すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

天国

最後まで主に従って歩むために



テーマは「 最後まで主に従って歩むために 」です


【ヘブル3章7-15節】

ですから、聖霊が言われるとおりです。「きょう、もし御声を聞くならば、

荒野での試みの日に御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。

あなたがたの父祖たちは、そこでわたしを試みて証拠を求め、四十年の間、わたしのわざを見た。

だから、わたしはその時代を憤って言った。彼らは常に心が迷い、わたしの道を悟らなかった。

わたしは、怒りをもって誓ったように、決して彼らをわたしの安息に入らせない。」

兄弟たち。あなたがたの中では、だれも悪い不信仰の心になって生きる神から離れる者がないように気をつけなさい。

「きょう」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。

もし最初の確信を終わりまでしっかり保ちさえすれば、私たちは、キリストにあずかる者となるのです。

「きょう、もし御声を聞くならば、御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。」と言われているからです。

どんなに素晴らしい恵みを受け信仰生活を始めたとしても 天国に入れないないならば、それは悲惨な結末です。


乳と蜜が流れるカナンの地に向けて喜びと期待をもって出発したイスラエルの民でしたが、ほとんどの人はカナンの地に入ることなく荒野で亡くなりました。

神に力がなかったのではなく、民に問題がありました。


これは今も私たちに当てはまるので、彼らの姿の何が問題であったかをよく学ばないと、最後まで主に従って歩み、天国に入ることは難しくなります。


最後まで主に従って歩むために注意すべき点は何でしょうか?




主のことばに対して反抗的になったり、疑ったり、心をかたくなにしてはならない



自分の思いや欲が強いと主のことばと衝突します。

受け入れられず反抗的になります。




神のわざや神の忍耐を試みてはならない



それによって主の御怒りを引き起こしてはならないです。




悪い思いがあると心が迷い、主に信頼出来なくなります





罪に惑わされないように、神から離れないこと



親から離れた子は必ず迷子になって危険な目に会います。


悪い者にさらされることも多いです。




最後まで信仰を守り通すこと



様々な理由で信仰をないがしろにする人が多いです。

そして不信仰になる人も多いです。


まことのいのちを手放すほど重要なことは何でしょうか?


そして真のいのちより価値あるものは何でしょうか?


2018.6.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

心のための祈り


【詩篇119編32節】

私はあなたの仰せの道を走ります。あなたが、私の心を広くしてくださるからです。

自分の心に関心がありますか。

自分の心のために祈っていますか?


聖徒たちの心は、聖霊が内住する所なので 時に注意を払わないといけないです。


またこのような命令も受けてあります。


【箴言4章23節】

力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。

聖霊の住まいとして、いのちの泉のためにも心に関心をもって心のために祈りが必要です。


心のためにはどのような祈りが必要でしょうか。




心が広くなるように祈る




広い心にならないと、人を愛することも、赦すことも受け入れることも出来ないです。


天国へ向かう道は狭い道ですが、その道を歩く人は広い心を持たないといけないです。


人を赦すためには広い心が必要です。


詩篇記者は心を広くして下さいと祈り、答えられることを信じました。


【第2コリント6章11-12節】

コリントの人たち。私たちはあなたがたに包み隠すことなく話しました。私たちの心は広く開かれています。

あなたがたは、私たちの中で制約を受けているのではなく、自分の心で自分を窮屈にしているのです。

私は自分の子どもに対するように言います。それに報いて、あなたがたのほうでも心を広くしてください。



心がきよめられるように祈る




心に罪と汚れた思いがあるならば当然のように心は汚れます。


心をきよく保つためには、常に悔い改めて主に罪の赦しを求め、きよめられることを祈ります。


【詩篇51編10節】

神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。



心が熱くなるように祈る




聖霊充満は心が熱い状態です。


主が忌み嫌う心はなまぬるい心です。

生ぬるい状態は死んだような状態です。


人間の体も低体温になると死にます。

心も同じです。


【ヨハネの黙示録3章15-16節】

「わたしは、あなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。

このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。

2018.4.29
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

いつまでも残るもの



テーマは「 いつまでも残るもの 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 13章13節

◎関連聖句 Ⅰコリント3:12~15、ヨブ23:10、黙示録2:4~5

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。(Ⅰコリント13:13)

【 要 旨 】

聖書は、天国に入れる者は稀であると言っている。

神が認めないなら、天国へは入れない。


Ⅰコリント3:12~15には、もし誰かが建物を建てるとき、土台はイエス・キリストでも、その材料によって、火(苦難・試練)の中をくぐると金・銀・宝石 (信仰・希望・愛)のように、残るものと木・草・わらなど(個人の能力・熱心)のように燃え尽きるものがある。


火をくぐった後の状況で各人の働きが本物であるかどうか、その真価がわかる。

神さまは正しい材料(信仰・希望・愛)を使うことを願っている。



アブラハムとヨブは完全に信仰に生きた人と崇められている。

ヨブ23:10では

神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私は金のように出て来る。
と書かれている。


ヨブは試練が来ても、火をくぐる金のように信仰を守り抜いた。

そこで神はヨブに2倍もの大きな祝福を与えている。


神は私たちに金のような信仰を与え、愛があれば勝利が叶うと、私たちに教えている。

それは、神様第一の心があるかどうかを試しているということでもある。


また、神はアブラハムにひとり子イサクを捧げなさいと言われたことにも通じる。

これがまことの愛で、いつまでも残るものである。


神の国の大切なもの、信仰・希望・愛が私たちにあるか否か、自らをよく確認すべきである。

これがあれば、いつまでも正しく生きることが出来る。

2018.3.4
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

自分の霊的生活を考える



テーマは「 自分の霊的生活を考える 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 4章8節

◎関連聖句 へブル12:2、へブル12:28、ルカ10:41~42

最後に、兄弟たち。すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。(ピリピ4:8)

【 要 旨 】

霊的生活とは、イエス様に似た生活をすることである。

すなわち、基調聖句にもあるように、すべての真実なこと、正しいこと、清いこと、愛すべきこと、評判のよいこと、徳と言われること、称賛に値することに、心を留めるべきである。


これは人間としての基本であるが、霊的なものが土台となっている。

新しくなった人とは、もはや世のものではなく、神からの霊的なものであるという認識がないと、古い人との違いがないではないか。


古い人は、罪を罪と認めず、天国と地獄に関心がなく、本当の生きる目標を持っていない。


へブル12:2にあるように、イエス・キリストから目を離さないでいることは、聖書を読んでいれば、神様の言葉が聖書にちりばめられているから、聖書を常に読んで、神様の言葉を悟りなさいということである。

このことの最も端的な例は、パウロの変心であり、神の御言葉は私たちを霊的生活に導いて、新しい人にして下さる。


この世のものに関心があれば、まことの命がなくなり、霊的なものが消えてゆく。

地上のものは、肉体を喜ばせることしか考えないから、真実と離れて、偽りのものと手を繋ぐことになる。


このような霊的でない教会もあるので、それに惑わされて、命の無い人にならないように注意することが、霊的生活ということである。


ルカ10:42にはマリヤは良い方を選んだのだから、それを取り上げてはならないと、イエス様はマルタにさとしている。


霊的生活が信仰をまことのものとしてくれる。

2018.2.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

感謝の心



テーマは「 感謝の心 」です


◎基調聖句 コロサイ人への手紙 3章17節

◎関連聖句 出エジプト記23:16~17、ヨブ記2:10

あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。(コロサイ3:17)

【 要 旨 】

今日は収穫感謝礼拝をします。

出エジプト記23:16~17には

あなたが畑に種を蒔いて得た勤労の初穂の刈り入れの祭りと、年の終わりには、あなたの勤労の実を畑から取り入れる収穫祭を行わなければならない。年に三度、男子はみな、あなたの主、主の前に出なければならない。
と記されている。

感謝祭は単なるイベントではなく、心から感謝して、祈る行事であるから、神によって満たされていることを喜ぶ祭りである。

聖書の中でどんな苦しい時でも、いつも感謝にあふれていたのはヨブである。


すべての恵みは神からいただいたので、すべてを失った後でも、災いにも感謝すべきでないかと、神を呪って死になさいと言った妻をさとしている。

どんな時でも神に感謝していれば、信仰を失うことはありえない。


最も重要な感謝は、私のような罪人が救われて、永遠の命をいただいたことである。


この感謝は、天国に直結している私たちが救われたのは、人々が人生に苦しみ、荒野にいるような状態であったのを、いつも共にいて守ってくれる神のお蔭である。


この神の恵み、導きに感謝しなければならない。

このことを喜んでいる人は、どんな時でも、神が問題を解決して下さる。


また、人からも認められて、成功の人生を送ることができる。

息をしていることも、食物を与えられていることも感謝しよう。


すべてのことを感謝すことが、神に栄光を捧げることであり、それで、さらに祝福が増し加わることになる。

2017.11.19
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ