すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

御霊

霊の人とは



テーマは「 霊の人とは 」です


【ヘブル10章36-39節】

あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。

「もうしばらくすれば、来るべき方が来られる。おそくなることはない。

わたしの義人は信仰によって生きる。もし、恐れ退くなら、わたしのこころは彼を喜ばない。」

私たちは、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じていのちを保つ者です。

霊の人は一瞬にして生まれず、必ず十字架の道を通って生まれます。


ヘブル11章に出てくる信仰の人たちは、十字架の道を通って霊の人に変えられました。


聖徒の人生は信じた時から霊的な部分に変化が起こります。

死からいのち、闇から光、呪いから祝福に変わります。


そしてそこから本格的に十字架の道が開かれます。



イスラエルの民はエジプトから解放されましたが、彼らにはエジプトで身についた あらゆる習慣、偶像崇拝的な思考、自己中心的な思い、つぶやき、不満などがあったので、それを取り除き、まことの神だけを見上げる信仰ある者にさせる必要がありました。


そのために使った期限が荒野での40年でした。

彼らはまだ真の神をあまり知らなかったです。



【申命記8章2-3節】

あなたの神、主が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。

それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は主の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。

荒野は十字架の道で、通過する場所です。


そこで自分たちが いかに汚れた罪人であるかを知ります。

つぶやきが多い者であることを知ります。



神のことばに従って生きることが、信仰によって生きることだと悟ります。

信仰によって生きる人が霊の人です。


恐れて十字架の道を通らない人は、霊の人として生まれることは出来ないです。



霊の人は御霊に従い、神のことばを食べ、神の愛を伝えながら、目を覚まして、主が来られる日を待ち望んでいる人です。


2021.6.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

実のある聖徒になる



テーマは「 実のある聖徒になる 」です


【マタイの福音書3章1-12節】

そのころ、バプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教えを宣べて、言った。

「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」

この人は預言者イザヤによって、「荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ』」と言われたその人である。

このヨハネは、らくだの毛の着物を着、腰には皮の帯を締め、その食べ物はいなごと野蜜であった。

さて、エルサレム、ユダヤ全土、ヨルダン川沿いの全地域の人々がヨハネのところへ出て行き、

自分の罪を告白して、ヨルダン川で彼からバプテスマを受けた。

しかし、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けに来るのを見たとき、ヨハネは彼らに言った。「まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。

それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。

『われわれの父はアブラハムだ』と心の中で言うような考えではいけない。あなたがたに言っておくが、神は、この石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。

斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。

私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力のある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。

手に箕を持っておられ、ご自分の脱穀場をすみずみまできよめられます。麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。」

種を蒔くとすべての種が良い実を結ぶわけではないです。


悪い実も良い実もあります。

また、ある実は もみ殻を取り除かないと使い物にならないです。



神は聖徒たちに良い実を期待します。


良い実は神の倉に、もみ殻や悪い実は火の中に投げ込まれます。

良い実を結ぶためには、まず死なないといけないです。


イエス様は自分の死も良い実を結ぶためであると言われました。



【ヨハネの福音書12章24節】

まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。

古い人が砕かれて信仰によって成長するならば、豊かな実を結びます。


多くの実を結んだ使徒パウロも「私にとって毎日が死の連続です。」と言われました。

悔い改めることも自分を死なせることです。


古い人、罪の奴隷、サタンの奴隷として生きないために、十字架に自分をつけて死なせることです。



教会でみことばを聞き、肉の欲を殺していく時に、良い実を結ぶ聖徒になれます。


良い実は、その人が残した影響力で分かります。

私たちも信仰の先祖たちが残した良いものから影響を受けてあります。


良い影響を受けた者がまた良い実を結びます。

彼らがいのちを残したので、そのいのちが また他の人に伝えられていきます。



成功すればするほど謙遜になる時に 良い実を結びます。


稲が熟すとこうべを垂れます。

謙遜もそのような姿です。


神は謙遜な者に恵みを与えます。



謙遜な人が 試練の中でも神に感謝しながらよく耐えます。


自分を低くする者が神を崇めます。

謙遜は御霊の実であり、イエス様に似た姿です。



その実は良い実なので神が喜びます。


日々の主の恵みに感謝を忘れない者が ますます謙遜になり、豊かな実を結ぶことが出来ます。


2021.2.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖い生き方



テーマは「 聖い生き方 」です


【第2ペテロ3章10-12節】

しかし、主の日は、盗人のようにやって来ます。その日には、天は大きな響きをたてて消えうせ、天の万象は焼けてくずれ去り、地と地のいろいろなわざは焼き尽くされます。

このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。

そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。

今が終わりの時代であることは、色んな出来事で分かります。


恐ろしいことが次から次へと起こるので、今の時代を見分けることが出来ます。


主の日が来ます。

天地にまず異変が起こります。


それを見る人たちはみんな不安に駆られます。

何をしたら良いのかも分かりません。



神は信じる者たちには神の時と計画を教えて下さり、その時代をどう生きるべきかを教えて下さいました。


それは今までよりもさらに聖い生活をすることです。

どのように生きることが聖い生き方でしょうか。




神のみこころを行う生き方




自分の思いのまま、古い人のまま生きるのではなく、新しい人として神のみこころを行いながら生きることです。


【ローマ12章2節】

この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。



肉の思いを打ちたたいて御霊に従う生き方
(謙遜と従順)




【第1コリント9章27節】

私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。



神のことばを日々の糧として食べて成長する生き方




世俗的な人は善悪の知識の木から取って食べます。

しかし霊の人はいのちの木から取って食べます。


いのちの木にあるのは神のことばです。


何を食べて生きるかによって 結ぶ実が違います。




見えない所でもっと善行を行う生き方




人の目ではなく、神の目を意識しながら生きることです。


【マタイの福音書6章3節】

あなたは、施しをするとき、右の手のしていることを左の手に知られないようにしなさい。


このような生き方をする人は主の日を心から待ち望みます。


ハレルヤ!!

2020.3.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

一年間の恵みに感謝



テーマは「 一年間の恵みに感謝 」です


【詩篇103編2節】

わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

小さな祝福にも感謝する人がいれば、大きな祝福にも感謝しない人がいます。

恵みをいつまでも覚えている人がいれば、すぐに忘れる人もいます。



神の豊かな恵みに対して、人間の感謝があまりにも足りないです。

神のものを日々使いながらも その恵みに対して感謝しない者も多いです。


神が造った太陽の光、風、空気、土、空、植物、雨など使用料を払わず使いながらも、それを無料で提供して下さる神への感謝がないです。



私たちが一年間の恵みに感謝する時は、まずは提供された自然の恵みに感謝しましょう。


そして肉体のいのちと信仰による永遠のいのちが守られたことを感謝しましょう。


神から離れ、キリストの敵になってしまった人もいるので、今年も信仰の中に留まっていることに感謝しましょう。


自分の力だけで信仰生活が出来たわけではなく、御霊の助とけと兄弟、姉妹たちの祈りと協力によって支えられて信仰生活が出来たことを忘れず感謝しましょう。

愛し合う仲間がいることが、どれほど幸せなことか分かりません。



そして日常の必要すべてが与えられたことも感謝しましょう。

これも大きな祝福です。


世界には今も飢えている者、住まいのない人がたくさんいます。

そのことを考えると感謝せずにはおられません。



一人一人が受けた祝福を、主の前で感謝する時に、主はその感謝のことばを喜びます。


その感謝がまた来年の祝福の種になります。


2019.12.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

蒔いたものを刈り取る



テーマは「 蒔いたものを刈り取る 」です


【ガラテヤ6章7-10節】

思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。

自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。

善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。

ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。

人はいつ 神を “不公平の神” だと勘違いするでしょうか。


それは、自分のことではなく、他人が蒔いた通りに刈り取らないのを見た時です。

悪人が繁栄し、苦しみもなく、思い通りの人生を生きているのを見ると、その怒りを神にぶつける人が多いです。


現実を見て、そう思う時もあります。


しかし神は不公平な神ではなく、公平な神です。

私たちが勘違いしているだけで、神は公正、公平な方です。



個人の意見ですが、神がなぜ、永遠の世界を造ったのかを考えた時に、人それぞれの生き方に従って、正しく裁くためであるかも知れないと思ったりします。


短い人生で毎日蒔いたものを刈り取らせるならば、生き残る人は一人もいないと思います。



神は人間に自由意志を与えました。

自分の意思で選択出来るようにして下さいました。


しかし、その選択に対しての責任は本人に取らせます。

死んだ後に必ず裁きを受けると聖書に書いてあります。


その時、正しい裁き主である神の前に驚く人は多いと思います。



クリスチャンが受ける恵みは、神がそれらのことを事前に教えておられることです。


神のことばを真剣に受け入れると、種を蒔く時に何も考えずに蒔くことはしないと思います。



私たちが蒔く種は二つです。

肉のために種を蒔くか、御霊のために蒔くか です。


肉のために蒔くなら、肉の行いが出てきます。

肉の行いにはこれらのものがあります。


不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、殺意、不義、悪とむさぼり、欺き、不平不満、悪事、不従順、不慈悲、高慢などたくさんあります。


これらによって永遠の滅びを刈り取ります。

肉の欲望を満足させても、そこから刈り取るものは滅びです。



しかし御霊のために蒔くならば、永遠のいのちを刈り取ります。


御霊によって歩む人は、御霊の実を結ぶために良い種を蒔きます。



御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。

また善を行います。


神はその選択を喜びます。


そしてその人たちには永遠のいのちと良い報いを与えます。



人は死んだ後に神と清算します。

それが裁きです。


いつか裁き主の前に立ってさばきを受けることを忘れないで、今良い種を蒔きましょう。

2019.11.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ