すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

悟り

偉大な国とは



テーマは「 偉大な国とは 」です


◎基調聖句 申命記 4章1~8節

◎関連聖句 ミカ書 6章8節

今、イスラエルよ。あなたがたが行うように私の教えるおきてと定めとを聞きなさい。そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたの父祖の神、【主】が、あなたがたに与えようとしておられる地を所有することができる。(申命記4:1)

また、きょう、私があなたがたの前に与えようとしている、このみおしえのすべてのように、正しいおきてと定めとを持っている偉大な国民が、いったい、どこにあるだろう。 (申命記4:8)

【 要 旨 】

アメリカの次期大統領に決まったトランプ氏は、国民のために偉大な国を作るように変えると言っている。


一方、韓国の朴槿恵大統領は弾劾訴追の大規模な抗議にあえいでいる。

新しい方向に変えると試みても、神を意識していないとその成功は覚束ない。


今日のみ言葉は、神様が40年間荒野でモーセに教えたことばで、完璧である。

み言葉通り実行すれば、知恵のある悟りある国と民に導くことができる。


権力者(人間)の言うことを聞いていたのでは、世の中は壊れてしまう。

軍事力に勝っているのが強い国ではない。

人口が多い、資源が豊富だと言っても、必ずしも勝利しない。


ユダヤ人の人口は世界の0.2%である。


しかし、今まで800人のノーベル賞受賞者のうちにユダヤ人は20%もいる。

英知を持っていて、信仰の人となれば、豊かで偉大な国を作ることができる。

み言葉を離れては偉大な国とはならない。


聖書には神の国とその義をまず求めなさい。
そうすれはその他のものはすべて与えられると書かれている。

私たちは神様から特別な愛を吹き込んでもらって、平和の架け橋として、国民の罪と拝金主義に対して、教会でとりなしの祈りをしなければならない。


悪い人は権利のみを主張して、義務は行っていない。

敵対する者に公義はない。


ミカ書6:8には、

人よ。何が良いことなのか。主はあなたに何を求めておられるのか。それは、ただ、公義を行い、誠実を愛し、へりくだって、あなたの神と共に歩むことではないか。
と書かれている。

クリスチャンは、神の言葉を知っているのであるから、人々の意見を家庭から変えて、偉大な国へ導こうではないか。

2016.11.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利のエルサレム入城



テーマは「 勝利のエルサレム入城 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 12章12~19節

◎関連聖句 ヨハネの福音書 12章24~29節

その翌日、祭りに来ていた大ぜいの人の群れは、イエスがエルサレムに来ようとしておられると聞いて、 しゅろの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。そして大声で叫んだ。「ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。」 イエスは、ろばの子を見つけて、それに乗られた。それは次のように書かれているとおりであった。 「恐れるな。シオンの娘。見よ。あなたの王が来られる。ろばの子に乗って。」(ヨハネ12:12~15)

【 要 旨 】

神は恵みと愛であるが、ないがしろにすると、いつまでも続くと思っているのは間違いです。

神の前に行く日には必ず行かなければなりません。


その日はイエスの最後のエルサレム入城でした。

イエスは死ぬために来られた方ですから、十字架の死は勝利なのです。


ヨハネ12:28に、神はもう一度栄光を現わそうと言われたと記されています。

ということは、イエスはこの世の生涯において、神の御心に向かって真直ぐに歩み、勝利したと言うことです。


父なる神が約束した旧約の預言が、いまここに成就したからです。


基調聖句には、しゅろの木の枝で出迎えたとありますが、これは美しい勝利を意味します。


また、ロバの子に乗ってこられるのは、平和の王、謙遜の王、救い主のことであります。

更に、イチジクの木に実がなってなかったので、切り倒された話でありますが、これは律法ばかりにとらわれ実の結ばないパリサイ人のことを目に見えるようにしたのです。


心のかたくなな人は何を見ても悟りがないということで、恵みは耳からと言いますが、教えを乞う何も知らない人の方が良く理解できるでしょう。


恵みを知れば心は成長します。

イエスの勝利ということは、真理を正しく知っていなくてはなりません。

真理というのはみことばです。
ということは、イエスは私たちの魂を救うために来られたのですから、正しく習い、また導かれて、目が開かれなければ、勝利の入城の意味がありません。

2016.3.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

人生の競争で気をつけるべきこと



テーマは「 人生の競争で気をつけるべきこと 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 9章24~27節

◎関連聖句 ルカ9:62、Ⅰコリント15:34

競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。(Ⅰコリント9:24~25)

【 要 旨 】

パウロは素晴らしい活躍をした。

明確な目標に向かって、賞を受けられるように、いつも一生懸命努力した。


自分の全てを懸けて、訓練をしている。

それで、救われた人は、その時から、価値観を変えて、人生を前向きに、後ろを見ないで走ることができたのである。


ルカ9:62には

だれでも手に鋤をつけてから、後ろを見る者は、神の国にふさわしくありません。
と書かれている。


これは、自分が今まで持っていた過去は切り離し、古いものは死んだという認識を持つことだと言う、イエスのお言葉である。

このことは実践しなくてはならない。


また、Ⅰコリント15:34では

目を覚まして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人たちがいます。私はあなたがたをはずかしめるために、こう言っているのです。
とパウロは告げている。


私たちは信仰の創始者であるイエス・キリストに向かって、全力で、天国に向かって走り続けなければならない。


この世に肉体を持って生きていても、私たちはイエスに向かって、命の冠に向けて力の限り走るべきなのである。

子供でさえ悟っている子は、それができる。


良い言葉と感じたなら、それをみんなに分け与えながら、正しく生きると、神は正しい報いを与えて下さる。

何処へ向かって走れば、神に喜ばれるかをよく考えて、後ろを向いたり、間違った方向を向いたりしないで、イエスへの道を走り続けよう。

2016.1.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

なぜ聖霊が私たちに必要であるのか



テーマは「 なぜ聖霊が私たちに必要であるのか 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 20章22節

◎関連聖句 ヨハネ14:16~17、ヨハネ16:7~13、ヨハネ3:5、      ヨハネ3:8、ヨハネ14:26、使徒1:8

そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」(ヨハネ20:22)

【 要 旨 】

今日はペンテコステ(五旬節)の日です。

この日イエスの命令で、祈り続けていると聖霊が下ってきて、その時から弟子たちは働き人となりました。

イエスは人間としてこの世に来て下さいました。
そして3日後の復活の時も人間として見ることができましたが、再び天に昇られました。

その代わりに遣わして下さったのが聖霊です。
聖霊は神と同じく、人間としての形は一度もとっておりません。
すなわち、見えない方です。


「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。 その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。」(ヨハネ14:16)
とイエス様は言われました。


そして、また、

「しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。 御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなた方に示すからです。」(ヨハネ16:13)
とも言われました。


私たちは弱い者ですので、真理に導くための、天の神様からの助け主、すなわち聖霊が必要なのです。

ですから聖霊によらなければ、神を信じることも、生まれ変わることもできません。


「人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません。」(ヨハネ3:5)
と言われている通りです。


勝利したいなら、神の武具すなわち聖霊を受ける必要があります。
聖霊が共におられないなら、御言葉は悟れません。

聖霊は信仰生活ができるよう私たちを助けて、命の道に導いてくれます。

2014.6.8
ペンテコステ礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰と従順



テーマは「 信仰と従順 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 8章8節、12節

◎関連聖句 マタイの福音書 13章49~50節

道ばたに落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞いたが、あとから悪魔が来て、 彼らが信じて救われることのないように、その人たちの心から、みことばを持ち去ってしまうのです。(ルカ8:12)

【 要 旨 】

神様の願いは、我々に良い実を結ばせることです。

そして、良い地に落ちた種をわたしは喜ぶ、どんな実かそれを持って来なさいと、イエス様はおっしゃいました。

信仰の道は険しくて狭い、そのような人は少ないとも言われました。
本気で信仰の道を歩もうとすれば、楽ではありません。それは戦いであるからです。

形だけの色々な思いの信仰は、良い地に落ちたとは言えません。


イエス様はわたしの重荷を背負ってついて来なさいと言われました。


その重荷とは、イバラの道であり、汗と血を流す道です。
子供に苦労をさせたくないという人の親の思いでは、子供は温室育ちになり、無気力になり、荒波を乗り越えることは出来ません。
これは愛の姿ではありません。

可愛い子には旅をさせよという、ことわざもあるではありませんか。


良い地に落ちるとは、神様分かりましたという従順さを持つことです。
私達は神様に造られた被造物であるとの認識が大切であり、常に良い方、良い物を選ぶことが求められています。
そして、忍耐が肝要です。

油を準備していなかった娘のようではなりません。
私は受け入れる力がないと諦めてはなりません。


更に神様から求められるのは、聖別された姿を保つという点です。
そのためには、神に従わない人達からは離れていることが、悔い改めて、悟るための必須条件です。


神様は実を見て判断されるのです。
聞く耳を持って従い、もみ殻ではなく、実のある姿にさせていただきましょう。


2014.3.30
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ