すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

成長

心を尽くしてすべき事



テーマは「 心を尽くしてすべき事 」です


◎基調聖句 詩篇 119篇105節

◎関連聖句 ①ピリピ4:6、②ピリピ4:7、③ピリピ4:13、④箴言3:6、⑤ガラテヤ2:20、⑥マタイ6:33、⑦ローマ12:2、⑧ヨシュア1:9、⑨ローマ8:26、⑩ローマ8:28

あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。(詩篇119:105)

【 要 旨 】

みことばに導かれる信仰が、私たちの支えです。

韓国の聖徒たちの選んだみことば、今まで暗唱聖句として取り上げましたが、その中から10節拾い出しました。


これを今年1年、生かせれば成長します。


①何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。(ピリピ4:6)
主に委ねる生活をすると、実際に問題解決することが多いです。


②そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。(ピリピ4:7)
イエスの約束通り、いつも喜びと平安があります。


③私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。(ピリピ4:13)
信仰のある姿を神に見せると、権力を持っている人に対し、ビクともしない力が与えられる。


④あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。(箴言3:6)
毎日神様は共にいて、導いて下さいます。


⑤私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。(ガラテヤ2:20)
古い人を捨てて新しくなること。


⑥だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。(マタイ6:33)
二番手にすれば、神は受け入れてくれません。一番にすれば乏しいことはありません。


⑦この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。(ローマ12:2)
信仰は常に神に合わせて変えてゆくことです。


⑧わたしはあなたに命じたではないか。強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、【主】が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」(ヨシュア1:9)


⑨私たちはどのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が私たちのために取りなして下さいます。(ローマ8:26)


⑩御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。(ローマ8:28)


結局、素晴らしい神の御国へ入れてくれます。アーメン

2017.1.8
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

すべてのことについて感謝しなさい



テーマは「 すべてのことについて感謝しなさい 」です


◎基調聖句 詩篇 136篇1~26節

【主】に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。神の神であられる方に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。主の主であられる方に感謝せよ。その恵みはとこしえまで。ただひとり、大いなる不思議を行われる方に。その恵みはとこしえまで。英知をもって天を造られた方に。その恵みはとこしえまで。(詩篇136:1~5)

【 要 旨 】

神様は私を危機から助けて下さいました。

感謝の心で、一人ひとりがよく目を見開いてみますと、そこには神様の導きがあったことが分かります。


たとえば、食物を満たして下さり、毎日の生活を守って下さいました。


イエス様はいつも、わたしから目を離さないようにと言われました。

そうしないと、喜びも平安も消えるとおっしゃいました。


絶望の中でも、わたしを直視すると助けてあげると励まして下さいました。


神様に根を下ろしていれば、その信仰を堅く守っていて、いつも喜んで、絶えず祈っていて、感謝していれば、誰でも新しく変えられた者となると言われました。


大きい木は、苦しみの中でも、雑木に勝って、大木へと大きく成長しています。

成長とは、皆そのようなものです。


私たちは習慣を変えるのは難しいのですが、神様は、苦難の道で訓練して、成長させて下さいます。


ヨブの人生は苦難で、何も残らなかった時でも、信仰が成熟して、感謝する道を選んで、さらなる幸福をつかむことができました。

失ってから大切なことが分かりました。
私たちも同じです。


今日一日の命に感謝する時、神様は、私たちが考えられる以上の恵みを与えて下さいます。


私たちの今の人生に、心から感謝して、拍手を送りたいですね。

2016.11.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰と感謝の関係



テーマは「 信仰と感謝の関係 」です


◎基調聖句 コロサイ人への手紙 2章7節

◎関連聖句 Ⅰペテロ2:2、Ⅱペテロ3:18、Ⅰコリント14:20、エペソ5:3~4

キリストの中に根ざし、また建てられ、また、教えられたとおり信仰を堅くし、あふれるばかり感謝しなさい。 (コロサイ2:7)

【 要 旨 】

私たちは誘惑の中においても、神の言葉に満たされていて、信仰に比例したあふれるばかりの感謝をしなければならない。


そして、もっと成長するようにと、神の知識を求めて、人格的に変えられるように祈る姿が肝要である。

成長は真理の言葉とされるキリストに出会ってから、どう変えられたかが判断材料になる。


人格の成長は、神の言葉により、我々がそれをどう消化したかによる。


Ⅰペテロ2:2には

生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋なみことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し救いを得るためです。
と書かれている。


また、Ⅱペテロ3:18では、

私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストによる栄光が、今も永遠の日に至るまでありますように。
とある。


私たちは、神の口からの言葉で生きるのであって、新しい神からの言葉(知恵)を入れられると、価値観が変えられて新しい人になることができる。


成長するにつれて感謝は進化するものである。


最初は恵みに対して感謝することで、これは弱い人にもできる。

次の段階は救いを受けた恵みに感謝する。


更に次は、魂の永遠に生かされる喜び、霊的祝福に対して、あふれるばかりの感謝となる。


最終段階は、日々神を褒め称える姿であり。

こうなると感謝が常にあふれる状態になる。


日々、神を褒め称える姿が大切であって、思い煩い、みだらの言葉などを避けているか点検をすることを忘れないようにしよう。

2016.11.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

互いに重荷を負い合いなさい



テーマは「 互いに重荷を負い合いなさい 」です


◎基調聖句 ガラテヤ人への手紙 6章2節

◎関連聖句 使徒2:44~45、申命記24:19

互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。(ガラテヤ6:2)

【 要 旨 】

お互いというのは、共に神を信じて、神の子どもとなった家族の人々のことであって、互いに重荷を負い合う運命共同体、すなわち教会の中の人たちである。

救われた者同士は、共に神の中で愛し合い、初代教会のように、合宿しながら訓練を受けることであって、家族という絆のない信徒同士では、神は喜ばない。


神の御心は、神の家が建つように、生活のすべてを分かち合い、教会で互いに助け合って、教えを聞いたことは、バランスの良い霊的成長で、堅く守るべきであるということである。

単なる信徒同士という簡単な枠の中だけの日常では成長しない。


成長した人たちは、弱い人たちの重荷を負うべきである。

生活の困っている人々に、神は関心を持っている。

申命記24:19には

穀物の刈り入れをして、束の一つを畑に置き忘れたときは、それを取りに戻ってはならない。それは在留異国人やみなしご、やもめのものとしなければならない。あなたの神、主が、あなたのすべての手のわざを祝福して下さるためである。
と記されている。


そして、小さい者にしなかったのは、わたしにしなかったことです。とも言われている。

持っていて手を差しのべないのは、ケチな人であって、神のルールではない。


貧乏人の方が、まだマシなのである。

お互いに重荷を負い合う信徒生活であるなら、大きいものが与えられる。


小さいと考えられる働きでも、それを与えて下さったことに感謝すれば、教会は成長する。

2016.4.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰成長のために



テーマは「 信仰成長のために 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 8章22~25節

◎関連聖句 へブル人への手紙 6章1~2節

ですから、私たちは、キリストについての初歩の教えをあとにして、成熟を目ざして進もうではありませんか。 死んだ行いからの回心、神に対する信仰、 きよめの洗いについての教え、手を置く儀式、死者の復活、 とこしえのさばきなど基礎的なことを再びやり直したりしないようにしましょう。(へブル6:1~2)

【 要 旨 】

イエスは弟子たちを愛していた。

しかし彼らの信仰は弱い所が多かった。


イエスはあえて、そのような人を弟子に選んだのである。

弟子たちの中に信仰のないのを伺い知ることは、初めてではなかったが、 再三再四、その中に信仰のないのを見た時は、「あなたがたの信仰は何処にあるのか」と失望を現された。


人間が子供のままではおられないように、神は成長する信仰を心から願っているのである。

信じない者にならないで、見たから信じるという者にならないで、その前に信じる信仰を持ちなさいと、私たちの目に見えない神は言われる。

私たちは皆同じ信仰ではない。信仰歴には関係ない。

どれだけ神を信じているかだけである。


では具体的にどのようにすれば良いか。

1.自分は神の助けが必要と悟る。最初から神の愛のもとに、私たちはこの世に生まれて来たのであるから、私たちの魂は神のみ言葉で成長するという真理を知る。

2.祈る。イエスの姿、パウロの聖霊などから、信仰成長のための会話を神とする。

3.神に従順する。み言葉を心に植えつけ、み言葉を実行するとき、私たちは成長する。

4.いつも感謝と賛美をする。ダビデは詩篇で最も多く神を讃えたので、信仰が成長し、愛され神に適う者とされた。

神の声を聞いたなら、どう実行するかを、すぐに考える人は成長した人である。

2015.1.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ