すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

成長

信仰がさらに成長するためには



テーマは「 信仰がさらに成長するためには 」です


【第2テサロニケ1章3-4節】

兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。

それゆえ私たちは、神の諸教会の間で、あなたがたがすべての迫害と患難とに耐えながらその従順と信仰とを保っていることを、誇りとしています。

みなさんは信仰の成長を願っていますか?


「私は信仰がないです」というクリスチャンもいます。

謙遜なことばに聞こえますか?


信仰がないことは大変なことです。

救われていないこと、いのちがないことを意味しますのでぜひ信仰ある人になって下さい。


【ヘブル11章6節】

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。

このように言われてあるので、私たちは信仰ある者になって神を喜ばせる者になることです。



信仰にも色々あるので、私たちは信仰がさらに成長するように励まないといけないです。


信仰が弱いと、それもとても危険ですから、揺るがない強い信仰を持たないといけないです。


どのようにしたら信仰をさらに成長させることが出来るかを語ります。

聖書にはすべての答えがあります。




神のことばをよく聞くこと




信仰はいつから始まりましたか。


信仰を持って生まれる人は誰もいません。

人間はサタンの支配を受けながら生まれます。


ですから信仰を持つためには必ず主に出会わないといけないです。

どのように主に出会いますか?


【ローマ10章17節】

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

すなわちキリストについてのみことばを聞いて、キリストに出会い、そのことばに従う時から信仰が始まります。



ですから、みことばによって始まった信仰を成長させるには、さらにみことばを良く聞いて、みことばに従うことです。


心を開いて、みことばを植えるならば、みことばが成長し、豊かに実を結ぶことが出来ます。




神の恵みを慕い求めること




幼子は絶えず両親に頼りながら必要なものを求めます。

乳を求め、日々必要なものを求めます。


それと同じく私たちも神に必要な恵みを求めないといけないです。


【ヘブル4章16節】

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

神からの恵みを体験すると信仰も成長していきます。


生きておられる神を体験して、信仰が成長しない人はあまりいないです。

恵みを体験することは必要です。




聖霊に満たされると信仰は成長する




【使徒の働き1章8節】

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

聖霊を受ける前は信仰の薄い者であった弟子たちが、聖霊を受けた後は 信仰が成長して勇気ある者、謙遜な者、真理の人になり、成熟した姿を見せました。



信仰が成長すると患難も迫害も乗り越えることが出来ます。


2020.5.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰と忍耐と祝福



テーマは「 信仰と忍耐と祝福 」です


【ヤコブ5章11節】

見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いであると、私たちは考えます。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。また、主が彼になさったことの結末を見たのです。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。

信仰と忍耐と祝福とは深い関連があります。


ヨブを見てもよく分かります。

一つでも抜けると、神の約束の祝福を受けることは出来ないです。


信仰生活に忍耐は必須です。


忍耐なしに信仰の成長はありません。

忍耐のない人は信仰生活を続けることも出来ないです。



神様は私たちのために祝福を備えておられます。

霊的祝福はもちろん、他の祝福も与えて下さる方です。


祝福は勝手に天から落ちてくるものではなく、“ある条件” があります。


ヨブが受けた祝福を見ても分かります。




主の試みに対して勝利する人が祝福される




アブラハムもヨブも とんでもない試みに会いましたが、信仰と忍耐によって勝利しました。

神からの試みは祝福のためでもあります。


【申命記8章16節】

あなたの先祖たちの知らなかったマナを、荒野であなたに食べさせられた。それは、あなたを苦しめ、あなたを試み、ついには、あなたをしあわせにするためであった――



主を恐れ、主のことばを守り、従う人は祝福される




ヨブはすべてのものを失った後も主を愛し、恐れ、主に礼拝をささげ、妻から「神を呪って死になさい」と言われた時にも、神への信仰を捨てず、従い通したので、主はヨブを豊かに祝福しました。




良い行いで主を喜ばせるならば 祝福される




主は良い行いに報いて下さる方です。


【ルカの福音書6章38節】

与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。」



・任された働きに忠実な者は祝福される




タラントを与えて仕事をさせた主人が しもべたちと清算した時に、良く働いたしもべたちは主人から祝福を受けました。




・主の約束を信じ、主の時まで忍耐した人は祝福される




ヨブも耐え難い試練の中で主の約束を信じ、忍耐したので祝福を受けました。


信仰があり、忍耐もあるならば、主はその人を祝福しますが、それらのものがないならば 願っても祝福は来ないことを覚えましょう。


2020.4.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

賜物とは何か



テーマは「 賜物とは何か 」です


【第1コリント12章4ー11節】

さて、賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。

奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。

働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。

しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現れが与えられているのです。

ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ、ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ、

またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、

ある人には奇蹟を行う力、ある人には預言、ある人には霊を見分ける力、ある人には異言、ある人には異言を解き明かす力が与えられています。

しかし、同一の御霊がこれらすべてのことをなさるのであって、みこころのままに、おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。

賜物とはギリシャ語で カリスマです。

恵みはギリシャ語でカリスです。


賜物は広い意味で、恵みとも言えます。

賜物は特別な霊的機能です。


この賜物は人間の努力や功労で得るものではなく、一方的に神が与えて下さるものです。



賜物は奉仕や教会のために、神がみこころのままに信じる者たちに与えて下さる特別な能力、霊的な才能です。


受けた側の立場としては、その賜物に感謝して、主の目的に従って活用することです。


神は信じる者たちが地域の教会で、奉仕出来るように様々な賜物を与えて下さいます。



賜物は個人の益のためではなく、御名の益のために、教会の成長のために神が用意して与えます。

7節に「しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現れが与えられているのです。」



賜物を正しく使う時に、教会は成長します。

そして信徒たちの信仰も霊的にも成長します。


賜物をないがしろにすることは、働きをないがしろにすることです。

与えて下さった神を失望させることです。



与えて下さった主に感謝して御名の益のために、教会の奉仕のために使うことが望ましいです。


2019.9.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

成長の段階



テーマは「 成長の段階 」です


【第1ペテロ2章1-2節】

ですから、あなたがたは、すべての悪意、すべてのごまかし、いろいろな偽善やねたみ、すべての悪口を捨てて、

生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。

キリスト者とは神から離れて生きていた罪人が 神に立ち返り、罪を悔い改めて、キリストを自分の救い主として信じ頼り、毎日主を喜ばせるため信仰によって生きようと努力する人です。


これが水と御霊によって生まれ変わった人の姿であり、主にあって成長している姿です。


成長も、成長の段階があります。

その段階を経て成長します。


どのような段階があるのか、もっとも基本的な段階を学びます。




自制




自制の段階があります。

肉の思いと行動を自制できないならば私たちは罪を犯します。


自制出来ない人は 肉の思いが暴走するので、信仰が成長することが出来ないです。


使徒パウロはいつも自制を働かせていました。


【第1コリント9章27節】

私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。

肉の思いが暴走しないように止めるのが自制です。




忍耐




忍耐の段階があります。


一本の木が成長するにも、どんなに忍耐が必要かわかりません。


ここでの忍耐とは 何もせずジッとしていることではなく、勇気を背景にする忍耐です。


私たちに戦いを仕掛けてくるものに対して 勇気を持って対処し、それを足場にして前進することです。


ヨセフやヨブの忍耐を見たら分かると思います。

最悪の状況が最善の状況に変わることを信じて忍耐し勝利しました。


信仰の忍耐が彼らにはありました。







愛の段階です。


愛は律法の完成です。

これは人間的な愛ではなく、神の愛であるアガペーの愛です。


すべての人間は、神の憐れみと愛を受けています。

罪人たちに対する神の愛の段階まで成長していかなければなりません。


主がその愛を私たちにも要求しました。


【ローマ12章20節】

もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。

この愛は自分たちの力では出来ないです。


キリストの愛が自分の中にある時に可能になります。


成長したキリストの花嫁になることを私たちは目指しましょう。



2019.8.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の成長と成熟



テーマは「 信仰の成長と成熟 」です


【ヤコブ1章21-24節】

ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。

また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。

みことばを聞いても行わない人がいるなら、その人は自分の生まれつきの顔を鏡で見る人のようです。

自分をながめてから立ち去ると、すぐにそれがどのようであったかを忘れてしまいます。

クリスチャンたちが感じる大きな悩みの一つは 信仰が停滞したり、無感覚になることです。


熱心に奉仕をしたのに いつの間にか、力が抜けたり喜びが消えたり、受けた恵みも忘れて、この世と妥協してしまうことが増えたりします。

苦難の時には神を求めていたのに、嵐が過ぎた後には信仰が薄くなっていくことを感じたりします。


信仰がまだ未熟ならば、そういうことがよく起こるので、信仰の成長が必要です。



信仰の成長と成熟のためには次の三つの部分で成長しないといけないです。


「自分と神との関係」「みことばに対する姿勢」「自分と罪との関係」において成長していくことです。


今の時代のクリスチャンは 神を求めるよりも、世の富や名誉、人からの尊敬を求める傾向が強いです。


しかし、自分の野望と欲を満たすことよりも、みことばの中でイエス・キリストの心と生き方に似ていくことが霊的成長の秘訣です。



形だけの神との関係ではなく、キリストの中に生きることが必要です。


神に頼りながら、神のことばに聞き従うときに 変化と成長が期待出来ます。


神のみことばをないがしろにするのではなく、みことばに対する飢え渇きが必要です。


そして習慣的な罪も、みことばと聖霊に対する霊的渇望によって無力化させることが必要です。



ゴミのような罪を心に満たしてあるならば、御言葉が入る場所はありません。

罪は悔い改めることで捨てることが出来ます。


そしてすぐにみことばで満たすときに信仰は成長していきます。


罪は霊的成長の最大な敵なので、聖潔な生活のためには決断して罪と決別しなければなりません。


神の臨在の中で、信仰が成長し人格が成熟することが私たちには必要です。


2019.8.11
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ