すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

忠実

神中心の私



テーマは「 神中心の私 」です


◎基調聖句 コロサイ人への手紙 1章10~12節

また、主にかなった歩みをして、あらゆる点で主に喜ばれ、あらゆる善行のうちに実を結び、神を知る知識を増し加えられますように。 また、神の栄光ある権能に従い、あらゆる力をもって強くされて、忍耐と寛容を尽くし、 また、光の中にある、聖徒の相続分にあずかる資格を私たちに与えてくださった父なる神に、喜びをもって感謝をささげることができますように。(コロサイ1:10~12)

【 要 旨 】

日本人は人と神の関係はどういう位置づけでしょうか。


聖書の中では、私たちと神との関係は、親子の関係に似ています。

親は子供のために全部を与えています。


はじめのうちは、祈ると答えはすぐに出されていますが、大人になると、それまでのように何でもすぐにするということはありません。

神は無条件でなくなり、求める者は何かをよく考えて選ぶようになります。


そうしないと子供は親の思いを知ろうとしないことが多いのです。


神中心の生活は、後悔しない生活、感謝の心で神の喜ぶ生活をしているかどうかということです。


パウロは自分の使命を知るようになってからは、神の道からそれることはありませんでした。

人生の誇りはキリストの十字架であり、示されたものを喜んでしていたからです。


神に忠実に誠実に仕え、栄光を神に返していたからです。

イスラエルの子ヨセフも同様で、どんな時でも、神一番としていたから、神は彼をこよなく祝福したのです。


子どもが良いことをすると親は喜びます。

神もそれと同じです。


それにはもっともっと神を知ることです。

そうしたら、神の心が好きになり、正しく生きることができるようになります。


イエスの再臨は近いです。

試練がありますが、神に仕える人を、イエスは殊の外、喜ばれます。


私たちは、いつまでも赤子のような人間ではなく、神の恵みを得て、神の喜ぶ生活をしたいものです。


私が死んだ後で、来て下さったのでは遅すぎます。

2015.12.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利を得る者



テーマは「 勝利を得る者 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 マタイ22:23、第1コリント3:11~15、第2テモテ4:6~8、3~8、2:3~6、マタイ22:37~40、黙示録2:3~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(第1コリント13:13)

【 要 旨 】

「いつまでも残るもの、すなわち勝利を得る者は、信仰と希望と愛で、その中で一番すぐれているのは愛です」
と第1コリント13:13でパウロは言っています。


神の国は、オリンピックの勝利者のような、この世の勝利者とは異なっています。


いくら預言や奇跡を沢山行ったからと言っても、イエス様に褒められない人は、裁きの日には不法を成す者ども、わたしから離れて行けと告げられ、あなたを全然知らないと突き放されることになります。


イエス様の前に残る者を神様は評価して下さいます。

それは忠実な者で、完成に向かって、信仰を成長し続ける者であって、自分の命の尽きるまで、上記(第2テモテ4:7~8)で告白しているパウロに見習うべきです。



世を愛すると、イエス様の決めた信仰の道をそれてしまいます。

神様は公平な方です。


最後まで忠実に走り続けるなら、私たちのために素晴らしいものを用意して下さいます。


神さまの永遠の国を相続させて下さいます。

それが神の国の希望、栄光、収穫を得ることで、勝利を得る者ということになります。


神の愛は私たちをキリストの花嫁として受け入れて下さいます。


この世は段々と不安全になって来て、いつ滅亡するか分からない状況にあります。

完全に悔い改めて、始めの愛を持ち続けて、勝利を得る者とさせていただきましょう。

2017.5.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

予期しない災難



テーマは「 予期しない災難 」です


◎基調聖句 イザヤ書 42章1~9節

◎関連聖句 イザヤ49:1~7、50:4~9、53:1~12

見よ。わたしのささえるわたしのしもべ、わたしの心の喜ぶわたしが選んだ者。わたしは彼の上にわたしの霊を授け、彼は国々に公義をもたらす。 彼は叫ばず、声をあげず、ちまたにその声を聞かせない。 彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともなく、まことをもって公義をもたらす。 彼は衰えず、くじけない。ついには、地に公義を打ち立てる。島々も、そのおしえを待ち望む。(イザヤ42:1~4)

【 要 旨 】

しもべとは、わたしの支えるわたしの選んだ者、すなわち、イエス・キリストのことであると、すべてを造られた神は仰せられる。


イエスはメシヤであると旧約で正確に預言した詩であり、新約では預言通り、全部実現した。

しかしながら、ユダヤ人は先入観が災いして、これを認めていない。


しかし、その詩は神が私たちを支えると同じように、キリストは自分を無にして、私たちをいやしたり、喜ばせたりして下さった。


このことが他の宗教とは根本的に異なる所である。


本当の所は、イエス・キリストは、ユダヤ人の選民である。

それは父なる神が、忠実で従順なあるべき姿を示して、私たちにもそれを見せるためである。


我々異邦人のクリスチャンにも、イエスを真似ることによって、多くの祝福を与えるのが最終目的である。

イザヤ書53章は全体が、イエスの十字架の預言である。


イエスは彼ら(私たち)は、何をしているのか知らないし、わたし(イエス)の願いでもありませんが、父の御心が成就するためだと、言われているのである。


私たちもイエスに従って、自分を捨てて忍耐して、自分の十字架を背負って生きることが全うできますように。

そして、良いしもべとさせてくださいますように。

2017.5.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の原則



テーマは「 信仰の原則 」です


◎基調聖句 ダニエル書 1章8~16節

◎関連聖句 ダニエル6:13~28、Ⅰコリント9:27、ガラテヤ6:14、ルカ2:36~37

「どうか十日間、しもべたちをためしてください。私たちに野菜を与えて食べさせ、水を与えて飲ませてください。 そのようにして、私たちの顔色と、王さまの食べるごちそうを食べている少年たちの顔色とを見比べて、あなたの見るところに従ってこのしもべたちを扱ってください。」世話役は彼らのこの申し出を聞き入れて、十日間、彼らをためしてみた。 十日の終わりになると、彼らの顔色は、王の食べるごちそうを食べているどの少年よりも良く、からだも肥えていた。(ダニエル1:12~15)

【 要 旨 】

信仰とは命をかけることが要点である。

少なくとも、そのようなものがなければ信仰とは言えない。


信仰とは神との約束に命をかけることが土台であるべきである。

神の言葉は賢い建築に似ている。

各人によって建て方は異なっていても、知恵のあるものは、良いものである。

野菜と水で健康と知恵は充分摂取できる。


ダニエルは、彼のうちに優れた霊が宿っていたのを、妬まれた大臣によってダリヨス王以外に神に祈願する者は獅子の穴に投げ込むという禁令を制定したが、ダニエルは毎日3度神の前にひざまづき祈ることは止めなかった。


それで彼は獅子の穴に投げ込まれたが、神の命により獅子は何の害も加えなかった。


アブラハムはイサクを全焼のいけにえとして捧げなさいとの神の命令をも守った。

ヨセフは、神の前に罪を犯さないと決めて、どんな環境の中でも忠実に働いた。


またパウロは最高の伝道者として、毎日神の言葉を伝えていたが、いつも自分自身を戒めていた。


そのことは、Ⅰコリント9:27に書かれている。

ガラテヤ6:14では、十字架以外に尊いものはない。それだけを伝えると言っている。死に至るまで忠実に。


ルカ2:36~37で84歳のやもめアンナは神をつれあいとして、死に至るまで忠実に従った。

世を楽しみながらという考えでは、何事も成就しない。


オリンピックの尊いアスリートのように最後まであきらめないことが、世に勝つ秘訣である。

何か一つでも自分の土台をしっかり守る。


たとえば聖日礼拝の約束のように。
神は私たちの信仰の柱が必要といわれる。

2016.8.21
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神を求めた人々



テーマは「 神を求めた人々 」です


◎基調聖句 歴代誌第二 31章20~21節

◎関連聖句 詩篇17:1~2、エズラ8:21~23、ピリピ4:6

ヒゼキヤはユダ全国にこのように行い、その神、【主】の目の前に、良いこと、正しいこと、誠実なことを行った。 彼は、彼が始めたすべてのわざにおいて、すなわち、神の宮の奉仕、律法、命令において神に求め、心を尽くして行い、その目的を果たした。(Ⅱ歴代誌31:20~21)

【 要 旨 】

ヒゼキヤは、神の御心を行う、良い王であった。

形だけでなく、心から神を崇め、愛し、常に神に頼って、真実と誠実を尽くし、主の前に生きた。


モーセ、ヨセフ、ヨシュア、ダニエル、ダビデも光の中に誠実に生きた。

そして、ぶれることも、ゆれることもなかった。


神に対しては、心がこもってなくてはならない。

人にするように手抜きをしてはならない。


もったいないという気持ちで忠実に生きることが大切なのである。

それで、ヒゼキヤは15年の命を延ばしてもらえた。


これは、本当に神を恐れて生きた者のみに与えられることである。


ダビデは神を良く知った上で、すべてを神に委ねて、神に適う祈りを行った。


詩篇17:1~2の祈りが、それを如実に物語っている。

復讐は私のすることであるとの神の仰せも守り通した。


エズラは断食をしながら、安全を神に祈った。

世の権力に助けてもらうようなことはしなかった。


神の知恵を認識していて、いつも共におられることを知っていたからである。

神の前へ遜って祈り求めると、神は必ず応じて下さる。


私たちに恥をかかせるようなことは、決してなさらない。

2016.7.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ