すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

天国

恐れがない理由



テーマは「 恐れがない理由 」です


◎基調聖句 使徒の働き 7章55~60節

◎関連聖句 詩篇46:1~3、詩篇46:11

しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、 こう言った。「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます。」 人々は大声で叫びながら、耳をおおい、いっせいにステパノに殺到した。(使徒7:55~57)

【 要 旨 】

ステパノは、初代教会の中では格別神を愛した。

初代教会の頃は民衆がメシヤ(キリスト)を認めなかったので、迫害が多く、その軋轢(あつれき)は耐え難いほどであったが、ステパノは復活のイエスを、すなわち天国を最初に見ていた。


このことは、彼にとっては物凄い励ましになった。

そうなったステパノは余裕が生じ、この罪を彼らに負わせないで下さいと言えるようになった。

それで恐れなく眠りについた。


ヨハネも島流しにあったが、神に頼っているので素晴らしい信仰告白ができた。

獅子の穴に投げ込まれたダニエルも、神の祈りにより難を逃れた。


人に恐れる姿が見えるのは、信仰がどっちつがずであるからで、そうなると悪魔は激しく襲ってくる。

聖霊に満たされると、力を受けて命の道に入れる。


詩篇46:1~3には、

神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、その水かさが増して山々が揺れ動いても

また、詩篇46:11では

万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。
と書かれている。


私たちも、恐れがなくなる領域に早く立ちのぼらなければならない。

2017.2.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

律法と山上の説教の関係



テーマは「 律法と山上の説教の関係 」です


◎基調聖句 出エジプト記 21章23~25節

◎関連聖句 ヨハネ13:34、マタイ5:21~22、27~28、38~42、Ⅰテサロニケ5:15、マタイ5:43~44、マタイ5:20

しかし、殺傷事故があれば、いのちにはいのちを与えなければならない。 目には目。歯には歯。手には手。足には足。 やけどにはやけど。傷には傷。打ち傷には打ち傷。(出エジプト記21:23~25)

【 要 旨 】

律法は厳格な神の旧約時代の啓示である。

新約では、イエス・キリストは旧約を完成させるためにこられた。


そのことはマタイの福音書の5章に山上の垂訓(説教)として、出エジプト記と同じようなことが書かれていることで分かる。

似たようなことは、イスラム教のコーランにも書かれている。


ヨハネ13:34には

あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
とイエスが言われたと書かれている。


愛するためには忍耐と寛容が必要不可欠である。

ということは、律法(モーセの十戒)も山上の垂訓(イエスの説教)も本質は同じなのである。


我々は、言葉で悔い改めて、人々を赦して、憎しみを増大させないようにしなくてはならない。


イエス様から見ると、人々は誰でも人殺しである。

すべての人は心の中の怒りが行動になる。


今、流行のウザイとか死ねとかと言うのは、人を自殺に追い込む。

神の言葉は、天地が滅んでも廃れない。


天国に入りたい者は、自分を捨てて十字架を負ってイエスについて行こう。

旧約の律法は、これと同じである。


私たちはあくまでも神の言葉に従順すべきである。

2016.12.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

私よりも愛するものは



テーマは「 私よりも愛するものは 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 10章37節

◎関連聖句 ヨハネ21:15、マタイ19:26、マタイ19:27~29

わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。(マタイ10:37)

【 要 旨 】

イエスは12弟子に、わたしよりも父や母を愛する者、自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません(マタイ10:37~38)と言われている。


また、私たちは何処までもあなたについて行きますと、ペテロが言ったとき、あなたはにわとりが鳴くまでに、3度わたしを知らないというと言われた。


“イエスよりも自分”という心を見抜いておられた。


イエスがなぜ、そんなことを言われたのだろうか。

それは偶像礼拝を戒めるためである。


神がアブラハムに、父から離れなさいとのお言葉があったのは、すべてのものを給わる神を、ないがしろにしてはならないという教えである。

アブラハムは行き先も知らないのに二つ返事で「はい行きます」と即時に返答した。


また、イサクを全焼のいけにえとして捧げなさいと、言われた時も無条件で従った。

この態度が神にふさわしい者である。


その反対に、あなたの財産をすべて投げ打って、わたしについて来なさいと、イエスに言われた時に、それが出来なかった金持ちは、神よりも財産を愛したので、それが出来ず、永遠のいのちを逃がしてしまう。


人が祝福されるのは、誰よりも神を愛し、捧げることである。

そうすれば知恵と力が与えられる。


自分の子どものために貯めるよりも、先ず神に捧げるという生き方が大切なのである。


ヘス牧師のお母さんは、神に捧げる新しいお札を常に準備していたと言われる。

地上でしたことは、天国で報いがある。


私たちは神の言葉に従って生きなければならない。

何であれ、神より上に置くことは、ふさわしくない。

2016.10.9
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒が逆戻りしてはならない理由No1



テーマは「 聖徒が逆戻りしてはならない理由No1 」です


◎基調聖句 ガラテヤ人への手紙 4章8~11節

◎関連聖句 ガラテヤ2:21、エペソ2:8~9、Ⅱテモテ4:3~4、Ⅱコリント4:10

しかし、神を知らなかった当時、あなたがたは本来は神でない神々の奴隷でした。 ところが、今では神を知っているのに、いや、むしろ神に知られているのに、どうしてあの無力、無価値の幼稚な教えに逆戻りして、再び新たにその奴隷になろうとするのですか。 あなたがたは、各種の日と月と季節と年とを守っています。 あなたがたのために私の労したことは、むだだったのではないか、と私はあなたがたのことを案じています。(ガラテヤ4:8~11)

【 要 旨 】

天国へ行けるクリスチャンの数がとても少ないと言われている。


それは、せっかくイエス・キリストの十字架の血により、福音を聞いて信仰に入ったのに、出エジプト記の荒野の途中でつぶやいた人たちのように、再びサタンの奴隷に逆戻りしている人が多いからである。


律法の幼稚な教えの下では罪に戻ることになる。


ガラテヤ2:21では

私は神の恵みを無にしません。もし、義が律法によって得られるとしたら、それこそキリストの死は無意味です。
とパウロは書いている。


私たちは神と共に歩み、恵みと共に生かされているのであり、私たちは恵みの故に救われている。

行いによるのではない。


エペソ4:3~4には

人々が健全な教えに耳を貸そうとはせず、自分の都合の良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、真理から耳をそむけ、空想話にそれてゆくような時代になったからです。
と記されている。


韓国には大きい教会が沢山ある。

しかし、それらの教会は、この頃は、まことの神を教えないで、この世の成功に歓心を持たせるようにして、大勢集めることだけに熱心で、まことのクリスチャンが求める霊的なこと、終末のことなどの福音を教えることが少ないのは残念であり、情けない。


これは罪であり闇である、このようなことでは逆戻りして以前より悪くなる。

我々は霊的に大人になって、成長すべきである。

世を愛する人々の永遠の命から離れてしまわないように、み言葉をしっかり身につけて、悔い改めたい。

2016.9.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

天国へ行く準備



テーマは「 天国へ行く準備 」です


◎基調聖句 テモテへの手紙第二 4章6~8節

◎関連聖句 Ⅱペテロ3:14、マタイ7:19、Ⅰペテロ4:7~8、ルカ21:36

私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。 私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。(Ⅱテモテ4:6~7)

【 要 旨 】

パウロは毎日、最後の日の天国へ行く準備をしていた。

今日死んでもよいようにと。


ある国の王様が死去した時、その王様は天国に行けただろうかと議論していた。


ある人は、王様は死後の話をしなかったので、行けなかっただろうといった。


人は必ず死ぬのだから、その日のために準備するのが、生活の知恵というものである。

では、どんな準備をするべきだろうか。


具体的な4項目について述べる。


⑴ 悔い改めて罪の赦しを受ける。


Ⅱペテロ3:13~14に

神の約束に従って、正義の住む新しい天地を望んでいるなら、しみも傷もない者として、平安をもって御前に出るように励みなさい。
とある。

それは神の言葉からの罪の認識を持つことである。


⑵ 良い種をまいて、立派な実を結ぶようにと祈り続ける。


 
良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。

とマタイ7:19に書かれている。


⑶ 神の言葉を守り信仰を全うする。


やがて起ころうとすることから逃れ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。

(ルカ21:26)と聖書に書かれている。


⑷ 天の御国に入れる希望を持ち続ける。


そのためには、心を整え、身を慎み、互いに熱心に愛し合うことが、その準備となる。

2016.7.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ