すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

喜び

みことばの力



テーマは「 みことばの力 」です


【ネヘミヤ記8章8-12節】

彼らが神の律法の書をはっきりと読んで説明したので、民は読まれたことを理解した。

総督であるネヘミヤと、祭司であり学者であるエズラと、民に解き明かすレビ人たちは、民全部に向かって言った。「きょうは、あなたがたの神、主のために聖別された日である。悲しんではならない。泣いてはならない。」民が律法のことばを聞いたときに、みな泣いていたからである。

さらに、ネヘミヤは彼らに言った。「行って、上等な肉を食べ、甘いぶどう酒を飲みなさい。何も用意できなかった者にはごちそうを贈ってやりなさい。きょうは、私たちの主のために聖別された日である。悲しんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ。」

レビ人たちも、民全部を静めながら言った。「静まりなさい。きょうは神聖な日だから。悲しんではならない。」

こうして、民はみな、行き、食べたり飲んだり、ごちそうを贈ったりして、大いに喜んだ。これは、彼らが教えられたことを理解したからである。

神のことばの威力は創世記1章で知ることが出来ます。

すべては神の口から出たことば通りになりました。


神のことばには力だけでなく、権威もあるので すべてがその通りになります。



神のみことばの力を、クリスチャンはもっと知らないといけないです。


ネヘミヤはエルサレムの崩れた城壁を52日で完成しました。

しかし それで終わったのではなく、主の民の信仰を回復させました。


信仰を回復させるために、民たちは24日間 毎日集まって昼に何時間も神のことばを聞いていました。

これは凄いことでした。



真剣に神のことばを聞いた彼らに どんな変化が起こったでしょうか?


みことばによって彼らは自分たちの罪に気づきました。

それで彼らは悪を断ち切り、断食して神に悔い改めました。

自分たちの行動を自制しました。


また、みことばによって 彼らの中に信仰が芽生えました。

その信仰によって彼らは神が喜ぶ礼拝をささげました。



神はみことばを通して彼らに知恵、力、悟り、喜びを与えました。

また真理を知ることで彼らは自由になり、心は聖められました。


神のことばが民全体を変え、民の中には喜びがあふれました。



みことばを聞くとき、彼らは泣いていましたが、心の中には大きな喜びがありました。

みことばから喜びでした。



真の悔い改めも信仰も喜びもみことばを理解したところから始まります。

みことばに対して真剣な姿勢を見せるならば、みことばの力を感じます。


【詩篇119編11-12節】

あなたに罪を犯さないため、私は、あなたのことばを心にたくわえました。

主よ。あなたは、ほむべき方。あなたのおきてを私に教えてください。

2020.9.27
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

正しい信仰の態度

【ピリピ4章4-7節】

『いつも喜んでいなさい。もう一度言います。喜びなさい。あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願いことを神に知っていただきなさい。そうすれば人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イェスにあって守ってくれます。

正しい信仰はその人のことば、態度、人格、生活で現れます。


正しい信仰生活を送る人はその生活態度で非難されることがありません。


パウロは福音を伝えたことでは反対者からは激しい迫害を受けましたが、信仰の態度で非難されたことはありませんでした。


私たちの場合は迫害されたことはないですが、信仰の態度においては非難される部分が多いです。


正しい信仰の態度があれば非難されることはありません。


本文で教えてもらう正しい信仰の態度は次のようです。


・いつも喜ぶ生活です。


苦難の中でも喜ぶ生活です。

すでに主から受けた祝福があります。


そして天に対する望みがあります。

それらが喜びの根底にあります。


・何も思い煩わないで神に感謝をもって祈ることです。


喜びの敵は神の守りと導きに対する疑い、信頼の欠如です。

しかし感謝と祈りの答えに対する確信と神様の御心に対して従順するならば、主から平安が与えられ、その心が守られます。


ですからどんなに過酷な状況の中にいても心の深い所には消えない喜びがあります。


その喜びを奪い取ることは出来ないです。


ヘブル書11章に出て来る人物はみんな正しい信仰の態度で信仰を貫いた人たちです。


彼らはみな勝利者でした。


2018.6.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神に近づく



テーマは「 神に近づく 」です


◎基調聖句 詩篇 73篇28節

◎関連聖句 ヤコブの手紙 4章8節

しかし私にとっては、神の近くにいることが、しあわせなのです。私は、神なる主を私の避け所とし、あなたのすべてのみわざを語り告げましょう。(詩篇73:28)

【 要 旨 】

世の中で最高の恵みは、神と共にいることです。

私(ヘス牧師)の願う人物は、300年もの間、神と共に歩み、生きたまま天に引き上げられたエノクです。


私たちはひもすがら、神のことを思い、喜んで共に歩いているでしょうか。

忙しいと言っては、怠けていることが多いのではありませんか。


ヤコブ4:8では

神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたに近づいてくれます。
と言われているではありませんか。


何故、私たちは、常に神と共に歩めないのでしょうか。

それは、問題が生じた時、絶望感に襲われた時、誰の側にいたかということに尽きます。


その時、神しかいない。

神から慰めを得たいと感じれば、神の臨在を感じるはずです。


聖霊の導きをいただいて、へりくだって、祈ることです。

そうすれば、心が清くなり、健全な生活ができて、神に近づくことができます。


大切なことは、神に栄光を捧げる気持ちを持つことです。

喜びをもって静かに待ち望むことです。


イエス様は荒野へ出て行って、神の臨在を感じ取ったようです。

私たちもイエス様に倣って、教会で共に礼拝して、喜びをもって静かに待ち望む。


すなわち聖なる者を目指して、聖書を毎日読んで、祈るならば、共に歩めるでしょう。


毎日、教会に行きたいと言う気持ちで、神に礼拝を捧げ、真剣に祈るなら、アダムとエバのような罪を犯さず、エノクのように神に近づくことができます。

神様はそれを待っておられます。

2017.9.10
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

最後に、終わりに



テーマは「 最後に、終わりに 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 3章1節

◎関連聖句 エペソ6:10、へブル13:7、詩篇39:4、民数記23:10、ハバクク2:3

終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。(エペソ6:10)

【 要 旨 】

聖書は、最後だからと、大切なことを耳に覚えるようにと念を押すことが多い。


試練が与えられると、迫害や苦しみが増える。

しかし、主にあって喜びなさいと言われる。


エペソ書6:10にもそのことが強調されている。

サタンの攻撃は我々を不安にする。


しかし「主にあって勝利しなさい。神の中にとどまっていれば、必ず勝つ。」と御言葉をいただくと、ダビデがゴリアテに勝ったように、必ず勝利できる。


死に至るまでとも言われている。

これも信仰を守り通す者が、神の大能の力で、終わりには主にあって喜ぶということである。


へブル13:7には

神の御言葉をあなたがたに話した指導者たちのことを思い出しなさい。彼らの生活の結末をよく見て、その信仰にならいなさい。
とパウロは語っている。


また、旧約聖書でも、民数記23:10で、

私は正しい人が死ぬように死に、私の終わりが彼らと同じようであるように。
と書かれている。


終わりが良ければ、その人は祝福された人である。


ハバクク書2:3では

この幻は、なお、定めの時のためである。それは終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もし、おそくなってもそれを待て。それは必ず来る。遅れることはない。
と。


世の終わりの時の言葉は多い。


黙示録等の一部の預言を除いて、すべては成就している。


最後というのは、特に大切な言葉となっている。

最後は命の道、真理の道である。

2017.8.13
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

キリストの花嫁



テーマは「 キリストの花嫁 」です


◎基調聖句 ヨハネの黙示録 19章6~9節

◎関連聖句 マタイ9:15、22:1~14、25:1~13、Ⅱコリント11:2、黙示録14:4、16:15

私たちは喜び楽しみ、神をほめたたえよう。小羊の婚姻の時が来て、花嫁はその用意ができたのだから。 花嫁は、光り輝く、きよい麻布の衣を着ることを許された。その麻布とは、聖徒たちの正しい行いである。」 御使いは私に「小羊の婚宴に招かれた者は幸いだ、と書きなさい」と言い、また、「これは神の真実のことばです」と言った。(黙示録19:7~9)

【 要 旨 】

黙示録19章7~9節は、花婿はイエス・キリストであると、マタイの福音書9章15節、25章1~13節に示唆されている御言葉と符合する。


これは、神はすべての人間を救われることを望んでいたが、天の御国に入れる人は少ないと言うことである。


結婚式の準備が終わっている人は、神の栄光、喜び、輝きを伴って純潔を守った勝利者だけの特権と言えよう。


その日、その時を私たちは知らないので、いつでも目を覚ましていて、その準備を怠ってはならない。

私たちは聖書を学んでいくうちに、準備の仕方が分かって来る。


光輝いている花嫁とは、聖徒たちにふさわしい正しい行いをして、悪の道を歩まない者である。

私たちの魂は、罪と偶像崇拝で汚れている。


キリストの血によって聖くしてもらったならば、それは終生保つべきである。


黙示録16章15節には

わたしは盗人のように来る。目を覚まして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである。
と書かれている。


神の備えた住まいで永遠に正しい行いをして、イエスだけを愛する花嫁をめざしたい。

2017.5.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ