すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

変化

神の助けに感謝



テーマは「 神の助けに感謝 」です


【詩篇91編1-16節】

いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。

私は主に申し上げよう。「わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神」と。

主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、あなたを救い出されるからである。

主は、ご自分の羽で、あなたをおおわれる。あなたは、その翼の下に身を避ける。主の真実は、大盾であり、とりでである。

あなたは夜の恐怖も恐れず、昼に飛び来る矢も恐れない。

また、暗やみに歩き回る疫病も、真昼に荒らす滅びをも。

千人が、あなたのかたわらに、万人が、あなたの右手に倒れても、それはあなたには、近づかない。

あなたはただ、それを目にし、悪者への報いを見るだけである。

それはあなたが私の避け所である主を、いと高き方を、あなたの住まいとしたからである。

わざわいは、あなたにふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。

まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされる。

彼らは、その手で、あなたをささえ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。

あなたは、獅子とコブラとを踏みつけ、若獅子と蛇とを踏みにじろう。

彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。

彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。

わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。


2020年は世界中が波乱の年になりました。


多くのものが変化しました。

当たり前と思っていたことが 当たり前ではなくなりました。


何が大切かも学んだ年でした。

人々の人生も色々と変わりました。


だれも予期しなかったことが次々と起こり今も進行中です。



しかしこのような年であったからこそ、神に頼って生きることがどれほど大切かを実感しました。


神は私たちを愛して多くの約束を与えて下さいました。

その約束は私たちが必要な時に使うことが出来る約束です。



今年は詩篇91編の約束のことばが大いに助けになりました。


そのことばによって 恐れが消え、強い神の守りを感じました。

神の存在がどれほど大きな力になるかも感じています。


詩篇91編を、霊肉を癒す薬のように服用してここまで来ることが出来ました。


【詩篇91編1-3節】

いと高き方の隠れ場に住む者は、全能者の陰に宿る。

私は主に申し上げよう。「わが避け所、わがとりで、私の信頼するわが神」と。

主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、あなたを救い出されるからである。


多くの災害、事故、疫病から守って下さった主に感謝します。


試練の時に私たちの避け所になり、いつも助けて下さり、守りと多くの恵みを与えて下さいました。



感謝で今年を終え、新年を迎える準備をしましょう。


【詩篇92編1節】

主に感謝するのは、良いことです。いと高き方よ。あなたの御名にほめ歌を歌うことは。

2020.12.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

満ち足りる心



テーマは「 満ち足りる心 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 4章11~13節

◎関連聖句 Ⅰテモテ6:6、Ⅱコリント6:10、ヨハネ15:1~5、Ⅱコリント9:8~12、詩篇23:1~6

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。 私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。 私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。(ピリピ4:11~13)

【 要 旨 】

ピリピ4:11でパウロは

乏しいから言うのではありません。私はどんな境遇にあっても満ち足りる心を学びました。
と、満ち足りる心を持って生きる姿を霊的な富であると述べている。


日本はかつては貧しかったが、今は豊かで食糧も余っている。

しかし、これだけ恵まれていても感謝をしないのはどうしたことか。


苦労が分からない貪欲は、偶像礼拝に似ている。


パウロはイエスに出会ってからは貧しい生活になったと言えるが、そこに苦しい姿は少しも見られない。

その秘訣は、神様の手の中で、キリスト・イエスの力による信仰で、満ち足りる生活を知ったからである。


満ち足りる心とは、枕する所がたとえなくても、また財産がなくても、環境が変化しても、霊的な一つの心を持って、平安で心豊かである状態で感謝することである。


満ち足りる心を持っている人に、神はすべての物を与えて下さる。

金持ちでもお金に執着する人は不安である。

貧しくても喜んで捧げる人は、イエスさまと一体になれるから、その信仰によって、神様は養って下さる。


自分の力だけを頼りに生きると、満たされない。

2016.8.28
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ