すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

神と隣人への愛はどのようにすべきか



テーマは「 神と隣人への愛はどのようにすべきか 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 22章34~40節

「先生。律法の中で、たいせつな戒めはどれですか。」 そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』 これがたいせつな第一の戒めです。 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。(マタイ22:36~39)

【 要 旨 】

律法の中で最も大切な戒めは、神の人間に対する愛を知ることと、隣人を愛することだとイエス・キリストは言われた。


キリスト教の基本は、神の愛と隣人を愛することが律法全体(十戒)の戒めであるということである。

信仰は神の言葉のすべてを信じ、実行することに尽きる。


神の愛とは、人間同士の愛とは異なっていて、神を敬うこと、礼拝をして、神に栄光を捧げることにより悟り得るものである。

心がこもってない礼拝は神を崇めていないと言える。


カインは神を一番大切にしていないと言うことである。

であるから、礼拝は、悔い改めて心を尽くして、神への愛を誓うことから始める必要がある。


「隣人を愛せよ」という隣人とは、近くにいる人全員を指している。

「良きサマリヤ人」のたとえで、イエスは話をされているが、そのような愛も勿論であるが、今、クリスチャンとして奉仕すべき「国境なき医師団」イエメンなどへの病人の食糧支援も、そのような隣人に対する愛の行為である。


私たちは最善を尽くし、神と隣人の両方を愛することに心がけよう。

2018.1.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主は私の羊飼い



テーマは「 主は私の羊飼い 」です


◎基調聖句 詩篇 23篇1~6節

◎関連聖句 ヨハネ10:11~15、エゼキエル34:16

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。 まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、【主】の家に住まいましょう。(詩篇23:5~6)

【 要 旨 】

まことのクリスチャンは神のいることを信じている人である。


信仰は心で感じることであるから、神を信じないと心に平安がない。

神は霊として来られた方であるから、肉眼では見ることができないためである。


神は常に私たちを愛しておられることを、「主はわたしの羊飼い。私は乏しいことがありません」とダビデは歌っている。


私が努力をしたから、成功したと言う人がいる。

しかし、それは大変な思い違いである。


神は死の谷を歩く時でも、私たちと共に歩き、神に立ち返らせて下さり、見捨てることがなかった方である。

それ故、神を信頼する。

神に導かれたことを忘れてはならない。


ヨハネ10:14~15には

わたしは良い牧者です。わたしはわたしのものを知っています。また、わたしのものはわたしを知っています。それは父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同様です。また、わたしは羊のためにわたしの命を捨てます。
と書かれている。


イエスの声に従うと命を得るが、狼について行くと食い物にされる。


主よ、主よ、と言っても、イエスの群れにいないと命には至らない。

イエスの言われることを守り、命の水やパンをいただけることは、こよなく感謝である。


神さま明日からの来年もあなたが守って下さい。
家庭も教会も。

2017.12.31
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰はどのように生まれるのか



テーマは「 信仰はどのように生まれるのか 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 10章17節

◎関連聖句 ローマ10:9~10、3:26~28、使徒4:12、ヨハネ14:6、ローマ10:13~14、申命6:4、ルカ8:15、ヤコブ1:22、ヨハネ1:1~3、14:5、5:24~25、アモス8:11~12

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。(ローマ10:17)

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ14:6)

【 要 旨 】

生まれた時から信仰があるという人はいません。

教会に通うから、信仰があるとは必ずしも言えません。


救いに至る信仰でないと、本物の信仰とは言えないのです。

では、そのことは聖書の何処に書いてあるかを、これから学んで参りましょう。


まず、ローマ10:9~10で

もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
とあります。


次いで、ローマ3:26~28には

神ご自身が義であり、また、イエスを信じる者を義とお認めになるためです。人が義と認められるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるというのが、私たちの考えです。
と書かれています。


また、ヨハネ14:6では

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。
とも書かれています。


ですから、結局、信仰は基調聖句にあるように、

信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。
ということになります。


しかし、神の愛のキリストによる言葉を聞いたことのない人は、救いと信仰は無理ということになります。


我々は真の神を知らない人に、伝えることが最大の役目なのです。


人はパンのみで生きるのではありませんから。

2017.12.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

二つの罪の問題



テーマは「 二つの罪の問題 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 7章19~25節

◎関連聖句 マタイ5:20~30、箴言6:16~19、ローマ7:7~14

すなわち、私は、内なる人としては、神の律法を喜んでいるのに、 私のからだの中には異なった律法があって、それが私の心の律法に対して戦いをいどみ、私を、からだの中にある罪の律法のとりこにしているのを見いだすのです。 私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。 私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。(ローマ7:22~25)

【 要 旨 】

パウロは律法に詳しい人であったが、イエス・キリストに出会うまでは、内面の罪には気づいてなかった。


刑法で決められているような表面的な罪と、内面的な罪が二つの罪であるが、律法学者らは、旧約の律法は表面的な罪と理解していた。


それ故、イエス・キリストは律法学者らを心の堅い者とか、まむしの末と評していたのである。

このことは、マタイの福音書5章20節に

あなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に入れません。
と書かれている通りである。


内面的な罪は、アダムとイブの時からの原罪であって、人々はこの罪には気づきにくい。

しかし、この罪の方がより重要である。


箴言6章17~19節には、主の憎むもの六つは、次ように書かれている。

高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す手、邪悪な計画を細工する心、悪へ走る速い足、まやかしを吹聴する偽りの証人、兄弟の間に争いをひき起こす者。

基調聖句にあるように、人間はどんなに努力しても、罪の解決は難しい。


イエス・キリストを信じて、心が砕かれ、目覚める以外にない。


大いなる十字架の恵みに気づいて、特に内面の罪を忌み嫌うことにより、悔い改めて主に立ち返ることが私たちの最大の課題である。


ローマ書7章8章は罪の正体がよくわるように記されている。

結局は神の愛である。

2017.7.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

目を覚ましてすべきことNo1



テーマは「 目を覚ましてすべきことNo1 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 5章14~21節

◎関連聖句 コロサイ人への手紙 4章2節

明らかにされたものはみな、光だからです。それで、こう言われています。「眠っている人よ。目をさませ。死者の中から起き上がれ。そうすれば、キリストが、あなた を照らされる。」 そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、 機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。 ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。(エペソ5:14~17)

【 要 旨 】

いつまでも、神に対して眠っている人は、悪い時代だから目を覚ませと言われる。

そのためには、命のパンを毎日食べて、神と対話し、祈りを捧げ、霊と真をもって、真実な愛のもとに、主の御名を誉むべきである。


病院に1か月位入院して、歩くことをしないと、筋肉が弱くなり歩けなくなる。


霊もそれと同じで、対話がなければだんだん弱くなってゆく。

目を覚ましていて、なすべきことは神に対して、本当の意味での願いをして、導き、受け入れられるようにしていただき、感謝をすることである。


それが些細なことであっても、積み重ねていく努力が大切である。


神の恵みは、当たり前と思ってはならない。

神の願いは、永遠の地獄から罪人となった我々が立ち返ることである。


これに返礼することは、時が良くても悪くても続けなければならない。


その愛に報いるために、私たちは、神に恵まれない人々に福音を伝えることが使命である。


神に対して目を覚ましていて、大胆に次世代の人たちに伝えることが、なすべきことである。

2017.6.18
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ