すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

従順

御霊(聖霊)を通して悟るもの



テーマは「 御霊(聖霊)を通して悟るもの 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 2章10~14節

◎関連聖句 詩篇145篇17節

ところで、私たちは、この世の霊を受けたのではなく、神の御霊を受けました。それは、恵みによって神から私たちに賜ったものを、私たちが知るためです。 この賜物について話すには、人の知恵に教えられたことばを用いず、御霊に教えられたことばを用います。その御霊のことばをもって御霊のことを解くのです。(Ⅰコリント2:12~14)

人間の知恵だけでは、神のなさることを完全に知ることはできない。

神が培っている聖霊によってのみ理解できる。
聖霊によってのみ目が開かれるのである。


それを信じたイエスの弟子たちは、聖書の御言葉を悟るようになった。

このようにして霊的判断力が得られないと、自分の知恵に頼るという間違いを起こす。


これに反して、聖霊の宿っている人は、早く聖書が理解できる。



パウロは聖霊に満たされて、神の御言葉を理解した。

それ以後、彼はそれまで持っていた知識を捨てた。


それ以降、彼は新約聖書の半分を書き上げている。

私たちも必ず聖霊を受けなくてはならない。



すべてのものを、正しく動かす神の摂理は、この世のはじめであり、終わりである。


これほど偉大な方であるが、我々人間の1人1人に対して、完璧な配慮をして下さっている。


詩篇145:17には

主はご自分のすべての道において正しく、また、すべての御業において恵み深い
とダビデは賛美している。


この天地は必ず滅びると神は言われる。

人間はそれを悟れない。



御霊を受けると、自然に感謝できる。

神に従順な者となり、すべてを悟り得ることができる。


見えるものは、一時的である。
霊的恵みの価値を、神の恵みを、もっともっと知る者となろう。

2017.8.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

苛立ちと怒り



テーマは「 苛立ちと怒り 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 15章12節

そのとき、弟子たちが、近寄って来て、イエスに言った。「パリサイ人が、みことばを聞いて、腹を立てたのをご存じですか。」(マタイ15:12) 要 旨

【 要 旨 】

自分の思うままにしようとする場合、人間の持っている愚かさの最たるものは、苛立ちと怒りである。


特に親しい者とともにいる時、期待と異なる言葉が出てくると腹を立てる。


「聖書は、このようには書かれていない」と言っても「そんなことはできない」と苛立つ者が多い。

これが日常に頻繁に現れると、人間関係を壊し、感情が罪を起こし、平安が損なわれ、喜びの会話がなくなる。


奥様を奴隷と思っているような世の愚鈍な亭主は、怒りの言葉で暴力的に妻を叱る。

叱られた妻も苛立ちでやさしい言葉が出て来ず、家庭の中の平安が失われる。

ねぎらいの言葉もなく、馬鹿者と怒鳴り、勝手な言葉を投げつける旦那には耐えられなくなって、うつ病になったり、自殺する妻もいる。

また、子供の成長にも悪影響を与える。


神の御心は、平安と喜びの愛のムチで、人間を良い道に導くことである。

この神の御心に従わない自我、すなわち自分の思いのみという考えは捨てなければならない。


これは背後にいるサタンの仕業ではあるが、愛の交わりは破壊されてしまう。


自分が正しい者であるという考えは、神の栄光の働く余地はない。


苛立ちと怒りをなくするには、訓練がいる。

まず苛立ちの罪を認識して、イエスの血潮で直して下さいと従順に悔い改めることである。


そして、私たちの心が平安であるように神様に祈ることである。


2017.7.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

予期しない災難



テーマは「 予期しない災難 」です


◎基調聖句 イザヤ書 42章1~9節

◎関連聖句 イザヤ49:1~7、50:4~9、53:1~12

見よ。わたしのささえるわたしのしもべ、わたしの心の喜ぶわたしが選んだ者。わたしは彼の上にわたしの霊を授け、彼は国々に公義をもたらす。 彼は叫ばず、声をあげず、ちまたにその声を聞かせない。 彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともなく、まことをもって公義をもたらす。 彼は衰えず、くじけない。ついには、地に公義を打ち立てる。島々も、そのおしえを待ち望む。(イザヤ42:1~4)

【 要 旨 】

しもべとは、わたしの支えるわたしの選んだ者、すなわち、イエス・キリストのことであると、すべてを造られた神は仰せられる。


イエスはメシヤであると旧約で正確に預言した詩であり、新約では預言通り、全部実現した。

しかしながら、ユダヤ人は先入観が災いして、これを認めていない。


しかし、その詩は神が私たちを支えると同じように、キリストは自分を無にして、私たちをいやしたり、喜ばせたりして下さった。


このことが他の宗教とは根本的に異なる所である。


本当の所は、イエス・キリストは、ユダヤ人の選民である。

それは父なる神が、忠実で従順なあるべき姿を示して、私たちにもそれを見せるためである。


我々異邦人のクリスチャンにも、イエスを真似ることによって、多くの祝福を与えるのが最終目的である。

イザヤ書53章は全体が、イエスの十字架の預言である。


イエスは彼ら(私たち)は、何をしているのか知らないし、わたし(イエス)の願いでもありませんが、父の御心が成就するためだと、言われているのである。


私たちもイエスに従って、自分を捨てて忍耐して、自分の十字架を背負って生きることが全うできますように。

そして、良いしもべとさせてくださいますように。

2017.5.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

謙遜な主の姿



テーマは「 謙遜な主の姿 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 21章4~10節

◎関連聖句 マタイ3:13~15、ルカ22:27

これは、預言者を通して言われた事が成就するために起こったのである。 「シオンの娘に伝えなさい。『見よ。あなたの王があなたのところに来られる。柔和で、ろばの背に乗って、それも、荷物を運ぶろばの子に乗って。』」 そこで、弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにした。(マタイ21:4~6)

【 要 旨 】

人間でも傲慢な人といると、よい気はしない。

そのような人とは、付き合いたくないと言うのが本心である。


しかし、イエスは謙遜さにあふれていて、高い所から低い所、すなわち神が人間になられたのである。

そして、人間として罪人と同じようにヨハネからバプテスマを受けた。


それを知らない人達は、ナザレから何の良い物が出るだろうかと揶揄した。


ルカ22:27には

食卓に着く人と、給仕する者と、どちらが偉いでしょう。むろん、食卓に着く人でしょう。しかし、わたしはあなたがたのうちにあって、給仕する者のようにしています
と言われました。


そしてイエスは最後の晩餐の時にも、弟子たちの足を洗った。

裏切ったユダの足でさえも奴隷のような恰好で洗い、わたしを見習う者になりなさいと、範を示されたのである。


十字架にかかることは、完全に自分を無にして、神に対して最高に従順になることである。


イエスは十字架では弱弱しい姿を見せるが、これはまことの神の正しい生き方を、我々に教えて、正してくれている。


わたしが、あなたがたを赦したように、あなたがたも赦しなさい。受けるよりも与えるほうが幸せです

とイエス様は、いつでも何処でも私たちを見守っていて下さる。


2017.3.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

完全な従順



テーマは「 完全な従順 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 2章6~8節

◎関連聖句 Ⅰペテロ2:21、黙示録3:20、ヨハネ15:4~5、黙示録3:19

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。(ピリピ2:6~8)

【 要 旨 】

イエスの見習うべき姿は従順である。

イエスは神であられるのに、人間の姿でこの世に来られた。


天という次元から地上に来られるのは簡単ではない。

被造物は、神になりたいという願望があるが、イエスはこれとは逆で、父なる神の御心を持っていて、聖なる御国におられたのに、父なる神に完全に従順した。


イエスは人間として、しかもナザレのような田舎町で生を受けたので、一般民衆と同じようであって、人々に尊敬されないで、むしろ憎しみの目で観察されることが多かった。


そのような苦労の連続であったけれども、神への従順を守った。

それは最後に十字架で完了するまでも、完璧に父なる神に従った。


キリストはあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残されたと、Ⅰペテロ2:21に記されている。


人間はクリスチャンと呼ばれた人でも、完全に従順な人はどれだけいるだろうか。


栄光に入りたいなら完全な従順が求められる。


それは、イエスの完全な従順がなかったら、私たちは成就しないことを見ても分かる。

私たちは、御心とは何なのかを良くわきまえて、何のために、誰のために生きているのか、よくよく考えねばならない。

2017.3.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ