すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

労苦

エペソ教会



テーマは「 エペソ教会 」です


【ヨハネの黙示録2章1-7節】

エペソにある教会の御使いに書き送れ。『右手に七つの星を持つ方、七つの金の燭台の間を歩く方が言われる。

「わたしは、あなたの行いとあなたの労苦と忍耐を知っている。また、あなたが、悪い者たちをがまんすることができず、使徒と自称しているが実はそうでない者たちをためして、その偽りを見抜いたことも知っている。

あなたはよく忍耐して、わたしの名のために耐え忍び、疲れたことがなかった。

しかし、あなたには非難すべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。

それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて、初めの行いをしなさい。もしそうでなく、悔い改めることをしないならば、わたしは、あなたのところに行って、あなたの燭台をその置かれた所から取りはずしてしまおう。

しかし、あなたにはこのことがある。あなたはニコライ派の人々の行いを憎んでいる。わたしもそれを憎んでいる。

耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。」』

6月にオランダで「世界宗教統合宣言式」がありますが、これにキリスト教も入ってあります。


多くの教団もそれに賛成していますが、これは明らかに背教です。

神が喜ばないことです。


教団には多くの教会が入ってありますので、私たちは 今こそ目を覚まして自分たちの教会の在り方をよく考えないといけないです。



それで黙示録にある七つの教会を学ぶことで、何を受け入れ、何を悔い改め、何を目指すべきかを学びます。



今日はエペソ教会です。


エペソ教会を一言で言うならば、「正当なことに対しては熱心であったが、神との交わりは後回しになった教会」と言えます。




ほめられた所




エペソ教会の信徒たちには、信仰を守るために行いと労苦と忍耐がありました。

そして教会を乱そうとした偽者に対しても見抜いて、彼らの働きを止めました。


教会の秩序を保ち、主のためにも誠実な部分がありました。


見た目は信仰がある教会で問題がないように見えました。




非難された所




初めの愛から離れてしまいました。


信仰、行い、忍耐、悪との戦いに熱心なあまり、神との交わりがおろそかになってしまいました。


神が願うのは、神との深い交わりです。

愛はそこから生まれます。




主からの勧めのことば




悔い改めて初めの愛を取り戻しなさい。




勝利者への神からの約束




神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせます。

私たちが神のパラダイスに入って永遠のいのちを得るためには信仰と労苦、忍耐、そして惑わす霊が多く働く時代なので真理をしっかり守りながら、神との愛の交わりはもっと増やしていきましょう。


2020.6.7
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖書人物の家庭



テーマは「 聖書人物の家庭 」です


◎基調聖句 創世記24章67節

◎関連聖句 創世記29:20、Ⅰコリント13:1~8、創世記47:12、創世記50:21、使徒10:2、使徒10:24、ローマ16:3~4、Ⅱテモテ1:5

イサクは、その母サラの天幕にリベカを連れて行き、リベカをめとり、彼女は彼の妻となった。彼は彼女を愛した。イサクは、母のなきあと、慰めを得た。(創世記24:67)

【 要 旨 】

本日は学ぶべき家庭の姿を見てゆく。

まずイサクである。

愛すると言うことは、家庭においても、自分が愛すれば、相手も愛する。


このことは、すごく必要なことである。

今、安らぎが家庭にないことは問題で、これでは何のために結婚したのか考える必要がある。

リベカはイサクとは良い関係で、慰めと愛を得た。


次いでヤコブはラケルのために14年間その父ラバンに奉仕した。

その労苦も、愛していたので数日のようであった。

意地悪な父のため、姉のレアも共にめとらされたが、立派な家庭を作り上げ、ヨセフなど12人の兄弟を育てた。


そのヨセフは、どんな状況に陥っても、黙々と忠実に生きた。

苦しいことが多かったが、神の前に罪を犯さず、父や兄たちの家族70人を養った。

ヨセフは悪に対しても善でもって対処し、神に忠実に仕えた。


ペテロの時代にカイザリヤにコルネリオという人がいた。

彼は敬虔な人で、家族で困っている人たちに接していた。


彼は言行不一致ではなく、まず家族に伝えるという信仰を持っていた。

教会と家庭が異なっていては信用されない。

純粋な信仰を持つテモテは、ロイスとユンケの家庭から始まっている。


神を愛する者となるように子どもたちに信仰教育をすることが望まれる。

2016.5.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ