テーマは「 シェケムにある祭壇 」です


◎基調聖句 創世記 33章17~20節

◎関連聖句 創世記 32章26~28節

ヤコブはスコテへ移って行き、そこで自分のために家を建て、家畜のためには小屋を作った。それゆえ、その所の名はスコテと呼ばれた。 こうしてヤコブは、パダン・アラムからの帰途、カナンの地にあるシェケムの町に無事に着き、その町の手前で宿営した。 そして彼が天幕を張った野の一部を、シェケムの父ハモルの子らの手から百ケシタで買い取った。 彼はそこに祭壇を築き、それをエル・エロヘ・イスラエルと名づけた。(創世記33:17~20)

【 要 旨 】

ヤコブは波乱万丈の一生であった。

彼は父に嘘をついて、また単純な兄のエサウを誤魔化して、長子の権利を得た。


良くないことをしたため、彼は多くの苦難にあったが、ヤコブは神の恵みと、神が彼を祝福してくれることを知っていた。

それでヤコブは祭壇を造って神を崇めた。


我々の人生でも様々な道筋の中で、神がなさったことを思い出すべきである。

大きな危険が、何回かあった筈である。


そこをどのようにして乗り切ることができたかを考えた時、我々が助かったのは、神の恵み、生きて働く神の助けであったことを気付くであろう。


サタンは私たちの敵であり、多くの罠や仕掛けをして来るが、全能なる神は、我々をいつも安全な場所に導いてくれる。

そして、共にいるから心配しなくていいと励まして下さる。


そして、私たちが祈り求めれば、それに答えて下さる。

神をすぐに呼ぶことは可能なのである。


神と違う方向の時は、ヤコブも恵まれていない。

神を信じれば、知恵が与えられるが、真実その通りに求め、祈れば答えて下さる。


信じる者は、何でもできる。

祭壇を建てて我々も感謝を表すべきである。

2016.10.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■