すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

堕落

健全な教えに耳を傾けたいならば



テーマは「 健全な教えに耳を傾けたいならば 」です


◎基調聖句 テモテへの手紙第二 4章3~4節

◎関連聖句 マタイ24:23~24、マタイ15:7~9、エペソ4:14~15

というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。(Ⅱテモテ4:3~4)

【 要 旨 】

基調聖句では、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分に都合のよいことを言ってもらうため、真理からそれてゆくような時代になると警告している。

それはマタイ15:7~9のイザヤの預言でも旧約の時代から言われていることが分かる。


そして近頃は、皆口を揃えて、終末期を予測している。

火山、地震、洪水などの大自然の脅威に対して、人間はちっぽけな存在であるのに、人間がこの自然環境を悪くしているからである。


また、近代化によって、霊的環境も悪化している。

情報化といって、知識を皆で共有できる時代を喜んでいる人も多いが、それは浅い知識のみであり、真理からは離れている。

神を知っている教会員は真理を知っているが、その他の人たちは耳を閉ざす人が多い。


健全な教えを迷わす人たちもいる。
興味本位で聞く人たちを、サタンは誘惑し、妨害する。

健全な教えを説いていた教会の先生ですら、惑わしの霊で堕落している。

献金がたくさん入ると、どうしても放蕩生活になり、神から離れる。

罪を見ても見ないふりをしたり、都合のいいことを言うようになると霊は死ぬ。

イエスは私の羊を飼いなさいと忠告しておられる。

方々から連れて来るのは、やはり惑わしの霊を導くことになる。


マタイ24:23~24では

その時“そらキリストがここにいる”とか“そこにいる”と言う者があっても信じてはいけません。にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民も惑わそうとして、大きなしるしや、不思議なことをして見せます。
と言われている。


この時代は惑わされて、真理から離れる時代である。
くれぐれも目を覚まして気を付けなさい。

2015.7.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

患難の中での祈り



テーマは「 患難の中での祈り 」です


◎基調聖句 ヨブ記 13章23節

◎関連聖句 ヨブ1:1、詩篇17:8~9、ローマ8:32~36

私の不義と罪とはどれほどでしょうか。私のそむきの罪と咎とを私に知らせてください。(ヨブ13:23)

【 要 旨 】

“ヨブは潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていた。

彼には七人の息子と三人の娘がいて、羊七千頭、らくだ三千頭、牛五百匹、雌ろば五百頭と非常に多くのしもべを持っていた。”とヨブ記の冒頭にある。


しかし、ヨブは一瞬にして息子たちの命も含めて、全てを失った上に、自身も腫物で苦しめられた。


この様な時には、我々の様な多くの人は、人生の試練などとは思えないで、絶望してしまう。

しかしながらヨブは、このようになっても、神に罪を犯すようなことはしなかったのである。


ヨブの奥さんは、たまりかねて「神を呪って死になさい。」とヨブに向かって言った。

その時ヨブは「あなたは愚かな女の言うようなことを言っている。私たちは祝福を受けたのだから、災いも受けなければならない。」と信仰の姿勢を変えなかった。


神を責めても、災いが福とならないのであるが、責めるクリスチャンは多い。

神と縁を切っても、堕落するだけである。


神が喜ばれるのは、神様にすべてを委ねて悔い改めることであり、そうしたら、その祈りを聞いて下さり、赦して下さり、回復をさせてくれる。

神は愛のムチも、祝福も持ち合わせておられる方である。


ダビデは、神は私の拠り所、私には足りないものはありません。と宣言している。

また、私をかくまって下さい。御姿の影にと。哀願している。


人間の普通の親でも子供をいつも見守っていて、倒れた時には起こしている。
まして、神においておや、であろう。


ヨブは信仰の姿勢を貫いたので、災いに会う前よりも祝福された。


私たちもヨブのように患難に耐えて祈り、神に近づき、勝利を手に入れよう。

2014.10.26
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
カテゴリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ