基準は何か。


神はこの世で恵まれていない者を選び、平等に霊的祝福を与える。

約束をした者、計画を持っている者を選んだ。


神はエサウを捨ててヤコブを選んだ。

ヤコブは肉の思いで苦しい人生を送っていたが、神の訓練により変わった。


神に選ばれたことは、素晴らしい祝福である。

であるから選ばれた者は、十字架を背負って、その権威を認め、心から愛し、礼拝し、生きなければならない。


神に選ばれた者は、その御心の通りに一生懸命、聖なる生活をしなければならない。


ヤコブもパウロも、選ばれた者は最後まで従順であった。

それは、私たちにとっても義務である。


神の絶対主権に対しては、我々は死に至るまで忠実でなければならない。

2016.5.8
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

礼拝する心で生きる



テーマは「 礼拝する心で生きる 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 4章19~24節

◎関連聖句 ヨハネ13:35、使徒2:44~45

救いはユダヤ人から出るのですから、わたしたちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。 しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。(ヨハネ4:22~23)

【 要 旨 】

「神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」
とイエスはヤコブの井戸でサマリヤの女に言われた。(ヨハネ4:24)


日曜日以外に礼拝はしないと言う人を、神は喜ばない。

アラーの神にイスラム教徒は毎日礼拝を捧げている。


クリスチャンも毎日の生活の中で礼拝しないと神は喜ばれない。

それが霊とまことの心である。


普段の生活の中で、互いに愛し合い助け合いながら、一人の礼拝者として生きることが、まことのクリスチャンの生活である。


初代教会は多くの人々が、神の愛の礼拝者であった。

毎日の生活の中で、神を喜び、礼拝する生活に生きるのが、教会員である。


そして神を知らない人々を真の礼拝者として導くのがクリスチャンの務めである。

私たちは神を愛するために生かされている者である。

この恵みをマイナスにしては駄目なのである。


祈りの家を商売の店にしてはならないとイエスは厳しく言われている。

平和のない所に平和をもたらす。
教会はこの世においてもすべてである。


神のみこころをくんで、人々を愛すること、絶えず祈って真の礼拝者になること、そして喜びに満ち溢れて、感謝すること、それが真の礼拝する心で生きるということである。

私たちはカインのように、心のこもった贈り物を神に捧げ、神を礼拝する者でありたい。

それが、神が探し求めている生き方である。

2015.9.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ