すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

感謝

忠実な良いしもべたち



テーマは「 忠実な良いしもべたち 」です


【マタイの福音書25章14-19節】

天の御国は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預け、旅に出て行く人のようです。

彼は、おのおのその能力に応じて、ひとりには五タラント、ひとりには二タラント、もうひとりには一タラントを渡し、それから旅に出かけた。

五タラント預かった者は、すぐに行って、それで商売をして、さらに五タラントもうけた。

同様に、二タラント預かった者も、さらに二タラントもうけた。

ところが、一タラント預かった者は、出て行くと、地を掘って、その主人の金を隠した。

さて、よほどたってから、しもべたちの主人が帰って来て、彼らと清算をした。

タラントは、聖徒たちが神様からもらった時間、才能、賜物を含みます。


今月は賜物に対してメッセージを伝えています。


今日は賜物をよく活用した忠実な良いしもべたちに対して話します。



本文では主人としもべの姿が出て来ます。


主人はしもべたちみんなにタラントを与えました。

しもべたちはそれぞれ違うタラントをもらいました。


三人のしもべの中で 二人のしもべは良い忠実なしもべで、一人は悪い怠けたしもべでした。



良い忠実なしもべは、どのようなしもべですか?


自分が受けたタラントを大切に思って感謝するしもべです。

そして自分のタラントをよく活用しました。



任されたタラントで誠実に奉仕しました。

すぐに出て行って働いた姿を見たら分かりますね。


良いしもべたちは自分がもらったタラントの目的を認識しました。






この世にいる間は、タラントをよく使わないといけないです。


主人が帰って来た時に、清算が始まりました。


主人はまず忠実な二人のしもべには同じ待遇をしました。

受けた賜物に関係なく任された働きに忠実な聖徒たちに良い報いを与えました。



忠実ではない者からは 良い賜物も全部取り上げ、外の暗やみに追い出されました。


任された使命が違っても聖徒たちに要求されるのは忠実です。


【第1コリント4章2節】

この場合、管理者には、忠実であることが要求されます。


2019.9.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

賜物とは何か



テーマは「 賜物とは何か 」です


【第1コリント12章4ー11節】

さて、賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。

奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。

働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。

しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現れが与えられているのです。

ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ、ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ、

またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、

ある人には奇蹟を行う力、ある人には預言、ある人には霊を見分ける力、ある人には異言、ある人には異言を解き明かす力が与えられています。

しかし、同一の御霊がこれらすべてのことをなさるのであって、みこころのままに、おのおのにそれぞれの賜物を分け与えてくださるのです。

賜物とはギリシャ語で カリスマです。

恵みはギリシャ語でカリスです。


賜物は広い意味で、恵みとも言えます。

賜物は特別な霊的機能です。


この賜物は人間の努力や功労で得るものではなく、一方的に神が与えて下さるものです。



賜物は奉仕や教会のために、神がみこころのままに信じる者たちに与えて下さる特別な能力、霊的な才能です。


受けた側の立場としては、その賜物に感謝して、主の目的に従って活用することです。


神は信じる者たちが地域の教会で、奉仕出来るように様々な賜物を与えて下さいます。



賜物は個人の益のためではなく、御名の益のために、教会の成長のために神が用意して与えます。

7節に「しかし、みなの益となるために、おのおのに御霊の現れが与えられているのです。」



賜物を正しく使う時に、教会は成長します。

そして信徒たちの信仰も霊的にも成長します。


賜物をないがしろにすることは、働きをないがしろにすることです。

与えて下さった神を失望させることです。



与えて下さった主に感謝して御名の益のために、教会の奉仕のために使うことが望ましいです。


2019.9.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

どんな心を持つべきなのか



テーマは「 どんな心を持つべきなのか 」です


【第1ペテロ3章3-4節】

あなたがたは、髪を編んだり、金の飾りをつけたり、着物を着飾るような外面的なものでなく、

むしろ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。

「心の中の隠れた人柄を飾りにしなさい」と言われました。

本当に美しい人は 外見ではなく、心が美しい人です。


「人はうわべを見るが、主は心を見る。」と書いてあるように、人の目を意識して生きる人は日々、外見をよく見せようと努力します。


しかし主の目を意識する人は、自分の心が気になって心を飾ることに努力します。


自分の心は自分がよく知っていると思います。

美しく整えられた綺麗な心なのか、それとも雑草だらけの荒地のような心なのか。


どのような心が主の目には美しく飾られた心でしょうか?

柔和で穏やかであることは温かい心であることがわかります。


ゆとりある心、愛のある心、譲歩する心、正直な心、きれいな心、理解ある心、明るい心、信頼する心、感謝する心、自制ある心は聖書でいう良い心で美しい心です。


心は行動を生み、行動は習慣を、習慣はその人の運命を決めます。


ただ単に神が見るから心を飾るのではなく、自分の運命を良いものにするためにも心の中に隠れた人柄を飾ることを勧めます。


【ヘブル10章22節】

そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。


2019.5.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

いつも感謝



テーマは「 いつも感謝 」です


【コロサイ3章17節】

あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。

主のことばに、「感謝しなさい」ということばがたくさんあります。


すべてのことについて感謝しなさい、絶えず感謝しなさいと命じられてあります。

感謝は決して卒業のない過程です。



この世で一番どうしようもない人間は、感謝することを知らない人間であるとゲーテが言いました。


感謝の心は一番偉大な美徳ですし、幸せのへの近道です。


どんなに恵まれても感謝がない人は幸せな人ではありません。



感謝する心は環境や条件などに左右されることがありません。


試練がどんなに大きくても、救われた者には 感謝する理由がたくさんあります。



永遠の死から永遠のいのちに移されたことは、永遠に感謝しても感謝しきれないです。


神様はいつも感謝する人に祝福を与えます。

日常生活のこともよく考えるならば感謝だらけです。


水や太陽、食べ物など あらゆる恵みを受けていますので、そのことを当たり前と思うのではなく、常に感謝することです。



感謝とは、うわべだけを見てすることではなく、恵みをよく考えてその深さを悟ることです。


一番幸せな人は恵みを悟り、神様にいつも感謝する心を持って生きる人です。


2019.5.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

愛とあわれみ深い神



テーマは「 愛とあわれみ深い神 」です


【申命記4章31節】

あなたの神、主は、あわれみ深い神であるから、あなたを捨てず、あなたを滅ぼさず、あなたの先祖たちに誓った契約を忘れない。

怖い神のイメージを持っている人もいると思いますが、私たちの神は誰よりも愛が熱く、あわれみ深い方です。


怖い神だけならばアダムとエバが罪を犯した時にすぐに彼らを殺したと思います。

神のことばに逆らった者として。


しかし彼らを殺さず、生かし、救われる道を計画しました。



エジプトで430年間奴隷だったイスラエルの民を そこから救い出したのも、40年間荒野での生活を支えたのも、いつも彼らを赦したのも、彼らをカナンの地に導き入れて下さったのも主でした。


滅ぼされるような行動を常にした民に対して、怒りを抑えて、捨てず、滅ぼさず、導いて下さったのは、彼らに対する主の愛とあわれみがあったからです。


【詩篇145編8-9節】

主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵みに富んでおられます。

主はすべてのものにいつくしみ深く、そのあわれみは、造られたすべてのものの上にあります。

そして主の愛とあわれみが一番現れた所は、イエス様の十字架です。

私たちを愛して救うためにひとり子イエス様さえも惜しまず差し出したのも神です。


十字架を見上げる度に、いつも主の愛とあわれみを感じています。



主のおかげで今の私がいると感謝しています。

それがないなら滅びしかありません。


私たちが福音を伝えることは、十字架にある神の愛と憐れみと赦しを伝えることです。


残念なことは神の愛とあわれみを受けていながらも、気付いていない人があまりにも多いことです。

どんなに神が悲しむでしょうか。



次の箇所で神はこのように言っています。


【マラキ書1章2節】

「わたしはあなたがたを愛している」

このように語りかけると、民から出たことばは次の通りでした。


「どのように、あなたが私たちを愛されたのですか」

私たちが救われたのも神の愛とあわれみがあったからです。



すべての記憶がなくなることがあっても、主の愛と主のあわれみを忘れてはいけないと思います。


主の愛とあわれみは尽きることがなく、今 私たちに注がれています。


それを感じながら生きる人が幸せな人です。


2019.2.17
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ