すべての事について…感謝❤

シャローム松山教会の礼拝メッセージをまとめました。 たくさんの恵みを受けてください!

再臨

イスラエルと再臨の時期



テーマは「 イスラエルと再臨の時期 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 24章32~35節

◎関連聖句 申命7:6~7、創世12:7、13:15、15:7、17:8、 申命28:15、28:36~37、30:4~5、 Ⅱテサロニケ2:3~4、ルカ21:34~36

まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。 この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。(マタイ24:34~35)

【 要 旨 】

マタイ24:32~35に書かれている「いちじくの木のたとえ」はマルコ13:28~31、ルカ21:21~27にも、同じような表現で書かれている。

それほどこれは重要なことなのである。


基調聖句のこれらのこととは、

  • ・御国の福音が全世界に宣べ伝えられる。
  • ・民族や国は敵対して立ち上がる。
  • ・人々が互いに裏切り、憎み合う。
  • ・不法がはびこり、多くの人たちの愛が冷たくなる。
  • ・かつてなかったようなひどい苦難に合う。
  • ・偽キリストや偽預言者が現れて不思議なことをして見せる。
  • ・天の万物が揺り動かされる。
  • ・人の子の遣わした御使いたちが、天の果てから果てまで選びの民を集める。

などのことを指している。


では、なぜイスラエルなのか。

神は創世記でアブラハムにこのイスラエルのカナンの地を子孫までも与えると約束されているからである。

2600年以前からイスラエルの土地であって、パレスチナ人の土地ではなかった。


ただ、イスラエル人が神に逆らったので、一時期追放されていただけである。

イスラエルは小さい国であるが、神に選ばれた国である。


神の地のイスラエルを建国したこと、近世では60日戦争でエルサレム(神の都)を奪還したことは成就したのであるが、神殿建設はまだ始まっていない。


ルカ21:34~36には

あなたがたの心が放蕩などこの世の煩いで沈み込んでいる所に、その日がわなのように突然あなたがたに望むことがないように、よく気をつけなさい。その日は全地の表に住むすべての人に臨むからです。しかし、やがて起ころうとしているこれらすべてのことから逃れ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。
と書かれている。


要は望みをもって主を待ち、真実の言葉を、目を覚まして聞こうと言うことに尽きる。

2017.10.22
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主と弟子の再会



テーマは「 主と弟子の再会 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 26章31~32節、28章6~7節

◎関連聖句 マルコ16:11、マタイ28:16~17、マルコ16:14

「ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。 ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」(マタイ28:6~7)

【 要 旨 】

今日はイースター(復活祭)です。

イエスは世にあった最後の日に、弟子たちに二つの約束をされました。


よみがえってガリラヤへ行くことと、必ず再臨するという約束です(再臨はまだ実現しておりません)。

しかし、弟子たちはイエスに言われた約束は、心に残っていませんでした。


信じていない姿、これが私たち人間の姿なのです。

復活したイエスを弟子たちは信じようとせず、疑った者もいました。


先入観や自分の経験や思いを大切にするので、復活を信じることができなかったのです。

いくら真理であっても、自分で理解できないことは、受け入れないのです。


しかし、イエスは神の子だと霊的にとらえて、主の言葉はすべて真実だと信じた人には、イエスは必ず来て下さいます。

「主よ、来てください。」と言えば必ず来て下さいます。


これが信仰というものです。


再臨を信じない世の人のようであってはいけません。

2017.4.16
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

イエス様に対する異なった反応



テーマは「 イエス様に対する異なった反応 」です


◎基調聖句 マタイの福音書 2章1~13節

◎関連聖句 ルカ2:12~20、マタイ5:3~10

イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。「ユダヤ人の王としてお 生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」 それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。(マタイ2:1~3)

【 要 旨 】

今日はクリスマスです。

イエスの来られた日に聖日礼拝できることを感謝します。


イエスはユダヤ人の王として、ユダの地ベツレヘムにお生まれになりました。

多くの人は聖書に書かれているイエス様が、いつ来られるのか、首を長くして待っておりました。


しかし、多くのユダヤ人の見せた態度は、純粋に喜びには満ちていませんでした。

歓声が上がるほどのことはなかったのです。


それはユダヤ人ではない東方の博士に神の啓示が下ったことを見るとわかります。

また、ヘロデ王は、自分が王であるにもかかわらず、恐れ惑ったと書かれていることによっても知れることです。


ユダヤ人は、異邦人には救いはないと多くの人は信じていました。

それはユダヤ人の先入観、プライドが許さなかったのです。

行って見たことを信じなかったのが問題です。


マリヤは思い巡らしていたと書かれています。

聖書はこのあと再臨があると預言しています。


しかし、多くのクリスチャンは、いまだそれを信じていないのです。

ですから、キリストがお生まれになった時も、そんな状態であったことは、当然考えられることです。


神様の言葉を信じること、そうしないと天の御国は私たちのものではなくなります。

主が来られることを無視すると滅びしかありません。

命に至る道はせまいと言われます。


多数が必ずしも真理とはかぎりません。

イエスを信じる者として下さい。


私たちは恵みを求めます。

賛美をあなたに捧げます。

2016.12.25
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神が要求する信仰



テーマは「 神が要求する信仰 」です


◎基調聖句 ヨハネの福音書 20章30~31節

◎関連聖句 ヨハネ5:39、ヨブ17:19

この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。(ヨハネ20:30~31)

【 要 旨 】

ヨハネの福音書には、水が酒に変わったとか、ラザロが生き返ったとか、水の上を歩いたとかの多くのしるしを、弟子たちの前でみせている。

それは信仰をもって聖書を読むことを、我々に教えるためである。


信仰をもっていないと聖書が教える啓示は理解できない。


あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書がわたしについて証言しているのです。
とヨハネ5:39で言われている。


聖書の目的は、信仰をもって神を知る。

そして神を喜ばせることに尽きる。


神が要求する信仰は、次のようなことを信じることである。


① 創造の啓示……人は霊的存在、霊のいのちは永遠

② 人間は罪人……肉の欲を神は救いたい

③ イエスの血……救いの啓示、血はいのち

④ 血を清める……イエスの流した血で神を信じる

⑤ 聖霊を信じる……日々聖霊に頼る→真理を悟る

⑥ 終末の啓示……再臨を信じる。信じないと対応できない


2016.10.23
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
今日の「いのちのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

キリストに対する4つの質問



テーマは「 キリストに対する4つの質問 」です


◎基調聖句 ローマ人への手紙 9章5節

◎関連聖句 ヨハネ1:48、ガラテヤ1:4、Ⅰコリント15:22、     ヨハネ14:3、ヨハネ16:7

しかし、わたしは真実を言います。わたしが去って行くことは、あなたがたにとって益なのです。それは、もしわたしが去って行かなければ、助け主があなたがたのところに来ないからです。しかし、もし行けば、わたしは助け主をあなたがたのところに遣わします。(ヨハネ16:7)

【 要 旨 】

4つの質問は、キリストの誕生、十字架、復活、昇天と再臨に関することです。


まず①誕生の理由ですが、神は我々と次元の異なる方であって、共にいますインマヌエル(救い主)として、神はどんな方かを解き明かすためです。

ヨハネ1:18に

「いまだかって神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を説き明かされたのである。」
と書いてある通りです。


②十字架にイエスがつけられたのは、人間は分かっていないが、
ノアの方舟の時と同じように、世の中は悪に満ちていたので、罪のないイエス様の十字架により、罪人を救うためなのであう。


罪人とはたましいの死んだ人のことです、
③復活については、キリストの永遠の命によって、完全に死んだ者に、永遠の命が与えられるという神の恵みです。

すなわち

「アダムによって、すべての人が死んでいるように、キリストによって、すべての人が生かされるからです。」
とパウロがⅠコリント15:22で言っている通りです。

最後に④昇天と再臨に関してです。
再臨の目的は、救われた者と残された者に分けることですが、これは、唯一まだ実現されてないことがらです。


私たちはペンテコステにより分かったのですが、聖霊は信じる者の中にのみいるのです。


大胆になれるよう力を与えたまえと祈りましょう。

2014.6.15
聖日礼拝メッセージ

シャローム松山教会


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

読むと元気になれるブログです!
金ヘス牧師のブログ


教会で美味しい料理を、たくさん食べに来てくださいね!
おふくろの味


毎日、新しいみことばのパンを食べていきましょう☆
毎日の「みことばのパン」


八戸ノ里キリスト教会の礼拝メッセージです
からし種の信仰と成長


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

ギャラリー
今日の松山 (^-^)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ