すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

悪魔

天国は誰が入るのか



テーマは「 天国は誰が入るのか 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 11章12節

◎関連聖句 ルカ13:24、Ⅰペテロ5:8~9

バプテスマのヨハネの日以来今日まで、天の御国は激しく攻められています。そして、激しく攻める者たちがそれを奪い取っています。(マタイ11:12)

「悔い改めなさい。天の御国は近づいたから」と言われているのに、その日のメッセージに無関心で、いくら笛を吹いても踊らない人は、天国へ入るのは難しいと言われています。

また、ルカ13:24では

努力して狭い門から入りなさい。なぜなら、あなたがたに言いますが、入ろうとしても入れなくなる人が多いのですから
とイエス様は言われているのですから。


高い山に登る人は、はじめは緩い道なので、賑やかなのですが、頂上が近くなると険しくなるので、静かになります。

信仰生活もそれに似ています。


もう一歩の所でダウンしないように気をつけてなくてはなりません。

教会の奉仕がつらくなったりした時は、サタンの策略ですから誘惑に負けないように気をつけましょう。


Ⅰペテロ5:8では

身を慎みなさい。あなたがたの敵である悪魔がほえたけるししのように、悔い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。
と書かれています。


このことに後で気がついても、手おくれになることが多いのです。

もう一つ大切なことは、パリサイ人のように二重生活をすることを避けることです。


肉の思いが強くなったと感じたなら、み言葉を口ずさんで下さい。

そして努力して良いことができると、イエス様が待っていて下さいます。


神さまの思いは、私たち全員が真理の道を究めて、天国に入ってくれることです。

2017.10.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒がしてはならないこと



テーマは「 聖徒がしてはならないこと 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 10章7~11節

また、彼らの中のある人たちがつぶやいたのにならってつぶやいてはいけません。彼らは滅ぼす者に滅ぼされました。 これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。(Ⅰコリント10:10~11)

【 要 旨 】

聖徒がしてはならないことは、Ⅰコリント10:7~11に記されているように、①偶像礼拝、②姦淫、③主を試みる、④つぶやき、である。


また、旧約聖書には、

愛する者は、神を喜ばせる。神の尊厳を犯さない。神の権威を守る。
と書かれている。


偶像礼拝をするのは悪魔である。
また祭りもそうである。

これらは、神は喜ばれない。


自分を喜ばせることを聖霊は特に嫌う。

姦淫には霊的なものと肉的なものの両方がある。


霊的姦淫は、この頃は特に軽く見られていることが多い。

これを批難する人が少なくなると、罪が罪と言えなくなる。


神の真理を勝手に曲げてはならない。

神が語りたくないことを、勝手に変えてはならない。


主を試みてはならない、とは被造物が創造主を勝手に評してはならないということである。



自分のしたいことが第一となると肉の思いになってしまう。

これに気づいたら、すぐに引き返さねばならない。


世の終わりを望むことは、いましめの教訓である。

2017.7.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

偏見を捨てましょう



テーマは「 偏見を捨てましょう 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章45~52節

彼らのうちのひとりで、イエスのもとに来たことのあるニコデモが彼らに言った。 「私たちの律法では、まずその人から直接聞き、その人が何をしているのか知ったうえでなければ、判決を下さないのではないか。」 彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤの出身なのか。調べてみなさい。ガリラヤから預言者は起こらない。」(ヨハネ7:50~52)

【 要 旨 】

偏見を捨てるには、肉にあるものを取り除き、神からの霊的訓練を受けることから始まる。

イエスの話に多くの人は耳を傾け、信仰を持つようになったが、パリサイ人は自尊心が強く、イエスのすべてが嫌いだという想いに満たされていた。


それで律法を知らない群衆は惑わされている。呪われていると言った。

そして、ガリラヤからは預言者も奇跡も起こらないと断じた。

これは偏見以外の何ものでもない。


今の時代でも、キリスト教に対する偏見がある。

また、教会の中でも争いが生じている。


偏見は間違った判断を引き起こす。
民族、出身地、学歴などに対する偏見は、分裂を起こし教会を惑わす。


自分だけが正しいと考えないで、他人は自分より立派だと認識すべきである。

そうでないと悪魔に取りつかれてしまう。


罪人と見られている人とは交わらないと決めているパリサイ人と同じ考えではいけない。

韓国人に対して、一部の日本人は偏見を持っている。

よくよく調べないで、他人の悪口を言うことは、自分は正しいとの思いからの独断である。


誰かの悪口を言うのは、皆の気分を悪くする。
すなわち悪影響を与える。


私たちはひとつづつでも、偏見を減らして行こうではないか。

真理を知らずに、神に反対する者になってはならない。

イエスの命をいただき、真理を見出す者にさせていただこう。


盲人が盲人の手引きをすると二人とも穴に落ちると言われている。

2017.7.2
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

目を覚ましてすべきことNo2



テーマは「 目を覚ましてすべきことNo2 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 5章14~21節

◎関連聖句 ローマ13:12、エペソ5:16、Ⅰコリント15:34、Ⅰペテロ5:8~9

いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。 キリストを恐れ尊んで、互いに従いなさい。(エペソ5:20~21)

【 要 旨 】

前回のNo1は、神に対して目を覚ますべきことの話であったが、今回は自分に対して、何をすべきかについて述べる。


それは、イエス・キリストが、今日再臨しても、天国に行けるように、絶望・後悔しないように準備を怠らず、信仰を守り通すことである。


その日は盗人のように突然来るから、罪から離れて、主に立ち返っていないと、取り残されることになる。


この悪い時代は、この世が終わりに近いことを暗示している。

であるから、目を覚ましていて、敵対する者に負けないように攻撃し、光の中を歩むことに励まなければならない。


闇の中の、罪に満ちた肉欲に陥らないようにしよう。


米国では、最近特にマリファナ(麻薬)の臭いが酷く、同性愛者も多くなっている。

霊の目を開いていないと、神の喜ぶ良い生活を、一生することは難しい。


Ⅰコリント15:34には

目を覚まして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人がいます。私はあなたがたを、はずかしめるために、こう言うのです
とパウロは書いている。

悪魔は神に勝てないので、我々に狙いをつけている。

眠っていると悪魔の奴隷になる。


信仰の上に堅く立って、目を覚まして、やるべきことを実行する。


機会を十分に生かすのは、常に目を覚ましていて、霊の目を開けることである。

2017.6.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

恐れがない理由



テーマは「 恐れがない理由 」です


◎基調聖句 使徒の働き 7章55~60節

◎関連聖句 詩篇46:1~3、詩篇46:11

しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、 こう言った。「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます。」 人々は大声で叫びながら、耳をおおい、いっせいにステパノに殺到した。(使徒7:55~57)

【 要 旨 】

ステパノは、初代教会の中では格別神を愛した。

初代教会の頃は民衆がメシヤ(キリスト)を認めなかったので、迫害が多く、その軋轢(あつれき)は耐え難いほどであったが、ステパノは復活のイエスを、すなわち天国を最初に見ていた。


このことは、彼にとっては物凄い励ましになった。

そうなったステパノは余裕が生じ、この罪を彼らに負わせないで下さいと言えるようになった。

それで恐れなく眠りについた。


ヨハネも島流しにあったが、神に頼っているので素晴らしい信仰告白ができた。

獅子の穴に投げ込まれたダニエルも、神の祈りにより難を逃れた。


人に恐れる姿が見えるのは、信仰がどっちつがずであるからで、そうなると悪魔は激しく襲ってくる。

聖霊に満たされると、力を受けて命の道に入れる。


詩篇46:1~3には、

神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても

また、詩篇46:11では

万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。
と書かれている。


私たちも、恐れがなくなる領域に早く立ちのぼらなければならない。

2017.2.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ