すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

栄光の復活



テーマは「 栄光の復活 」です


◎基調聖句 コリント人への手紙第一 15章20~22節

◎関連聖句 マタイの福音書 16章24~25節

しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。 というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活もひとりの人を通して来たからです。 すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。(マタイ16:24~25)

【 要 旨 】

イエス様は十字架の道、苦難の道を歩かれた。


地上に来られた時からそのことをご存じだった。

神様は助けることもできたが、私たちを救うためそのままにされた。


イエス様は十字架にかけられ、三日間は普通の人のように死の力に支配され、墓の中に葬られた。

しかし、父なる神さまの復活の力が臨まれ、イエス様は命をもらい蘇った。


イエス様は、ただ蘇っただけではない。

眠った者の初穂として、死者の中から蘇った。


神様が人間を創造した時は永遠の命をもっていたが、アダムとエバがサタンに誘惑され、善悪の知識の木の実を取って食べ、神のことばに従わず罪を犯した。


そのため人間に罪と死が入り、サタンが人間を罪と死で支配するようになった人々はそこから逃げることも勝つこともできないで、罪と死の道しかなかった。


しかし、イエス様が復活されたことによって別の道が開かれた。

復活ほど素晴らしい祝福はない。


イエス様を信じたら永遠の命を得る。

イエス様は十字架を背負って死から復活した。


私たちも負うべき十字架がある。

その十字架は苦しいこともあるが、復活の命にあずかりたいなら、自分の十字架を背負ってイエス様についていかなければならない。


イエス様は共に重荷を負って下さる方、力を与えて下さる方、希望を与えて下さる方、永遠の命を与えて下さる方です。


2018.4.1
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

自分の霊的生活を考える



テーマは「 自分の霊的生活を考える 」です


◎基調聖句 ピリピ人への手紙 4章8節

◎関連聖句 へブル12:2、へブル12:28、ルカ10:41~42

最後に、兄弟たち。すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。(ピリピ4:8)

【 要 旨 】

霊的生活とは、イエス様に似た生活をすることである。

すなわち、基調聖句にもあるように、すべての真実なこと、正しいこと、清いこと、愛すべきこと、評判のよいこと、徳と言われること、称賛に値することに、心を留めるべきである。


これは人間としての基本であるが、霊的なものが土台となっている。

新しくなった人とは、もはや世のものではなく、神からの霊的なものであるという認識がないと、古い人との違いがないではないか。


古い人は、罪を罪と認めず、天国と地獄に関心がなく、本当の生きる目標を持っていない。


へブル12:2にあるように、イエス・キリストから目を離さないでいることは、聖書を読んでいれば、神様の言葉が聖書にちりばめられているから、聖書を常に読んで、神様の言葉を悟りなさいということである。

このことの最も端的な例は、パウロの変心であり、神の御言葉は私たちを霊的生活に導いて、新しい人にして下さる。


この世のものに関心があれば、まことの命がなくなり、霊的なものが消えてゆく。

地上のものは、肉体を喜ばせることしか考えないから、真実と離れて、偽りのものと手を繋ぐことになる。


このような霊的でない教会もあるので、それに惑わされて、命の無い人にならないように注意することが、霊的生活ということである。


ルカ10:42にはマリヤは良い方を選んだのだから、それを取り上げてはならないと、イエス様はマルタにさとしている。


霊的生活が信仰をまことのものとしてくれる。

2018.2.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰はどのように生まれるのか



テーマは「 信仰はどのように生まれるのか 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 10章17節

◎関連聖句 ローマ10:9~10、3:26~28、使徒4:12、ヨハネ14:6、ローマ10:13~14、申命6:4、ルカ8:15、ヤコブ1:22、ヨハネ1:1~3、14:5、5:24~25、アモス8:11~12

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。(ローマ10:17)

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ14:6)

【 要 旨 】

生まれた時から信仰があるという人はいません。

教会に通うから、信仰があるとは必ずしも言えません。


救いに至る信仰でないと、本物の信仰とは言えないのです。

では、そのことは聖書の何処に書いてあるかを、これから学んで参りましょう。


まず、ローマ10:9~10で

もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
とあります。


次いで、ローマ3:26~28には

神ご自身が義であり、また、イエスを信じる者を義とお認めになるためです。人が義と認められるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるというのが、私たちの考えです。
と書かれています。


また、ヨハネ14:6では

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。
とも書かれています。


ですから、結局、信仰は基調聖句にあるように、

信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。
ということになります。


しかし、神の愛のキリストによる言葉を聞いたことのない人は、救いと信仰は無理ということになります。


我々は真の神を知らない人に、伝えることが最大の役目なのです。


人はパンのみで生きるのではありませんから。

2017.12.3
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

救いを確認する



テーマは「 救いを確認する 」です


◎基調聖句 エペソ人への手紙 2章1~5節

あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって、そのころは、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩んでいました。 罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、─あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです─(エペソ2:1~2、5)

【 要 旨 】

救いを確認することは、以前の状態から比べて、今はどうなったかを検証することである。


すなわちアダムとエバが罪を犯す前と後の状態とは逆の比較になる。


神と霊的に交わらないと、人は死んだ状態になる。

神だけが死人を生き返らせる力を持っているからである。


滅びから命に救出することのできる唯一無二の方である。

ペテロは聖霊によってイエスは生ける神の子であると宣言した(マタイ16:15~17)。


人間は一度死ぬことは確実である。

聖霊の存在を知らない者は、自分の力で生きていると思っているが、それは正しくない。


聖書の言葉は知識(倫理)ではなく、霊の食べものとして、神の慰めを受け、悔い改めて、神と共に生きる糧である。


祈りの中で悔い改めた人は、信仰のある人で、その人は救われた人である。


キリストはご自身をいけにえとして、人の罪を取り除くために、一度目に来られました。

しかし、二度目は彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られることになっています(へブル9:26~28)。


イエス・キリストを確信をもってメシアすなわち救い主と言える人は信仰のある人である。

これに反して、イエスに関係なく生きる人は、信仰の無い人である。


神は、全人類が聖霊を通して救われることを願っている。


我々は、この神の愛に救われて、まことのクリスチャンとして生きなければならない。

2017.11.12
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主の命令に服従することが祝福



テーマは「 主の命令に服従することが祝福 」です


◎基調聖句 申命記 11章22~28節

もし、あなたがたが、私の命じるこのすべての命令を忠実に守り行い、あなたがたの神、【主】を愛して、主のすべての道に歩み、主にすがるなら、【主】はこれらの国々をことごとくあなたがたの前から追い払い、あなたがたは、自分たちよりも大きくて強い国々を占領することができる。(申命記11:22~23)

【 要 旨 】

神と人との関係は、創造主と被造物であり、天と地の差がある。

人は誰でも、自分の人生が祝福されることを望んでいる。


神はイスラエルを選んで、いかにして生きるかを教えて下さった。


その生き方とは神の言葉をそのまま受け入れ、信じて従うならば、難しいことではない。


人間の知識は、いかほどあったとしても、真理は見えて来ない。

神の言葉が、知恵であり、命である。


御言葉通りに生き、その命を与える言葉に従い、実行するならば、神の前で自由になれる。


ヨハネの福音書にイエス様は

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです
と言われたと書かれている。


私を食べる者は天国に至るとも言われている。

神は愛であると言われる。


我々の神は罪人を見ても、その愛で赦して下さる。

これが分かれば、我々はへりくだり、感謝することができる。


自分が神に守られていることを知らず、自分の力で生きてきた人は、滅びの人である。


この世の仕方で生きている者は自己中心で自我が強く、神の御心から離れている。

神は目的があって、我々を造った。


だから従わない者は悪いしもべである。


神を恐れ、み言葉に忠実な人になりなさい。

そうすれば約束通りの祝福と勝利を与えると神は言われる。

2017.2.5
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ