すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

希望

泣かなくてよい、起きなさい



テーマは「 泣かなくてよい、起きなさい 」です


◎基調聖句 ルカの福音書7:11~17

それから間もなく、イエスはナインという町に行かれた。弟子たちと大ぜいの人の群れがいっしょに行った。

イエスが町の門に近づかれると、やもめとなった母親のひとり息子が、死んでかつぎ出されたところであった。町の人たちが大ぜいその母親につき添っていた。

主はその母親を見てかわいそうに思い、「泣かなくてもよい」と言われた。

そして近寄って棺に手をかけられると、かついでいた人たちが立ち止まったので、「青年よ。あなたに言う、起きなさい」と言われた。

すると、その死人が起き上がって、ものを言い始めたので、イエスは彼を母親に返された。

人々は恐れを抱き、「大預言者が私たちのうちに現れた」とか、「神がその民を顧みてくださった」などと言って、神をあがめた。

イエスについてこの話がユダヤ全土と周りの地方一帯に広まった。

【 要 旨 】

やもめの息子の葬式をたまたま見た主は泣いている母親をかわいそうに思い「「泣かなくてよい」と言われました。泣いても、泣いても涙が止まらないぐらいにその母親の心は悲しみでいっぱいだったと思います。


息子が彼女の希望だったのに、若くして死にましたから本当に悲しんでいました。

「泣かなくてよい」と主が語ったのは、彼女を助けようとしたからです。


そして棺に手をかけられると、「青年よ。あなたに言う、起きなさい」と言われました。

するとその死人は起き上がって、ものを言い始めました。

死人がよみがえりました。


イェス様にはいのちがあります。

ですから死人を生きかえらせることが出来ます。

そして主ご自身も十字架の死の後に復活しました。



信じる者が死ぬと、主の再臨の時に「起きなさい」と言うことばと共に死からよみがえります。

復活のいのちが与えられます。


そして主は病んでいる者にも言われます。

「起きなさい」38年間も病にかかっていた人を癒した時も「起きて」と言われました。


絶望やあきらめの中にいる、病気で落胆している人に主は言われます。

「起きなさい」その声を聞いて起きるならば癒されます。

そして主は眠っている者に対して「起きなさい」と言われます。



今は眠っている時ではなく、眠りから目を覚まして、起きなければならない時です。

主が戸口に立っておられます。


主の声を聞いて戸を開ける人は幸いな人です。

しかし呼んでいるのに、起き上がることが出来ない人は、主を見失ってしまします。


目を覚まして起きて用意している人を主は捜しています。

「いつまで寝ているのか」と主が心配しています。目を覚まして起きましょう。


2018.10.14
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

栄光の復活



テーマは「 栄光の復活 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 15章20~22節

◎関連聖句 マタイの福音書 16章24~25節

しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。 というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。 すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。(マタイ16:24~25)

【 要 旨 】

イエス様は十字架の道、苦難の道を歩かれた。


地上に来られた時からそのことをご存じだった。

神様は助けることもできたが、私たちを救うためそのままにされた。


イエス様は十字架にかけられ、三日間は普通の人のように死の力に支配され、墓の中に葬られた。

しかし、父なる神さまの復活の力が臨まれ、イエス様は命をもらい蘇った。


イエス様は、ただ蘇っただけではない。

眠った者の初穂として、死者の中から蘇った。


神様が人間を創造した時は永遠の命をもっていたが、アダムとエバがサタンに誘惑され、善悪の知識の木の実を取って食べ、神のことばに従わず罪を犯した。


そのため人間に罪と死が入り、サタンが人間を罪と死で支配するようになった人々はそこから逃げることも勝つこともできないで、罪と死の道しかなかった。


しかし、イエス様が復活されたことによって別の道が開かれた。

復活ほど素晴らしい祝福はない。


イエス様を信じたら永遠の命を得る。

イエス様は十字架を背負って死から復活した。


私たちも負うべき十字架がある。

その十字架は苦しいこともあるが、復活の命にあずかりたいなら、自分の十字架を背負ってイエス様についていかなければならない。


イエス様は共に重荷を負って下さる方、力を与えて下さる方、希望を与えて下さる方、永遠の命を与えて下さる方です。


2018.4.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

いつまでも残るもの



テーマは「 いつまでも残るもの 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 Ⅰコリント3:12~15、ヨブ23:10、黙示録2:4~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(Ⅰコリント13:13)

【 要 旨 】

聖書は、天国に入れる者は稀であると言っている。

神が認めないなら、天国へは入れない。


Ⅰコリント3:12~15には、もし誰かが建物を建てるとき、土台はイエス・キリストでも、その材料によって、火(苦難・試練)の中をくぐると金・銀・宝石 (信仰・希望・愛)のように、残るものと木・草・わらなど(個人の能力・熱心)のように燃え尽きるものがある。


火をくぐった後の状況で各人の働きが本物であるかどうか、その真価がわかる。

神さまは正しい材料(信仰・希望・愛)を使うことを願っている。



アブラハムとヨブは完全に信仰に生きた人と崇められている。

ヨブ23:10では

神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私は金のように出て来る。
と書かれている。


ヨブは試練が来ても、火をくぐる金のように信仰を守り抜いた。

そこで神はヨブに2倍もの大きな祝福を与えている。


神は私たちに金のような信仰を与え、愛があれば勝利が叶うと、私たちに教えている。

それは、神様第一の心があるかどうかを試しているということでもある。


また、神はアブラハムにひとり子イサクを捧げなさいと言われたことにも通じる。

これがまことの愛で、いつまでも残るものである。


神の国の大切なもの、信仰・希望・愛が私たちにあるか否か、自らをよく確認すべきである。

これがあれば、いつまでも正しく生きることが出来る。

2018.3.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

勝利を得る者



テーマは「 勝利を得る者 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 マタイ22:23、第1コリント3:11~15、第2テモテ4:6~8、3~8、2:3~6、マタイ22:37~40、黙示録2:3~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(第1コリント13:13)

【 要 旨 】

「いつまでも残るもの、すなわち勝利を得る者は、信仰と希望と愛で、その中で一番すぐれているのは愛です」
と第1コリント13:13でパウロは言っています。


神の国は、オリンピックの勝利者のような、この世の勝利者とは異なっています。


いくら預言や奇跡を沢山行ったからと言っても、イエス様に褒められない人は、裁きの日には不法を成す者ども、わたしから離れて行けと告げられ、あなたを全然知らないと突き放されることになります。


イエス様の前に残る者を神様は評価して下さいます。

それは忠実な者で、完成に向かって、信仰を成長し続ける者であって、自分の命の尽きるまで、上記(第2テモテ4:7~8)で告白しているパウロに見習うべきです。



世を愛すると、イエス様の決めた信仰の道をそれてしまいます。

神様は公平な方です。


最後まで忠実に走り続けるなら、私たちのために素晴らしいものを用意して下さいます。


神さまの永遠の国を相続させて下さいます。

それが神の国の希望、栄光、収穫を得ることで、勝利を得る者ということになります。


神の愛は私たちをキリストの花嫁として受け入れて下さいます。


この世は段々と不安全になって来て、いつ滅亡するか分からない状況にあります。

完全に悔い改めて、始めの愛を持ち続けて、勝利を得る者とさせていただきましょう。

2017.5.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

天国へ行く準備



テーマは「 天国へ行く準備 」です


◎基調聖句 テモテへの手紙第二 4章6~8節

◎関連聖句 Ⅱペテロ3:14、マタイ7:19、Ⅰペテロ4:7~8、ルカ21:36

私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。 私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。(Ⅱテモテ4:6~7)

【 要 旨 】

パウロは毎日、最後の日の天国へ行く準備をしていた。

今日死んでもよいようにと。


ある国の王様が死去した時、その王様は天国に行けただろうかと議論していた。


ある人は、王様は死後の話をしなかったので、行けなかっただろうといった。


人は必ず死ぬのだから、その日のために準備するのが、生活の知恵というものである。

では、どんな準備をするべきだろうか。


具体的な4項目について述べる。


⑴ 悔い改めて罪の赦しを受ける。


Ⅱペテロ3:13~14に

神の約束に従って、正義の住む新しい天地を望んでいるなら、しみも傷もない者として、平安をもって御前に出るように励みなさい。
とある。

それは神の言葉からの罪の認識を持つことである。


⑵ 良い種をまいて、立派な実を結ぶようにと祈り続ける。


 
良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。

とマタイ7:19に書かれている。


⑶ 神の言葉を守り信仰を全うする。


やがて起ころうとすることから逃れ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。

(ルカ21:26)と聖書に書かれている。


⑷ 天の御国に入れる希望を持ち続ける。


そのためには、心を整え、身を慎み、互いに熱心に愛し合うことが、その準備となる。

2016.7.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ