テーマは「 従順の祝福 」です


◎基調聖句 列王記第二 5章9~14節

◎関連聖句 申命記 28章1~2節

そのとき、彼のしもべたちが近づいて彼に言った。「わが父よ。あの預言者が、もしも、むずかしいことをあなたに命じたとしたら、あなたはきっとそれをなさったのではありませんか。ただ、彼はあなたに『身を洗って、きよくなりなさい』と言っただけではありませんか。」 そこで、ナアマンは下って行き、神の人の言ったとおりに、ヨルダン川に七たび身を浸した。すると彼のからだは元どおりになって、幼子のからだのようになり、きよくなった。(Ⅱ列王5:13~14)

【 要 旨 】

奇跡は、神は何処ででも使ったのではない。

神は従順する人を求めておられる。

神に従順すれば、あなたは祝福がわかる。


神の御心と力とは、信仰生活の決算であり、大切なことは、神に従順した後の奇跡が証明してくれる。


基調聖句「Ⅱ列王記」はナアマンの奇跡の物語である。

彼は王様に信頼されており、権力も富も得ていたが、らい病を持っていた。

その病気をイスラエルの王に治してもらおうとした時、神の人エリシャ(預言者)はヨルダン川で、七度身を洗いなさいと、言ったが、はじめは、神の人の手で鄭重に治して欲しかったので拒否したが、しもべの取りなしで言われた通りにすると、病気は治ったという、従順の勝利を強調している。


この時、普通の人は高慢であるからこのようにならない。


人間は、善悪の木の実を食べて以来、罪人となり神に従順しなくなったが、私たちは神に対しては、反抗してもどうにもならないのである。


ただ「ハイ」と「アーメン」しか神に返す言葉はない。

その二つの言葉がすなわち信仰である。


従順こそ信仰の姿である。


神よ。私たちを信仰ある者として、救い出して下さい。

従順の祝福を学んだので、私たちに力を与え助けて下さい。

2015.10.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■