すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

生き方

主に仕える



テーマは「 主に仕える 」です


【使徒の働き20章19-21節】

私は謙遜の限りを尽くし、涙をもって、またユダヤ人の陰謀によりわが身にふりかかる数々の試練の中で、主に仕えました。

益になることは、少しもためらわず、あなたがたに知らせました。人々の前でも、家々でも、あなたがたを教え、

ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神に対する悔い改めと、私たちの主イエスに対する信仰とをはっきりと主張したのです。

神によって召された者、選ばれた者はその召しにふさわしく歩まなければなりません。

それは召して下さった神に答えるためであり、また つまずかないためです。



神に召した者たちを見ると優れた者はいないです。

イエス様の十二弟子を見ても、すぐれた者は一人もいませんでした。

ある意味 問題ある人、無学な者、気質の激しい人ばかりでした。


パウロも教会を迫害したので本来 選ばれるはずのない人でした。

そんな人たちを変えて使おうとしたのでしょうか。



人は変わるでしょうか?

変わらないです。


人を変えようとするのは愚かなことです。



悔い改め、信仰を持ったから その人が変わりますか?

その人自身、すなわち その人の気質は変わらないです。


ただ悔い改めによってその人の生き方と人生の目標が変わります。



神は、人の気質を変えて使うのではなく、その人に目標と使命を与えて、生き方を変えます。



バラがユリにはならないし、ユリがバラになることがないのと同じです。


人は神に出会い、神が与えて下さった目標がある時に、それに従おうと生き方を変えます。

信仰のない者が信仰を持つことで変化が起こります。



パウロは律法をよく守っていましたが、イエス様に敵対し教会を迫害しました。

自分のこと振り返ってこのように言いました。


【第1テモテ1章12-13節】

私は、私を強くしてくださる私たちの主キリスト・イエスに感謝をささげています。なぜなら、キリストは、私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです。

私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。


パウロは神の選びにふさわしく生きたロールモデルです。


自分はそれにふさわしくないと逃げる者とは全然違います。

神は、ペテロはペテロらしく、パウロはパウロらしく、ヨハネはヨハネらしく使いました。



福音の内容、福音を伝える彼らの態度、熱心に取り組む姿は同じでした。

しかし 彼らは彼ららしく働き、使命を果たしました。


私たちも自分らしく用いて下さいます。


ですから誰かと比較する必要がなく、召しにふさわしく生きることが一番です。


2020.10.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

自分との戦い



テーマは「 自分との戦い 」です


【第1ヨハネ2章15-17節】

世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。

すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。

世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行う者は、いつまでもながらえます。

自分の心を守り、罪に勝ち、誘惑に勝つ人が一番強い人です。


【ヤコブ1章14-15節】

人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。

欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。

誘惑されるのも 罪を生むのも 死を招くのも、原因は自分の中にある欲に勝てなかったことにあります。


霊的戦いは、まず自分との戦いから始まります。



自分に勝てない人が この世、他人、悪魔に勝つことが出来るでしょうか?

本文では勝つためには どうすべきかを教えています。


世をも、世にあるもの(肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢など)を愛してはいけないです。



“世と世にあるもの” とは何でしょうか。


私たちの肉を喜ばせるもの、私たちの目を喜ばせるもの、私たちの人生で自慢できるものなどです。


それらは生き方にも現れます。


世のやり方を愛します。

世のものを愛します。

世のものに関心があります。



そして真理に従って歩むことを喜ばず、自分の欲のまま、自分の思いのまま、そして偉そうな生き方をします。


その結果、世を愛する心が 主を愛する心を追い出すので、主を愛する心が消えていき、主から自分を孤立させます。

父なる神のみこころに従って歩むことが不可能になります。


私たちは世を愛するか神を愛するかをはっきりさせないといけないです。


【マタイの福音書6章24節】

だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。

世と世にあるものは、どんなに愛して手に入れてもすべて消えていきます。


しかし神のみこころを行う(自分の生活の中に神の目的を遂行する)人は永遠にとどまります。


神はその人のことを “自分に勝利した人” として認めて下さいます。


2019.7.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒の生活



テーマは「 聖徒の生活 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 16章21~26節

それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、 自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。 いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は 、それを見いだすのです。 人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、 人はいったい何を差し出せばよいでしょう。(マタイ16:24~26)

【 要 旨 】

聖書の福音の奥深いところは、聖書を通して知らなければならない。

神は私たちと共におられて、自分の十字架を背負って、わたしについて来なさいと言われるのは、最初であり、またすべてである。


しかしながら、このように聖書に忠実に真の言葉を語る教会は少ない。

私たちがしたいという信仰生活と、神がしなさいという生活とは、全く異なるのであるが、人間的でないと信徒が集まらないためか、 真実とかけ離れたパリサイ人のような教えになっているのである。


私たちが教会に来る理由は、種なしパンである主に従うということで、光と真理を求めるためである。

聞く耳のある者にのみ、教会は教えるべきである。

世の中的な肉的なことでは本物の聖徒にはなれないし、いつまでたっても罪が分からない。


私たちは、主に従う生活、すなわちイエスと共にいて、イエスのために生きる生活をしないと、生まれ変われない。

イエスの十字架による代価で買い取られているのであるから、古い罪人である自分を否定する生き方に変えてほしい。


神と対決しても勝利する者は一人もいない。

神の栄光にならないものは捨ててしまって、真の命を損じないように生きることが大切である。

2014.11.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ