すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

御子

生ける川の水



テーマは「 生ける川の水 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 7章37~39節

◎関連聖句 ヨハネ14:26、ローマ8:10~11、使徒2:38~39、ヨハネ4:10、4:14、イザヤ43:19~20、エレミヤ2:13

さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。 わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」(ヨハネ7:37~38)

【 要 旨 】

日本の水はとてもきれいである。

特に地下から湧き出る泉が良い。


上高地の梓川の水は秀逸である。

だから日本では、水であまり苦労しない。


このように良質な水に恵まれていることに感謝すべきである。


しかし、世界中では泥水や不純物で苦労している地域が多い。

その所に住む人の寿命は、日本の半分くらいの所もある。


イエス・キリストの送ってくれる生ける川の水は、父なる神からの聖霊の水である。

その水が注がれるのは、イエスを信じる人だけである。


父、御子、聖霊と呼ばれる三位一体の神は、私たちの死ぬべき身体をも導いて守って下さる。


使徒行伝の弟子たちが、聖霊に満たされて異言などを語り出したのも、生ける川の水に満たされた聖霊によるものであった。


これに反してパリサイ人たちの、まむしの末と言われる人々は、聖霊を拒否していて、この生ける川の水を飲まない。

これは許されない罪である。霊的危機である。


エレミヤ書2:13には

わたしの民は二つの悪を行った。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ。
と書かれている。


聖霊に満たされていない者は、飢え乾きがないため、その外側で生きることを考える。


そうすると、いのちあふれる信仰生活ができなくなるので、良い実が結べなくなる。


そのようにならないために、悔い改めて、聖霊が降りるように按手を受けるなどして、我々はまことの信仰生活に立ち返らねばならない。


2017.12.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

いい出会いとは?



テーマは「 いい出会いとは 」です


◎基調聖句 テモテへの手紙第一 1章13~15節

私たちの主の、この恵みは、キリスト・イエスにある信仰と愛とともに、ますます満ちあふれるようになりました。(Ⅰテモテ1:14)

【 要 旨 】

キリスト教は、出会いの宗教です。相思相愛の関係にあります。

神様は、御子を見た者はわたしを見た者ですと言われました。
神様がまず、私たちを先に愛し、イエス・キリストを送って下さったのです。

神様が私たちに、人間の姿をしたイエス様を下さったことは、最高の出会いです。


人間の先祖は猿であるという、進化論を信じてはなりません。

創造主である神様は、人間は何者であるかを教えてくれたからです。

神様の言葉だけが真実ですから、もし、この出会いがなかったなら、私たちの人生は敗北です。


律法を守って満足していたパウロはイエス様との出会いで、その人生が決まりました。

神様からの仲介役であるイエス・キリストを、心から信じ愛することで、彼の人生は180度変換しました。


いい出会いの配偶者が選ばれれば、お互い助け合って幸せになれるように、正直で誠実で節度のある良い友を持つことは、人生最高の幸せです。

親友がいない人生は淋しいものです。


良い教会とは、真実が伝えられること、神様を第一にという愛があること、命のパンがあることです。

シャローム松山教会は、その思いに満たされた良い教会です。

隣人をあなた自身のように愛しなさいと言われています。
そのように教会員は夫々が、更に良い関係を結んでゆきましょう。


あなたたちは世の光、地の塩だとも言われています。
いい仲間をもっている仕事場は成長します。

神様からのいい出会いを、教会→配偶者→会社と、所属している所でいい出会いを広げて、生かされたいものです。

2014.8.24
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

新しく力を得ましょう



テーマは「 新しく力を得ましょう 」です


◎基調聖句 イザヤ書 40章28~31節

◎関連聖句 ローマ人への手紙 8章32節

あなたは知らないのか。聞いていないのか。主は永遠の神、地の果てまで創造された方。疲れることなく、 たゆむことなく、その英知は測り知れない。 疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。(イザヤ40:28~29)

【 要 旨 】

疲れた時に私達は神様のみ言葉を得て、その力により充電できている。

しかし、神の力を知らない人もいる。
そのような人も、人間の心を超えている神の力を求めれば、新しい力が湧いて出ると、主の御告げである。


地球の気温が1°C上昇したと言って騒ぐ我々であるが、
もしそうなれば、自然の法則がくずれて、私達は生きていけなくなる。

神はそのようなことはなさらない。
神は力であることを信じていれば、私達は力を得て、安心して生きてゆける。



私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、 どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。(ローマ8:32)
とパウロは約束されている。

信仰生活は神様の口からの一つ一つの言葉によるとも言われている。 神様は求める者に必ず知恵を与えて下さる。

信仰の姿勢は、強く求めることである。
み言葉を知っていても、求めない態度は、神は喜ばない。

神様は私達と共におられて、一人一人すべてのことを知っておられる。神は私達を愛していて、心配して守って下さる。


人間ほど弱い者はないのであるから、災難がふりかかると、ひとたまりもない。

しかし、

主を待ち望む者は力を得る。(イザヤ40:31)
と愛する神は告げておられる。

私たちは新しい力を得て、戦っても負けることのない者に成長しよう。

2014.6.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

パウロがイエスから学んだもの



テーマは「 パウロがイエスから学んだもの 」です


◎基調聖句 ピリピへの手紙 4章11~13節

◎関連聖句 ガラテヤ2:20、Ⅱコリント1:8~9、 ピリピ2:6~8

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。 いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。(ガラテヤ2:20)

【 要 旨 】

パウロは信じる者を迫害した者であったのに、ペテロなどの12弟子よりもよく働いて、真理を説いた。

教会を立ち上げたのはパウロである。
パウロは真の神を知りたいという思いが、ことのほか強かったのである。


「私を見た者は父を見たのです。」というキリストの言葉がある。
だから「私を見習う者になりなさい。」とも言われた。

そこでパウロは考えた。
肉体を持った方であるにもかかわらず、あのようになられたのは、父を見たからだと。


それならばキリストとひとつになる方法を学ばなければならない。
もっともっと知りたい思いを知らしめなくてはならないと。


そのようにして、パウロが悟ったのが、ガラテヤ2:20にある言葉、
すなわち、

「いま私が、この世に生きているのは、 私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。」
という心境である。


イエスは弟子たちの足を洗われた。
これは高慢な人間には出来ないことである。

また、自分を低くするということは、自分を捨てて従順になることである。


パウロがイエスから学んだことは、先ず第一に霊的なもの(神の知恵)、次にいつもイエスを忘れない。それから平安と感謝である。


2014.3.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ