すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

平和

山上の垂訓と御霊の実



テーマは「 山上の垂訓と御霊の実 」です


【マタイの福音書5章1-10節】

この群衆を見て、イエスは山に登り、おすわりになると、弟子たちがみもとに来た。

そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて、言われた。

「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。

柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。

義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。

心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

山上の垂訓は主からの大切な教えです。


八つの幸いな人の姿があります。

幸いな者が誰であるかを教えました。


最初の四つは救いを受ける準備が出来ている幸いな人の姿です。

後の四つは救われた者の徳を語っています。



本当の幸せが何かを主は教えて下さいました。


主によって救われた幸いな人は御霊の実を結ばないといけないです。

そして成長していかなければいけないです。


御霊の実は次の通りです。


【ガラテヤ書5章22-23節】

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、

柔和、自制です。

そして次のように成長していく時に御霊の実が結ばれます。


【第2ペテロ1章5-7節】

こういうわけですから、あなたがたは、あらゆる努力をして、信仰には徳を、徳には知識を、

知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、

敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。

自分が救われた幸いな人であることは、成長して御霊の実を結ぶことで証明することが出来ます。


2021.6.6
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神の国とは



テーマは「 神の国とは 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 14章17節

◎関連聖句 ローマ14:1~4、ローマ14:13~15、ローマ14:19

なぜなら、神の国は飲み食いのことではなく、義と平和と聖霊による喜びだからです。(ローマ14:17)

【 要 旨 】

神の国を天国と言うのは正解です。

神の国の本質は、地球の地上で支配する自然や人間のことだけではなく、平和と義を追い求めるからです。


神が支配しているなら、教会の中でも、神の国は作れます。

聖霊が留まらず、ただ神を利用する考えだけだと、神の国とは言えません。


ローマ14:1には

あなたがたは信仰の弱い人を受け入れなさい。その意見をさばいてはいけません。
とあります。


安息日にしてはならないことなどを勝手に吹聴することは、神に喜ばれません。

それは神の国の本質ではなく、肉の思いが働くところには喜びがないからです。


三位一体を語らないのは、神の国を述べているとは言えません。

常にこの一致が尊重され、互いに夫々を認め合って、お互いを語ることが、神の愛であり、喜びを与えてくれます。

信仰から出ていないものは、すべて罪だからです。


ローマ14:13~15には、

兄弟にとって妨げやつまずきになるものを置かないように決心しなさい
と書かれています。


要は愛から出た言葉を多く語りなさいと言うことです。

神自身が太陽ですから。


私達は平和に役立つことと、霊的成長に役立つことを追い求めましょう(ローマ14:19)。


イエス・キリストは平和の見本を作られました。

私達も愛のない世界ではありませんようにと祈り、心からイエスを信じ、愛し、従いましょう。

新しい心が霊的成長となる力を与えてくださいますように。

2016.5.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神と和解するクリスマス



テーマは「 神と和解するクリスマス 」です


◎基調聖句 ルカの福音書 2章14節

◎関連聖句 ヨハネ1:14、エペソ2:16-18

いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。(ルカ2:14)

【 要 旨 】

今年は世界的に、テロや戦いが多かった。

特にISの不安と恐怖は極まっている。


しかし、歴史の中で一番の争いは、人間と神の争いである。

心ない人々は、神は戦争をなぜ許すのかなどと言っているが、その原因はすべて人間の罪に起因している。


イエス・キリストが来て下さった時代も、平和のない時代であった。

その時、神は「平和が御心に適う人々にあるように」(ルカ2:14)と、私たちのためにひとり子イエス・キリストを賜ったのである。

これがクリスマスの真の意味である。


であるから、私たちは、イエス・キリストが来臨されたことは、十字架を思って、罪を悟ることが第一義なのである。

キリストの生誕のみ祝うのは、実は第二義と言うべきことであり、世の心ない人々は、それが分かっていないのは残念である。


神と和解するのがクリスマスである。
サンタが来る日ではない。


私は道であり、真理であり命であると、イエスは言われた。

イエスを通してでないと私たちは神様の所へ行けない。

すなわち、イエスは神と人間の仲介者なのである。


しかし、それ以上に、イエスは人間の姿で来られたのであるから、人間の心だけでなく、身体の苦しみも知っておられる。


ヨハネは「見よ。世の苦しみを取り除く神の子羊」とイエスの霊的な姿を最初から見抜いていた。


イエスが来られたことで、神と話が出来て、神の御座に導かれることに、私たちは大いなる感謝を捧げよう。

2015.12.20
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・ *:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ