テーマは「 どんな手が清い手なのか 」です


◎基調聖句 テモテへの手紙第一 2章8節

ですから、私は願うのです。男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。(Ⅰテモテ2:8)

【 要 旨 】

日常生活で一番よく使うのは手である。

この手が良いことに使われることも、悪いことに使われることもある。


正しいことに使われるなら清い手である。



① 祈る手は清い手である



祈りは信仰生活でとっても必要なことである。

祈りの手はどんな手よりも清い手で、力を体験する手となる。

イエスは祈りを聞いてくださる。



② 奉仕する手は清い手である



神は人々にいろいろな賜物を与えている。

その賜物を生かしたいろいろな奉仕があるが、掃除をする、料理をする、奏楽をする、メッセージをするなどの奉仕する手は清い手である。



③ 愛を与える手は清い手である



旅人が倒れているのを見たレビ人や神に仕える者は見て見ぬふりをしたが、サマリヤ人は自分の利益を考えず、人のために自分の時間、お金を使い、最後まで世話をした。


こういう愛はパリサイ人たちにはなかった。

神は愛によってする施しは喜ばれるが、人に見せるための施しは喜ばれない。



④ 伝道する手は清い手である



伝道は教会の人数を増やすためではなく、地獄へ行く人を救うためである。

福音を伝えたりチラシを配ったりする手は清い手である。

常に伝道する気持ちを持たないといけない。




私たちはみんな二つの手を持って生きている。


尊い手もあれば、卑しい手もある。

有益な手もあれば、いない方がいい手もある。

自分たちの手が神様に喜ばれる清い手になるようにしなければならない。

2018.4.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■