すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

歴史

ノアの信仰の段階



テーマは「 ノアの信仰の段階 」です


【へブル11章7節】

『信仰によって、ノアは、まだ見ていない事がらについて神から警告を受けたとき、恐れかしこんで、その家族の救いのために箱舟を造り、その箱舟によって、世の罪を定め、信仰による義を相続する者となりました。

長い歴史の中で、世界が滅びたのは一回でした。

昔のことなので、今それを経験した人は誰もいないです。


そしてもう一度、世界が滅びることが予定されてあります。

もしかしたら今生きている人の中でそれを経験する人がいるかも知れないです。



ノアの時代も多くの人が地上にいました。

しかし生き残ったのはノアの家族8人だけでした。


神は、ノアとその家族に特別な恵みを注いで下さいました。


なぜ神の特別な恵みを受け、みんなが死んだ時に生存することが出来たでしょうか。



まずは彼が神を恐れていたからです。

すなわち神を神として崇め、神を信じていたからです。


他の人たちは神を神として崇めることをせず、きっと偶像崇拝していたと思います。

みんな自分勝手に罪を楽しみながら生きていました。



神が見た時に、全世界は暴虐で満ちていたと聖書は記録してあります。


神は悪の世界を滅ぼす計画をもって、ノアに注意警告を与えました。


それと共に箱舟を造るように命じました。

箱舟の設計図も主が教えました。


【創世記6章13-14節】

そこで、神はノアに仰せられた。「すべての肉なるものの終わりが、わたしの前に来ている。地は、彼らのゆえに、暴虐で満ちているからだ。それで今わたしは、彼らを地とともに滅ぼそうとしている。

あなたは自分のために、ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい。

ノアは箱舟を設計図通りに造りました。


その後に神のことば通りに大洪水が起こりました。

大洪水で世界はどうなったでしょうか。


【創世記7章22節】

いのちの息を吹き込まれたもので、かわいた地の上にいたものはみな死んだ。

箱舟に入ったノアの家族8人だけが残りました。


神はまたノアの家族を通して、子孫がたくさん増えるようにして下さいました。

私たちはノアの子孫たちです。


ノアへの評価は義を相続する者であり、箱舟によって世の罪を定めました。



神は今の時代にも同じ警告を与えています。



私たちが助かる箱舟はイエス・キリストの救いの箱舟です。


そこに入るならば助かります。

主はそこに入るように招いておられます。


2020.11.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

来て下さい



テーマは「 来て下さい 」です


【ヨハネの黙示録22章17-21節】

御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。

これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。

主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。

今日のことばは聖書の最後にあることばです。

最後にあることばの中に「来て下さい」と言う言葉が3回もあります。


ヨハネの黙示録は、未来の歴史が書かれてあります。


歴史は過ぎたことですが、ヨハネの黙示録はこれから起こる 神が書いた未来の歴史です。



神は使徒ヨハネに未来の歴史を示して下さいました。

その中でも特にキリストの再臨に対して黙示録は語りました。


【ヨハネの黙示録22章7節】

「見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。」

【ヨハネの黙示録22章12節】

「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。

このように語ったことばに対して、聖霊と花嫁(教会)は「来て下さい」と応答しました。


そして招待のことばがありました。



“聞く者、渇く者、ほしい者” は「来て下さい」と言われました。


  • 【聞く者】…… キリストの預言のことばを聞く者
  • 【渇く者】…… 義に飢え渇く者(マタイの福音書5章6節)
  • 【ほしい者】…… いのちの水が欲しい者(キリストの救いを願う者)


これらの者のために、主はすでに自分の血で贖いを完成しましたので、だれでも福音を聞いて、キリストを信じるならば 永遠のいのちを賜物としてタダで受けることが出来ます。


それから神の預言のことばに対して付け加えたり、取り除くならば 神の怒りに会い、神の国には入れません。


なぜなら神の権威を無視する高慢な行為なので、神の怒りにあうのは当然なことです。



主が3度も「私はすぐに来る」と言われたのは、必ず再臨すると強調したことです。


それに対して再臨信仰を持っている人は期待しながら毎日迫害に耐えながら勝利の生活を送っていました。



今も再臨信仰を持っている聖徒は 天の故郷を慕い求めながら「主イエスよ。来て下さい」と告白しなければなりません。


2020.4.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

金の子牛と十字架



テーマは「 金の子牛と十字架 」です


◎基調聖句 出エジプト記32:1~10、Ⅰコリント1:18~19

◎関連聖句 へブル12:1、使徒4:12、Ⅰペテロ4:17、へブル6:1-6、出エジプト32:31-35、出エジプト33:9-11

民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」(出エジプト32:1)

【 要 旨 】

神の御心(御言葉)にそって祈ることが、我々には最も求められていることである。


歴史は神の計画であり、神のシナリオ通りに動いている。


信仰があっても、祈りがなければ何にもならない。

毎日祈ることが生かされていることである。


まことの神に仕えなければならないのに、金の子牛を拝むのは背教である。

これは罪の奴隷になっている。


モーセはヨシュアと共に40日間神を待ち望み、祈っていたのに、うなじのこわい民は、それが待ちきれなくて、我々が神を作ろうと叫び出した。


時は下って、新約の時代のイエスは、神殿を商売の場にすることをひどく嫌って、追い出し、聖別した。


サドカイ人たちの偽教師は、生長しようとする姿が見られないので、悔い改めて重荷を捨てさせた。


堕落している恵み万能主義を、神は喜ばれないのである。


使徒4:12には

この方以外には、誰によっても救いはありません。
と書かれている。


また、Ⅰペテロ4:17には

裁きは神の教会からはじまる。
とされている。


神は信じない者よりも、偽物に厳しくされる。


出エジプト32:31~35には

わたしに罪を犯した者は、誰であれ、わたしの書物から消し去る。
と恐ろしく、厳しく言われている。


生きた命を常に目指すのは、十字架の道しかない。


私たちはそこで命の冠を得たいものだ。

2017.3.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ